今日の迷言・余言・禁言

無意味な「性差少ない服」の開発

どんなに頑張ったって「男」と「女」の“違い”というものは存在しているものなのに、存在しないよう見せかけることが“正しい”と信じている愚かな人達がいる。“性差の少ない学生服”の開発を試みているメーカーが出て来たというニュースだ。それに伴って知ったことだが、岡山県というのは“全国の学生服”の7割以上を生産している“学生服王国”なのだそうだ。その岡山県で続々と開発されつつあるのが“性差の少ない学生服”だという。トランスジェンダー、つまり“自分の性”に違和感を持つ人達を意識し、そういう人達でも“違和感なく着られるような学生服”を作ろうとする動きのようだ。何かが違う。最初にも述べたように、どんなに頑張ったって「性差」というものはある。これは“自然の摂理”なのだ。もし、性差が無くなってしまうと子孫が失われてしまうわけで、まず“性差”は無くすべきものではない。何千年か経って、どこかの宇宙人のように男女の区別が判然としなくなって、誰もが全身ピッタリスーツで街を歩くようになれば別だが、それまでは“性差を意識した服”となるのは当然なのだ。そして、ここからが重要なのだが、それは決してトランスジェンダーの方達への“差別”なのではない。大体、性差が存在しないように見せかけようとすること自体、既に意識過剰な行為といえる。むしろハッキリとした“性差のある学生服”を作って、その“選択権”を生徒たち本人に与える、というのが正しいトランスジェンダーに対しての在り方なのだ。それを文部省だか、教育委員会だか、学校だか、PTAだかしらないが、そういうところが“選択権”を奪っているところに問題がある。いくら「心は女の児よ」と言ったって、似合わないものは似合わない。それでも本人がそれで良いと思うのであれば、それを着て登校すればよいだけの話だ。それを問題視するから話がややこしくなる。通常、生まれつきのトランスジェンダーの男子は“女の子らしい洋服”を着たがるもので、“男女中間的な洋服”を着たがったりはしない。その根本的なところが、理解できていない人達が、いくら「そういう方達のために開発した」と言ったって、喜ばれるはずがない。それに世間では“トランスジェンダー(性別越境者=性同一性障害)”と他の“LGBT”とを同一視しているが、厳密には“ゲイ・レズ・バイ”と“トランスジェンダー”とは微妙に異なるのだ。昔「前世を記憶する子供達」が注目を浴びた時期があったが、或る意味で、先天性の「性同一性障害者」は、その“子供達と共通する魂”の持ち主のような気がする。つまり前世で生きてきた“性”を、現世でも“本能的に求める”から、現世での“肉体”に拒否反応を示すのだ。そういう意味から言えば、前世と同じようなファッションを試みた時、もっとも魂が浄化されるに違いない。


最近の記事はこちら

新社名「大樹生命」は、“巨木”に生れ変れる⁉

古くからの会社が継続していることで知られる“生命保険”業界。会社そのものの業態についはよく知らなくても、その社名だけは“知っている”という企業が多い。そういう企業名の一つであった「三井生命」が、今年4…続きを読む

日本が「告発社会」に変わっていく“怖さ”

昨日から今日にかけて、二つの“小さな出来事”がニュースとなった。その両方を読みながら、最近の日本が徐々に北朝鮮と同じような「告発社会」に変わりつつあるような気がして怖くなった。小さな出来事の一つは29…続きを読む

誰でも“身の丈に合った生活”が心地好い

大昔のアイドルで現在は女優の大場久美子氏が18日にブログを更新し、現在のサラリーマンの夫との“質素な生活”が「とても心地よくリラックスできる」と綴っている。もう少しで“還暦”を迎える今になって気付いた…続きを読む

「宗教」が世界の「平和」を奪っていく

サウジアラビアの記者がトルコの大使館内で殺害された事件は記憶に新しいが、政権批判はどの時代や地域においても“暗殺”の対象となる。特に、それが“宗教批判”とも密接に関わっている場合、その危険性がより高く…続きを読む

「過去は幻」なぜ「今」を信じなかった⁉

誰にでも「過去」はある。時には“触れてはならない過去”もある。日本でも年末になると、普段は「宝くじ」を購入しない人が、不意に思いついて“宝くじ売り場”に並んだりする。この人も、そういう人の一人だった。…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.