今日の迷言・余言・禁言

激しくなった「日本株」の上下動

昨年末から連日の海外情勢の変化が「日本株」の動きに“激しさ”を加えだしている。「上」にも「下」にも、激しく動くように変わった。しかも、それは“経済動向”というよりも“政治動向”の方が影響を与えている。これまで、どちらかと言えば、日経平均の動きは緩慢だった。アメリカのダウやナスダックの値動きは激しいのに、日経平均の動きは焦れるほどにつつましかった。欧州やアジアの株価の動きと比べても、明らかに“出遅れ”でもたもたしていた。それが年末近くになって以降、大きく一般した。まるで、それまで足枷となっていたものが外れたかのように「上」にも「下」にも、大きく動く。その方が、少なくとも動きが乏しいよりもスリルがあって良い。ただ、どちらの方に動いているのか未だ正確には掴めない。もしかすると「日本市場を再編する」というニュースが海外に伝わって、それが海外の投資家に“新たな動き”を誘いかけたのか、或いは、私が以前から言っている原油先物価格が、ようやく60ドル台に差し掛かりつつあるからか。もっとも為替の方はドル円が108~109円台で、こちらの方は未だ膠着状態が続いている。これが111円台に突入すれば、つまり原油価格が60ドル台を突破し、ドル円相場が110円台を突破すれば、間違いなく「日本株」は“上昇気流に乗った”と断言できる。ところが、今のところ、この“二つの指標”は行ったり来たりでなかなか先が読めない。特に、現在のようにアメリカとイランとの関係が“一発触発状態”になると、ドル円相場は急変する可能性もある。原油価格が急落しても、ドル円相場が急落しても、ともに「日本株」にはマイナスに響く。要するに“世界情勢”が安定してくれないと、日経平均は一方向を示せないのだ。ただ昨年一年の“日本株の動き”は鈍重で、投資家たちに苛立ちを与え続けた。もしかすると今年は、その反動で値動きの荒い展開が続いていくのかもしれない。じわじわと下がり続けていた銘柄が多いだけに、いったん上向けば実績より“見通し”で動く日本株は激しい上下動の中で“最高値”を更新し続けるかもしれない。


最近の記事はこちら

「恋」は「世間に謝罪」すべきものなのか

文春報道で俳優の東出昌大氏と女優の杏氏とが別居していることが明らかになった。そして同時に、東出氏が共演女優・唐田えりか氏と“不倫”したことがその決定的原因であるとも報道された。それらの報道を受けて、不…続きを読む

中国の「春節」は「日本」が1位

それが何であっても、1位に選ばれるのは気持ちが良い。ましてや“おめでたいこと”ならなおさらである。このほど中国の旅行予約サイトで、興味深いランキングが発表された。今年の春節期間中、どこに出掛けるか、そ…続きを読む

「日本刀」で、妻と弁護士の魂を分つ⁉

アメリカ人には時々、ユニークな行動を真顔でとる人がいる。カンザス州に暮らすデビット・オストロム氏もそういう一人だ。彼は今、妻から“離婚訴訟”を起こされ、その内容にひどく憤慨していた。そこで彼は真摯に裁…続きを読む

1日16時間で「歌う弁護士」になる⁉

或る雑誌に、12歳から芸能活動を始め、17歳で歌手になってTV番組エンディングでも使われ、その後大学に入って大学院まで出て外資系製薬会社で働き、33歳から別な大学で法律を学び、5年後に司法試験を突破し…続きを読む

「チーム風土」なのか「小松美羽」なのか

現代の芸術・芸能の世界は、その舞台を“片田舎”から…あっという間に“世界”に変える。けれども、そこには“影の仕掛人”が存在しているケースも多い。今や日本を飛び出し、そういう形で世界に羽ばたきつつある人…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.