今日の迷言・余言・禁言

無意味な「性差少ない服」の開発

どんなに頑張ったって「男」と「女」の“違い”というものは存在しているものなのに、存在しないよう見せかけることが“正しい”と信じている愚かな人達がいる。“性差の少ない学生服”の開発を試みているメーカーが出て来たというニュースだ。それに伴って知ったことだが、岡山県というのは“全国の学生服”の7割以上を生産している“学生服王国”なのだそうだ。その岡山県で続々と開発されつつあるのが“性差の少ない学生服”だという。トランスジェンダー、つまり“自分の性”に違和感を持つ人達を意識し、そういう人達でも“違和感なく着られるような学生服”を作ろうとする動きのようだ。何かが違う。最初にも述べたように、どんなに頑張ったって「性差」というものはある。これは“自然の摂理”なのだ。もし、性差が無くなってしまうと子孫が失われてしまうわけで、まず“性差”は無くすべきものではない。何千年か経って、どこかの宇宙人のように男女の区別が判然としなくなって、誰もが全身ピッタリスーツで街を歩くようになれば別だが、それまでは“性差を意識した服”となるのは当然なのだ。そして、ここからが重要なのだが、それは決してトランスジェンダーの方達への“差別”なのではない。大体、性差が存在しないように見せかけようとすること自体、既に意識過剰な行為といえる。むしろハッキリとした“性差のある学生服”を作って、その“選択権”を生徒たち本人に与える、というのが正しいトランスジェンダーに対しての在り方なのだ。それを文部省だか、教育委員会だか、学校だか、PTAだかしらないが、そういうところが“選択権”を奪っているところに問題がある。いくら「心は女の児よ」と言ったって、似合わないものは似合わない。それでも本人がそれで良いと思うのであれば、それを着て登校すればよいだけの話だ。それを問題視するから話がややこしくなる。通常、生まれつきのトランスジェンダーの男子は“女の子らしい洋服”を着たがるもので、“男女中間的な洋服”を着たがったりはしない。その根本的なところが、理解できていない人達が、いくら「そういう方達のために開発した」と言ったって、喜ばれるはずがない。それに世間では“トランスジェンダー(性別越境者=性同一性障害)”と他の“LGBT”とを同一視しているが、厳密には“ゲイ・レズ・バイ”と“トランスジェンダー”とは微妙に異なるのだ。昔「前世を記憶する子供達」が注目を浴びた時期があったが、或る意味で、先天性の「性同一性障害者」は、その“子供達と共通する魂”の持ち主のような気がする。つまり前世で生きてきた“性”を、現世でも“本能的に求める”から、現世での“肉体”に拒否反応を示すのだ。そういう意味から言えば、前世と同じようなファッションを試みた時、もっとも魂が浄化されるに違いない。


最近の記事はこちら

インディオが怖れる「黒い雨」が降る

太古そのままに密林を伴って南米を流れているのがアマゾン川だ。南米の“母なる川”と言っていい。そのアマゾン川で“異変”が起こっている。森林火災が異常発生しているのだ。今年に入ってブラジルで発生した“森林…続きを読む

やがて「香港」は“廃墟”と化すのか⁉

私が最初に《飲み込まれていく「香港」》というタイトルで、その“危うさ”を書いたのは数年前だ。それから2018年1月15日には《台湾やマカオまで「一つの中国」と言われても…》と不吉な予兆について書いた。…続きを読む

“7度目”と“4度目”の「愛の終着駅」

日本人は他の人種に比べて「執念」というものが、それほど強くない。「和食」で“こってり”とか“とことん”とかいう表現はほとんど出て来ない。どちらかと言えば“あっさり”や“さっぱり”を好むのが日本人なのだ…続きを読む

「令和」が感じられない“即位記念切手”

意外に気付かないでいた10月からの“切手代値上げ”だが、それを気付かせる意味もあってのことなのかどうか知らないが、10月18日から「天皇陛下即位記念」の新たな切手が発行されることが公表された。昨日、そ…続きを読む

「風水家相」で大切なのは“基礎的な事実”

吉本興業の“闇営業問題”で謹慎処分になっていた芸人たちの多くが8月19日に「東京吉本」の舞台に立った。その中にはスリムクラブの内間政成氏の姿もあった。彼は妙な形で多くの同情を集めている。何度か5年前に…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.