今日の迷言・余言・禁言

火山噴火「グアテマラ」の次は…?

私がここでハワイのキラウエアの“火山噴火”について取り上げたのは5月19日のことだった。その時は、これほど長期にわたって噴火が続き、これほど大規模な破壊や災害になると一般には予想されていなかった。私はその中で火山噴火が「キラウエア山だけではない」と警告もしていた。しばらくは何も起こらなかった。そして胸をなでおろしかけた時、中米グアテマラのフエゴ山が火山噴火した。こちらの方は多数の死者が出た。三つの村が全滅したとも伝えられる。実はあのときの警告で、今後噴火する可能性ある地域として、私はフィリピン&インドネシア&キューバを挙げておいた。それらは比較的赤道に近い“島国”で火山を抱えているからだ。けれども、実際にはグアテマラが噴火した。この国は島国ではなかった。けれども、北米と南米の大陸を繋ぐ位置にあり、いかにも赤道収縮に関係しそうな形状地帯にあった。しかも予告していたキューバに大変近いのだ。日本で言えば韓国のような位置にグアテマラはある。そういう意味では、私の警告は微妙にずれたが正しかった。もし、私の見立てが正しいなら、あともう一ヵ所くらいは火山噴火するだろう。そして、その可能性が一番あるのはフィリピンやインドネシアなのだが、案外、それに近い半島部分の火山から吹き上げる可能性もある。前にも言ったが、日本は赤道から大きく外れるので、その可能性は少ない。そう言えば、昔インドネシアの遺跡を見に行った時、地震と火山噴火とで遺跡の一部が崩れたり埋まったりしていた。イタリアのヴェズヴィオ火山で埋まったポンペイ遺跡も見たことがあるが、完全に掘り起こされ再現された街が“当時の生活”を偲ばせていた。繁栄していた都市が一瞬にして跡形もなくなるのは、或る意味で“神の怒り”を受けたようで怖い。実はグアテマラの大統領はイスラエルの大使館を2000年前からの“神の街”エルサレムへと移動させたばかりだった。


最近の記事はこちら

UFOと北朝鮮の漂流船

「判読不明の数字が書かれていた」「なぜ北海道沿岸で多数が目撃されるか解からない」「誰も乗っていないことが多い」「漂着した遺体からは国籍も性別も解からない」このようにニュースの一部だけ書くと、何となく“…続きを読む

自身を観る「眼」を信じろ!

近年、海外で活躍している日本人は多い。特に芸術やスポーツの分野でそれが著しい。たまたま海外からのニュースの中で二人の人物が登場した。その一人は永久メイさん。まだ18歳の少女だが、中学1年で親元を離れて…続きを読む

「雪が降る」という“名曲”のごとく

北国の「雪」には、どこか“もの悲しい雰囲気”が漂っている。だから“冬”など無くなってしまうのが本当は良い。完全になくなってしまうのも少し寂しい気がするので、2週間くらいだけ“冬”がやって来て、足早に去…続きを読む

「あじさいの花」の“理想”と“現実”

「あじさいの花」という名称はとても良い。いかにも障害者に優しそうな印象を与えるからだ。けれども、そういう“優しい名称”や“可愛らしい名称”の企業は大体が長続きしない。今「企業」と書いたが正確に言えば企…続きを読む

「議員秘書」と「強盗」は兼業できる⁉

「二之湯智」→「山東昭子」→「佐藤ゆかり」それぞれの国会議員秘書を十年以上にわたって務めていた。それなりの能力が無ければ務まらない職務である。その一方で、密かに“強盗致傷”を繰り返していた。それが昨日…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.