今日の迷言・余言・禁言

犠牲にならない唯一の方法

またしても日本人が襲われた。昨日発生したダッカでの集団テロ事件で、狙われたレストランで食事していた8人のうち7人が犠牲となった。日本人以外ではイタリア人が多く9名が犠牲となっている。他にも、多分4名の外国人が犠牲となった。「イスラム国=IS」が犯行声明を出しているので、彼らに通ずるテロリスト7名(うち6名射殺)が実行犯であることは間違いない。最近、頻発しているこの種の事件は、いずれも「IS」のシンパともいうべき若者たちが起こしていて、ISのメンバーなのかは微妙である。けれども彼らも“実質的なISの戦闘員”であることに変わりはない。そして、こういう“外からの支援者や実働部隊”は見極めるのが大変に難しい。特に元々イスラム教徒の多い国や地域では、何をもとに摘発すべきか、その判別が容易ではない。日本の場合はイスラム教徒が少ないので、或る程度までは包囲できるのだが…。もちろん、イスラム教徒=テロリストではないから、一般の穏やかなイスラム教徒にとっては“迷惑な話”に違いない。但し、全く関係ないかというと、そうではない。今回の事件でも、外国人であっても「イスラム教徒」は“犠牲者”から除外している。どうやって見分けるのかというと『コーラン』の一節を暗唱できるかどうかだ。熱心なイスラム教徒であれば、必ず暗唱できる一節で見分けているのだ。この方法は、確かチュニジアでもテロリストによって試された。つまり、イスラム教徒であるなしに関わらず、もし『コーラン』を重要な一節を身に着けていれば、テロリストの犠牲にはならない。したがって、今後イスラム教徒の多い外国へ滞在する人たちは、イスラム教徒にとって“重要な一節”を抜き出してもらい、暗唱する癖をつけて、いざという時に備えたうえで出国すれば良い、ということになる。それしか逃れる術がないのだ。 


最近の記事はこちら

懐かしい「逃亡者」の正義感

人は根本的に“あまり変わらない”ものである。私がアメリカのTVドラマ「逃亡者」の日本語放映を最初に見たのは今から50年ほども前のことだ。このTVドラマは全米で爆発的にヒットし、それが日本でも放映され同…続きを読む

あらゆる点で「格差」が悲劇を呼ぶ

九州北部の“豪雨被害”の記憶が冷めやらない中、今度は秋田県が集中豪雨で“狙い撃ち”されている。近年になって、昔に比べて34%も集中豪雨が増えているというデータが公表されたばかりである。明らかに、日本の…続きを読む

ベストセラー作家・波木星龍の誕生?

世の中、暑くなるといろんな人が出て来る…まあ、そういうことで、ここにも一人、暑くなって“ベストセラー作家”になったかのような“勘違い男・波木星龍”が誕生している。「パピルス」という電子書籍店の“今週の…続きを読む

“ヤラセ心霊写真”は「霊」たちに失礼

世の中、一生懸命でも“中々報われない人”と、いい加減でも“スポットライトを浴びる人”とがいる。何も知らずに“TVに出てしまう人”もいれば、いつの間にか“霊に仕立てられてしまう人”もいる。7月19日TB…続きを読む

「偶像」を禁じながら「偶像」しか許さない矛盾

サウジアラビアでSNSにミニスカート姿で街を歩いた動画を載せた女性が逮捕された。イスラム教国でなければ、何ら問題の無い“後ろ姿”の動画である。サウジアラビアというのは、同じイスラム教国でも比較的“原典…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.