今日の迷言・余言・禁言

消えない過去

人は誰しも「消えない過去」を持ちながら生きています。元オウムの菊池被告が“逆転無罪”の判決を受けました。彼女が世間に一番の衝撃を与えたのは、そのあまりの変貌ぶりからでした。つまり失踪当時の面影が、拘束時には100%消えていたからです。これほど“別人の容貌”に変化してしまっていたことが衝撃を与えたのです。それは「消えない過去」を背負って歩んだ人生を無言のうちに物語っていました。百の言葉よりも、その変貌ぶりが、どのような生活をしてきたか人相学を学ばない人達にも解ってしまう不思議な変身でした。


最近の記事はこちら

毎年1000名以上が「凍死」している

今年は全国的に“寒い冬”だと言われる。確かに寒い。だが日本では、まだ「凍死」するほどの寒さではないだろう。誰もが、そう思う。ところが、そうではないのだ。実際に“凍死している”人達が沢山いるのだ。それは…続きを読む

札幌市が“二つの問題”で揺れている

昔と違って、行政が頭ごなしに“物事を決めていける”時代ではなくなった。ましてや周辺環境の整備問題や、莫大な税金が投じられる問題の場合には、なおのことである。札幌市の場合、今年は“二つの問題”で、揺れに…続きを読む

「AIロボット」が出勤してくる毎日

みずほフィナンシャルグループが2026年までに従業員19000名の削減を打ち出し注目を集めている。どうして、そんなにいらなくなるのかというと、人間の代わりに“AIロボット”が出社してくるからだ。まあ事…続きを読む

狂気の「ガンマン」が“銃自慢”する国

またしても、それは起こった。アメリカフロリダ州で起こった銃による“乱射事件”。舞台は3000名のマンモス高校だ。その日、校内で“消火訓練を行う”ことは事前に知られていた。予定よりは早かったが、発煙筒が…続きを読む

今日まで「前年」という“中華圏の暦”

明日2月16日から中華圏の「春節」が始まる。つまりは「正月」の開始で、中華圏では「農暦」と呼ばれることが多い民間暦による“一年の開始”である。ここでいう中華圏とは、中国本土はもちろん、香港、台湾、マカ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.