今日の迷言・余言・禁言

深海から蘇る「2400年前の船」

あまり大きく報道されていないが、10月23日に一つの注目すべき事実が明らかにされた。黒海の海底に大小60隻以上の船が沈んでいて、その多くは水深2000メートルの地点にあって、有機物が付着しないため無傷のままであり、ガス田調査などに使われる遠隔操作可能な“深海カメラシステム”を活用することで、これらを映像化できるというのだ。その中でも、古代ギリシャの交易船とみられる船が無傷のまま見つかっており、放射性炭素年代測定によって約2400年前の船であることが確認された。おそらく、これは完全な形で見つかった“世界最古の船”として注目されている。かつてギザの大ピラミッド脇の竪穴に“解体した形での船(太陽の船)”が見つかって騒然となったが、今回は中身の詰まった“貿易船”であり、何が出て来るのか、そういう意味でも興味深い。前400年頃と言えば、古代ギリシャ文明の最盛期であり、多くの哲人たちが出現した時代でもある。海底というのは、地下と異なり、発掘しようと、引き揚げようと、許可さえとっていればどこからも文句が出ない。ただ莫大な費用が掛かるだけである。そのため深海に眠っているのはわかっていても、そのままになっている船や遺跡も多い。クレオパトラ時代の遺跡など、アレクサンドリア近海に眠っているのはわかっていても大した調査・撮影や引き上げは行われていない。もっとも今回のような深海でなければ遺跡自体が荒廃してしまっているケースも多い。科学的発明は未来のためのものと思われがちだが、実は“過去の研究”である考古学の分野で大いに役立っていて、今後もさまざまな発見が期待できる。日本近海では、それ以外にも“未来のエネルギー”が海底に眠っている。これからは宇宙にお金を掛けるよりも、海底にお金を掛ける方が、はるかに役立つ時代に入ったのだ。


最近の記事はこちら

習近平&トランプ「暴露本」で、勝つのはどっち⁉

アメリカと中国の貿易戦争が“休戦中”の今、にわかに注目され出したのが「習近平氏の暴露本が出る」という話題だ。もちろん、中国ではなくてアメリカで出る。元々は2015年に香港の銅羅湾書店というところから出…続きを読む

眼が“斜め型”女性の「危険なアルバイト」

一般的な日本人にとって「爬虫類」は“怖い生き物”、或いは“気味の悪い生き物”の印象が強い。私は爬虫類でなくても動物は苦手だが、そういう“生き物”を怖がらない人たちもいる。彼女の場合も、おそらくそうであ…続きを読む

男性社員たちの「奇妙な追悼」の違和感

ときどき私には「理解不能」としか言いようのない出来事が“芸能界”では起こる。例えば過日亡くなった芸能事務所社長・ジャニー喜多川氏に対して、その所属していたタレントたち、要するに男性社員たちなのだが、そ…続きを読む

「優秀な外人」と「粗悪な外人」に挟まれながら…

昨日、今後の日本を考える上で貴重なデータが公表された。十年連続で人口減となったが、その比率は徐々に拡大している。つまり「少子化問題」は待ったなしなのだ。そこでというわけでもないのだろうが、外国人の比率…続きを読む

「アイドル」で“失ったもの”は、もう戻らない

「或る朝、眼が覚めると、僕は有名になっていた」とは詩人バイロンの言葉だが、似たような雰囲気で日本のアイドル達も誕生していく。それは或る意味で、夢見る少女たちにとって“シンデレラ物語”のように魅惑的であ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.