今日の迷言・余言・禁言

犯人は「ピンクの刃物」という“お笑い芸人”か⁉

秋篠宮悠仁さまの通われる学校に何者かが侵入し、無断で悠仁さまの机の上に「ピンクの刃物」を置いたという事件。何者が首謀者にしろ、このような形での“脅迫行為”は許されることではない。百歩譲って、もしこれが“お笑い芸人”に「ピンクの刃物」というコンビが居て、政治・思想ネタを扱っていたとして、それが行き過ぎての“脅迫行為”だったとしても、厳重に処罰すべきだ。私が一番心配するのは、このような事件が起こることによって、秋篠宮悠仁さま自身の中に“天皇家の血筋”であること、自分自身が「天皇」になりうる可能性のあることを“佳し”とせず、拒絶感が生じて来なければ良いが…ということである。なぜなら彼の生年月日時には“憂うべき要素”がいくつも感じられるからである。まず四柱命式から観ると、かなり偏りのある干支配合で「土」と「火」の五行が極端に強く、天干には通変星として「梟神(偏印)」が並ぶ。このような配合の場合「親」の理想を自らの理想として生きていく。よく自分はアイドルになれなかった親の元に生れ、親の代わりに“アイドルとして成功する人”などに見掛ける命式なのだ。但し「梟神」は元々“非現実”の星で、“趣味世界”や“幻想世界”に生きがいを見出していく人の通変星でもある。例えて言えば19世紀半ばのドイツで白鳥の城・ノイシュバンシュタイン城を作ったことで有名なルードヴィヒ2世のような人物だ。“現実社会”にはやや疎い。ホロスコープでも、太陽は天王星と180度で生まれている。独自の人生観を持ち、伝統や集団生活からは離脱したがる。そして、もう一つ重要なのは水星が土星と0度一体化していることだ。こういう人は大変に思慮深いのだが、物事を深刻に受け止めやすい。研究者には向くが、何かで行き詰まると“うつ的症状”が表れやすい。そして現在、トランジットの海王星は出生時の水星&土星に180度で対冲している。今回の事件が、彼の人生に長く“影を落とさない”ことを願うばかりである。「親」と「子」が“同じ方向”を向いていることもあれば違うこともある。昨日放送のTV番組内で元大阪市長の橋下徹氏が、息子との“親子喧嘩”で左手薬指を骨折していたことを告白した。息子の携帯電話を取り上げようとしてもみ合いとなり、父親の方の手指が壊れたのだ。そんな彼でも、政治家復帰を訊ねられれば即座に否定する。「やっぱり命を狙われるっていうのはしんどいです。自分の家族が…子供とか、妻とかね」と答えている。息子に指を折られても、その息子の命を差し出すわけにはいかないのだ。


最近の記事はこちら

新社名「大樹生命」は、“巨木”に生れ変れる⁉

古くからの会社が継続していることで知られる“生命保険”業界。会社そのものの業態についはよく知らなくても、その社名だけは“知っている”という企業が多い。そういう企業名の一つであった「三井生命」が、今年4…続きを読む

日本が「告発社会」に変わっていく“怖さ”

昨日から今日にかけて、二つの“小さな出来事”がニュースとなった。その両方を読みながら、最近の日本が徐々に北朝鮮と同じような「告発社会」に変わりつつあるような気がして怖くなった。小さな出来事の一つは29…続きを読む

誰でも“身の丈に合った生活”が心地好い

大昔のアイドルで現在は女優の大場久美子氏が18日にブログを更新し、現在のサラリーマンの夫との“質素な生活”が「とても心地よくリラックスできる」と綴っている。もう少しで“還暦”を迎える今になって気付いた…続きを読む

「宗教」が世界の「平和」を奪っていく

サウジアラビアの記者がトルコの大使館内で殺害された事件は記憶に新しいが、政権批判はどの時代や地域においても“暗殺”の対象となる。特に、それが“宗教批判”とも密接に関わっている場合、その危険性がより高く…続きを読む

「過去は幻」なぜ「今」を信じなかった⁉

誰にでも「過去」はある。時には“触れてはならない過去”もある。日本でも年末になると、普段は「宝くじ」を購入しない人が、不意に思いついて“宝くじ売り場”に並んだりする。この人も、そういう人の一人だった。…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.