今日の迷言・余言・禁言

火山噴火「グアテマラ」の次は…?

私がここでハワイのキラウエアの“火山噴火”について取り上げたのは5月19日のことだった。その時は、これほど長期にわたって噴火が続き、これほど大規模な破壊や災害になると一般には予想されていなかった。私はその中で火山噴火が「キラウエア山だけではない」と警告もしていた。しばらくは何も起こらなかった。そして胸をなでおろしかけた時、中米グアテマラのフエゴ山が火山噴火した。こちらの方は多数の死者が出た。三つの村が全滅したとも伝えられる。実はあのときの警告で、今後噴火する可能性ある地域として、私はフィリピン&インドネシア&キューバを挙げておいた。それらは比較的赤道に近い“島国”で火山を抱えているからだ。けれども、実際にはグアテマラが噴火した。この国は島国ではなかった。けれども、北米と南米の大陸を繋ぐ位置にあり、いかにも赤道収縮に関係しそうな形状地帯にあった。しかも予告していたキューバに大変近いのだ。日本で言えば韓国のような位置にグアテマラはある。そういう意味では、私の警告は微妙にずれたが正しかった。もし、私の見立てが正しいなら、あともう一ヵ所くらいは火山噴火するだろう。そして、その可能性が一番あるのはフィリピンやインドネシアなのだが、案外、それに近い半島部分の火山から吹き上げる可能性もある。前にも言ったが、日本は赤道から大きく外れるので、その可能性は少ない。そう言えば、昔インドネシアの遺跡を見に行った時、地震と火山噴火とで遺跡の一部が崩れたり埋まったりしていた。イタリアのヴェズヴィオ火山で埋まったポンペイ遺跡も見たことがあるが、完全に掘り起こされ再現された街が“当時の生活”を偲ばせていた。繁栄していた都市が一瞬にして跡形もなくなるのは、或る意味で“神の怒り”を受けたようで怖い。実はグアテマラの大統領はイスラエルの大使館を2000年前からの“神の街”エルサレムへと移動させたばかりだった。


最近の記事はこちら

「聖職者」が「性食者」に変わる時

アメリカのペンシルバニア州の教会で70年間にわたり、カトリックの高位聖職者たちが、そこに通う子供たちに対して“性的虐待を行っていた”という驚くべき報告書が8月14日に公表された。この報告書は専門の調査…続きを読む

“富士子容疑者”は「殺人のプロ」なのか

昨日、今年5月に三重県鈴鹿市で起きた“夫殺人”の容疑者・横山富士子(46歳)が再逮捕された。同時に、これまで除外されていた富士子の実母・愛子(69歳)も“新たに逮捕”された。つまり、21歳年下の夫を不…続きを読む

新ジャンボ1等賞金20億円、6等賞金10万円⁉

総務省から昨日2017年度“宝くじ”の売上額が20年ぶりに8000億円を割り込んだことが報告された。近年の“宝くじ”は不振が続いていて、2005年度の1兆1047億円をピークに毎年減少している。昨年は…続きを読む

“アナリスト予想”が一致する時は要注意⁉

ケンカ好きなトランプ大統領が今、相手をしているのはトルコのエルドアン大統領だ。それにしてもトランプ大統領は常に誰かとやり合っていないと気が済まないらしい。そのたび市場は混乱し、通貨や株価が変動し、大迷…続きを読む

「正直」「公正」が通用しない人達と…

事実上、自民党の総裁選がスタートしているが、今一つ盛り上がらない。もう大勢が判明していることもあるが、現首相への対抗馬が石破氏ただ一人でちょっと寂しいこともある。野田聖子氏も未だ“出馬への意欲”は捨て…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.