今日の迷言・余言・禁言

犯人は「ピンクの刃物」という“お笑い芸人”か⁉

秋篠宮悠仁さまの通われる学校に何者かが侵入し、無断で悠仁さまの机の上に「ピンクの刃物」を置いたという事件。何者が首謀者にしろ、このような形での“脅迫行為”は許されることではない。百歩譲って、もしこれが“お笑い芸人”に「ピンクの刃物」というコンビが居て、政治・思想ネタを扱っていたとして、それが行き過ぎての“脅迫行為”だったとしても、厳重に処罰すべきだ。私が一番心配するのは、このような事件が起こることによって、秋篠宮悠仁さま自身の中に“天皇家の血筋”であること、自分自身が「天皇」になりうる可能性のあることを“佳し”とせず、拒絶感が生じて来なければ良いが…ということである。なぜなら彼の生年月日時には“憂うべき要素”がいくつも感じられるからである。まず四柱命式から観ると、かなり偏りのある干支配合で「土」と「火」の五行が極端に強く、天干には通変星として「梟神(偏印)」が並ぶ。このような配合の場合「親」の理想を自らの理想として生きていく。よく自分はアイドルになれなかった親の元に生れ、親の代わりに“アイドルとして成功する人”などに見掛ける命式なのだ。但し「梟神」は元々“非現実”の星で、“趣味世界”や“幻想世界”に生きがいを見出していく人の通変星でもある。例えて言えば19世紀半ばのドイツで白鳥の城・ノイシュバンシュタイン城を作ったことで有名なルードヴィヒ2世のような人物だ。“現実社会”にはやや疎い。ホロスコープでも、太陽は天王星と180度で生まれている。独自の人生観を持ち、伝統や集団生活からは離脱したがる。そして、もう一つ重要なのは水星が土星と0度一体化していることだ。こういう人は大変に思慮深いのだが、物事を深刻に受け止めやすい。研究者には向くが、何かで行き詰まると“うつ的症状”が表れやすい。そして現在、トランジットの海王星は出生時の水星&土星に180度で対冲している。今回の事件が、彼の人生に長く“影を落とさない”ことを願うばかりである。「親」と「子」が“同じ方向”を向いていることもあれば違うこともある。昨日放送のTV番組内で元大阪市長の橋下徹氏が、息子との“親子喧嘩”で左手薬指を骨折していたことを告白した。息子の携帯電話を取り上げようとしてもみ合いとなり、父親の方の手指が壊れたのだ。そんな彼でも、政治家復帰を訊ねられれば即座に否定する。「やっぱり命を狙われるっていうのはしんどいです。自分の家族が…子供とか、妻とかね」と答えている。息子に指を折られても、その息子の命を差し出すわけにはいかないのだ。


最近の記事はこちら

44年前の「UFO誘拐事件」再掲載の謎

昨日「文春オンライン」は、なぜか44年前に起きた“UFO事件”の詳細を載せた。なぜ載せたのか。一応の理由としては《夏に読みたい「怖い話」》ということになっている。だが、私には何となく釈然としない。もし…続きを読む

「共感」という評価で“トップ3”入り

芸能・芸術の世界では時々、本人も予想しなかったような“奇跡”が起きることがある。「機動戦士ガンダム40周年のメモリアルに、こんな奇跡が起こるなんて!」と驚きと喜びを隠せないのが歌手・森口博子氏である。…続きを読む

王女様は公務より「シャーマン」がお好き⁉

日本の場合は「天皇」は「王」とは微妙に異なるので、その娘が「王女」と呼ばれることはない。ただ実質的には「王」及び「王女」扱いを受けていることは事実だ。さて、ノルウェー王室では現在ちょっとした問題が持ち…続きを読む

“終戦記念日”に産まれた「三太郎」

正確にいうと順序が逆で“終戦記念日”に「三太郎」が産まれたのではなく、我父親である「三太郎」が産まれた日がやがて“終戦記念日”となった、ということである。明治38年の生れであるから、もし生きていれば1…続きを読む

“AⅠ”は、なぜ「未来予測」が苦手なのか

近年、遠くない将来には「AI」が人々の日常を手助けするようになる、と言われてきた。既に多くの分野で、その予兆はある。実際ここ十年ほどの間にも様々な分野に「AI」は進出してきた。ところが、どうもいま一つ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.