今日の迷言・余言・禁言

犠牲にならない唯一の方法

またしても日本人が襲われた。昨日発生したダッカでの集団テロ事件で、狙われたレストランで食事していた8人のうち7人が犠牲となった。日本人以外ではイタリア人が多く9名が犠牲となっている。他にも、多分4名の外国人が犠牲となった。「イスラム国=IS」が犯行声明を出しているので、彼らに通ずるテロリスト7名(うち6名射殺)が実行犯であることは間違いない。最近、頻発しているこの種の事件は、いずれも「IS」のシンパともいうべき若者たちが起こしていて、ISのメンバーなのかは微妙である。けれども彼らも“実質的なISの戦闘員”であることに変わりはない。そして、こういう“外からの支援者や実働部隊”は見極めるのが大変に難しい。特に元々イスラム教徒の多い国や地域では、何をもとに摘発すべきか、その判別が容易ではない。日本の場合はイスラム教徒が少ないので、或る程度までは包囲できるのだが…。もちろん、イスラム教徒=テロリストではないから、一般の穏やかなイスラム教徒にとっては“迷惑な話”に違いない。但し、全く関係ないかというと、そうではない。今回の事件でも、外国人であっても「イスラム教徒」は“犠牲者”から除外している。どうやって見分けるのかというと『コーラン』の一節を暗唱できるかどうかだ。熱心なイスラム教徒であれば、必ず暗唱できる一節で見分けているのだ。この方法は、確かチュニジアでもテロリストによって試された。つまり、イスラム教徒であるなしに関わらず、もし『コーラン』を重要な一節を身に着けていれば、テロリストの犠牲にはならない。したがって、今後イスラム教徒の多い外国へ滞在する人たちは、イスラム教徒にとって“重要な一節”を抜き出してもらい、暗唱する癖をつけて、いざという時に備えたうえで出国すれば良い、ということになる。それしか逃れる術がないのだ。 


最近の記事はこちら

人は「生まれて来る環境」を選べない

どんな両親から生まれたか、どんな環境のもとに生まれ育ったか、時々、人はそれを考える。一冊の興味深い自伝が出版されていた。死刑囚・麻原彰晃こと松本智津夫の三女として産まれた松本麗華さんの回想記『止まった…続きを読む

“7000体の遺体”の上に“医療センター”がある

昔『ミステリーゾーン』という雑誌があった。なかなかマニアックな雑誌で気に入っていたのだが、三年ほどで廃刊となった。後に、その編集者だった男性と出逢って、占いに関する執筆をいろいろと依頼された。あの雑誌…続きを読む

何が「チャンスの女神」か、誰にも解からない

世の中には簡単には“評価できない職業”というものがある。“俳優・タレント”という職業も評価が難しい。週三日・不動産会社の事務をして生計を立てている“女優・タレント”多岐川華子さんも、そういう一人だ。こ…続きを読む

本田&家長→同一生年月日の謎

日本人のプロサッカー選手で世界的に名を知られている選手の一人、それが本田圭佑氏だ。その本田選手が、在籍する“ACミラン”との契約終了に付き移籍することを自ら公表した。実は同じく今年、国内だが“大宮”か…続きを読む

本当に「心の狭い神」なのか

今、アメリカでは「スカーフをしていなかった」ことが論議をかもしている。ハッキリ言って、どうでも良いようなことだ。つまり、サウジアラビアを訪問中のトランプ大統領メラニア夫人がスカーフなしで公式の場に参列…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.