今日の迷言・余言・禁言

父親が消える「奇妙な家族」の裏事情

近年は体外受精による“妊娠・出産”もそれほど珍しいことではない。そういう話なのかと思っていたら、長野の病院で行ってきた“体外受精”は少し違っていて、夫が“無精子”と判明した場合、夫の父親、つまり義父が夫に代わって“精子提供者”となり、それを妻の子宮に移して妊娠・出産する形で、これまで173人の子供が誕生しているのだという。もちろん、夫と妻の“正式な実子”として産まれて来ることになる。誰もが思うように、これは事実上の“詐欺行為”であって“義父の児”を授かったに過ぎない。妖しい官能“近親相姦”小説によくある「実はお義父さんの児なの…」というやつと一緒のような気がするが、そういう“妖しい関係”とはならず「やっぱりお義父さんに似ているのねえ…」で留まるらしい。う~ん、本当なのだろうか。これが会社経営者の父親と専務の息子の関係で、嫁が苦渋の決断で“義父の精子”を受け入れ出産していたような場合、夫は同じ屋根の下で“自分の父親が生まれて間もない息子を抱く時”果たして平静でいられるものだろうか。無精子の自分よりも父親の方に“息子を差し出し勝ち”なようすを心穏やかに見ていられるものであろうか。父親は“孫”を抱いているのだが、明らかに“自分の後継者”となる、文字通り“血を分けた子”を抱いているわけで、それが“美しい嫁”の出産した子であれば、寄り添うのはしだいに“嫁の方”となり、専務である夫の方は“地方の支店長”を兼ねて単身赴任するようになってしまう。などという“妖しい妄想”がどうしても抜けない。時折、私のところにも“無精子ではない夫との体外受精”の相談を受ける。どうしても子供がほしい夫婦は意外なほど多いものだ。けれども、元々「子供運が良くない生まれ」の場合、無理に子供を作ることは“運命に逆らうこと”で、妊娠・出産しても、その後、子供の病気や子育てのことなどで“悩みを抱える”ケースは多い。「運命」は大いに“活用すべきもの”ではあるが、多数の相談例から“逆らうもの”ではないような気がする。


最近の記事はこちら

『この占いがすごい!2018年版』は300頁以上のボリューム

私の本はそれでなくても“ぎゅうぎゅう詰めの本”が多く、一般書籍の文字量からすると多めに構成されている。もっとも編集レイアウトが上手く整理・工夫されているので、読みにくくはない。本来であれば、二冊に分け…続きを読む

もう漢字一文字の時代ではないのかも…

今年の漢字一文字は「北」となったそうだが、誰もが感じているように、いまひとつピンとこない。そのせいかどうか知らないが、さまざまな人達が自分にとっての今年を漢字一文字で公表している。昨日、離婚が正式合意…続きを読む

「ふれあい」で“地位”も“名誉”も失う時代

いつからだろうか。「ふれあい」が「セクハラ」という言葉に変わったのは…。もはや優しく抱きしめるとか、肩を抱き抱えるとか、そっと頭を撫でてあげるとか…そういう行為も、みんなみんな「セクハラ」にされて、職…続きを読む

「♪心ひとつで…」大寒気に襲われる日本

どっかで聞いた気もするけど、よく知らない言葉の一つ「ラニーニャ現象」。海流と大気の状態から、今後一年、日本全体が低温化する可能性がある現象がペルー沖で発生したらしい。まずい。寒いのは困る。それでなくて…続きを読む

自らの「終活」に入った明石家さんま氏

18日に放映されるNHKの音楽番組で、タレント明石家さんま氏が元妻で女優の大竹しのぶさんを“禁断ゲスト”に招き、二人でトークやデユエットを行ったという。別の局だが、最近、明石家氏は単独トーク番組で“真…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.