今日の迷言・余言・禁言

激しくなった「日本株」の上下動

昨年末から連日の海外情勢の変化が「日本株」の動きに“激しさ”を加えだしている。「上」にも「下」にも、激しく動くように変わった。しかも、それは“経済動向”というよりも“政治動向”の方が影響を与えている。これまで、どちらかと言えば、日経平均の動きは緩慢だった。アメリカのダウやナスダックの値動きは激しいのに、日経平均の動きは焦れるほどにつつましかった。欧州やアジアの株価の動きと比べても、明らかに“出遅れ”でもたもたしていた。それが年末近くになって以降、大きく一般した。まるで、それまで足枷となっていたものが外れたかのように「上」にも「下」にも、大きく動く。その方が、少なくとも動きが乏しいよりもスリルがあって良い。ただ、どちらの方に動いているのか未だ正確には掴めない。もしかすると「日本市場を再編する」というニュースが海外に伝わって、それが海外の投資家に“新たな動き”を誘いかけたのか、或いは、私が以前から言っている原油先物価格が、ようやく60ドル台に差し掛かりつつあるからか。もっとも為替の方はドル円が108~109円台で、こちらの方は未だ膠着状態が続いている。これが111円台に突入すれば、つまり原油価格が60ドル台を突破し、ドル円相場が110円台を突破すれば、間違いなく「日本株」は“上昇気流に乗った”と断言できる。ところが、今のところ、この“二つの指標”は行ったり来たりでなかなか先が読めない。特に、現在のようにアメリカとイランとの関係が“一発触発状態”になると、ドル円相場は急変する可能性もある。原油価格が急落しても、ドル円相場が急落しても、ともに「日本株」にはマイナスに響く。要するに“世界情勢”が安定してくれないと、日経平均は一方向を示せないのだ。ただ昨年一年の“日本株の動き”は鈍重で、投資家たちに苛立ちを与え続けた。もしかすると今年は、その反動で値動きの荒い展開が続いていくのかもしれない。じわじわと下がり続けていた銘柄が多いだけに、いったん上向けば実績より“見通し”で動く日本株は激しい上下動の中で“最高値”を更新し続けるかもしれない。


最近の記事はこちら

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

「500年の寺院」と一体化したホテルが誕生

どのホテルに泊まるかによって、旅の想い出は大きく変わってくる。せっかく京都に泊まるなら、“京都らしいホテル”が良いに決まっている。そこで、おススメなのが9月28日から開業する三井ガーデンホテルだ。一見…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.