今日の迷言・余言・禁言

“災害時”に発揮される「運」という魔力

昨日も東北地方で地震があり、津波警報が出た。東日本大震災で被害の大きかった地域の人たちは、嫌でも“あの時”を思い出したに違いない。幸い今回の被害は少なかったが、“自然災害の恐怖”を改めて感じずにはいられない。どのような自然災害でも「運」と呼ばれるものが背中合わせにある。普段どんなに「運」というものに対して否定的な人であっても、予期せぬ形で訪れる自然災害に関してだけは「運・不運」を否定できない。どんなに計画的に生きようと思っても、われわれの人生には“予期せぬ出来事”が起こることがある。こんなはずではなかったのに…と嘆いても、“予期せぬ出来事”が生活の中に侵食し、人生の歯車を狂わせていくことがある。そういう時、人は初めて「運」というものの“魔力”に驚き、神・仏の存在性を心から願うのだ。つまり、われわれが本当に“神・仏を発見しようとする”のは、予期せぬ不運や災難に遭遇した時なのである。人知ではどうしようもない状態の時、人は“人知以上の力”、或いは“奇跡の出現”を願うようになる。実際、そういう時に“何か”が救ってくれた体験をしてきている人は多い。私自身、海で溺れた時にも、車で跳ね飛ばされた時にも、地獄谷で滑り落ちた時にも、眼に見えぬ“救いの手”が差し出されていたような気がする。不思議と“自分の生命”に関しては、何かが守ってくれているような気がしてならない。私は今年“義母”を喪った。今から40年前に“実母”を喪っているが、その時から私の本格的な「占い師」としての人生が始まった。なぜか背中を押されるように「占い師」の看板を依頼し、新聞や雑誌広告を出して、プロとしての第一歩を歩みだしたのだ。今となっては、なぜあの時「占い師」をスタートしたのか、本当のところ思い出せないのだ。もしかすると事故で“実母”を喪ってパニックだったのかもしれない。今だったら、とても恥ずかしくて…。


最近の記事はこちら

“車離れ”は「本当の先進国」になった証拠

“若者の車離れ”に歯止めが掛からない。それを何んとか防ごうと、19日、トヨタは新しく「GR」シリーズを発売すると発表した。スポーツカーブランドを一新することで、低迷が続く国内の自動車販売をテコ入れした…続きを読む

「生前継承」された7代目の“宗教”

先日、テレビで今も継承され続ける「カクレキリシタン」に関するドキュメンタリーが放映されていた。その中で印象的だったのは、現在の指導者が口にした“普通のキリスト教やカトリックとは違う”という発言だった。…続きを読む

甲冑姿の「サムライ」が刀を向ける

近年の歴史・時代物ブームで“古戦場跡”観光というものが盛り上がっている。それ自体は良いことなのだが、その“古戦場跡”の一つ「関ケ原」で全身甲冑姿の「サムライ」が、山頂に続く階段を登りきったところで待ち…続きを読む

「時代について行く」選択は正しいのか

毎日、そこかしこに情報があふれている。無意識にわれわれは、その情報の多くを吸収しながら生きている。それが「時代について行く」という“生き方”である。けれども、本当に、それが“幸福な生き方”なのかどうか…続きを読む

「ノーベル賞の卵」が“非正規雇用”で働く

山中伸弥氏と言えば、謂わずと知れた“ノーベール賞科学者”である。現在は京都大学の細胞研究所所長を務めている。そのHP上に「ご支援のお願い」が掲載された。彼によると、研究所で働く教職員の9割が“非正規雇…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.