今日の迷言・余言・禁言

“災害時”に発揮される「運」という魔力

昨日も東北地方で地震があり、津波警報が出た。東日本大震災で被害の大きかった地域の人たちは、嫌でも“あの時”を思い出したに違いない。幸い今回の被害は少なかったが、“自然災害の恐怖”を改めて感じずにはいられない。どのような自然災害でも「運」と呼ばれるものが背中合わせにある。普段どんなに「運」というものに対して否定的な人であっても、予期せぬ形で訪れる自然災害に関してだけは「運・不運」を否定できない。どんなに計画的に生きようと思っても、われわれの人生には“予期せぬ出来事”が起こることがある。こんなはずではなかったのに…と嘆いても、“予期せぬ出来事”が生活の中に侵食し、人生の歯車を狂わせていくことがある。そういう時、人は初めて「運」というものの“魔力”に驚き、神・仏の存在性を心から願うのだ。つまり、われわれが本当に“神・仏を発見しようとする”のは、予期せぬ不運や災難に遭遇した時なのである。人知ではどうしようもない状態の時、人は“人知以上の力”、或いは“奇跡の出現”を願うようになる。実際、そういう時に“何か”が救ってくれた体験をしてきている人は多い。私自身、海で溺れた時にも、車で跳ね飛ばされた時にも、地獄谷で滑り落ちた時にも、眼に見えぬ“救いの手”が差し出されていたような気がする。不思議と“自分の生命”に関しては、何かが守ってくれているような気がしてならない。私は今年“義母”を喪った。今から40年前に“実母”を喪っているが、その時から私の本格的な「占い師」としての人生が始まった。なぜか背中を押されるように「占い師」の看板を依頼し、新聞や雑誌広告を出して、プロとしての第一歩を歩みだしたのだ。今となっては、なぜあの時「占い師」をスタートしたのか、本当のところ思い出せないのだ。もしかすると事故で“実母”を喪ってパニックだったのかもしれない。今だったら、とても恥ずかしくて…。


最近の記事はこちら

『この占いがすごい!2018年版』は300頁以上のボリューム

私の本はそれでなくても“ぎゅうぎゅう詰めの本”が多く、一般書籍の文字量からすると多めに構成されている。もっとも編集レイアウトが上手く整理・工夫されているので、読みにくくはない。本来であれば、二冊に分け…続きを読む

もう漢字一文字の時代ではないのかも…

今年の漢字一文字は「北」となったそうだが、誰もが感じているように、いまひとつピンとこない。そのせいかどうか知らないが、さまざまな人達が自分にとっての今年を漢字一文字で公表している。昨日、離婚が正式合意…続きを読む

「ふれあい」で“地位”も“名誉”も失う時代

いつからだろうか。「ふれあい」が「セクハラ」という言葉に変わったのは…。もはや優しく抱きしめるとか、肩を抱き抱えるとか、そっと頭を撫でてあげるとか…そういう行為も、みんなみんな「セクハラ」にされて、職…続きを読む

「♪心ひとつで…」大寒気に襲われる日本

どっかで聞いた気もするけど、よく知らない言葉の一つ「ラニーニャ現象」。海流と大気の状態から、今後一年、日本全体が低温化する可能性がある現象がペルー沖で発生したらしい。まずい。寒いのは困る。それでなくて…続きを読む

自らの「終活」に入った明石家さんま氏

18日に放映されるNHKの音楽番組で、タレント明石家さんま氏が元妻で女優の大竹しのぶさんを“禁断ゲスト”に招き、二人でトークやデユエットを行ったという。別の局だが、最近、明石家氏は単独トーク番組で“真…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.