今日の迷言・余言・禁言

“狂気の傷害事件”は「新CM女王」を産んだ

人間の“運命”はちょっとした事件から大きく変貌していく。しかも、その事件には二人が関わっていたのだが、やがて一人だけが脚光を浴びるようになる。その事件とは「AKB48握手会傷害事件」と呼ばれるもので、2014年5月、岩手で行われたAKB48の握手会においてノコギリを持った男が乱入、偶然居合わせた川栄李奈さんと入山杏奈さんに襲い掛かったものである。その結果、マネージャー男性一人も含め三人が裂傷を負った。その当時、AKB48のメンバーの中で川栄さんと入山さんとは一般的には有名ではなく、それだけに一躍“個人名”がTVや新聞などを飾る結果となった。翌日、私は二人の生年月日だけから、今後の展開について、この事件は入山さんには“トラウマ”として残り、川栄李奈さんには“人気運”をもたらし、タレントとして活躍するきっかけを与えてくれるかもしれない、と記した。もちろん、私はそれまで二人の名前すら知らなかった。その後しばらく、私は彼女たちのことを忘れていたが、いつの間にか川栄さんの方は“卒業”し、タレントや女優として本格的に活躍し始めていた。NHKのドラマに出ている姿を見ても、最初、誰だか分からなかった。ところが徐々に彼女は人気を得ていって、今や8本のCMを抱えるまでになっていたらしい。楽天フリマアプリのCM会見では、自ら手作りしたというクラッチバックを持参、器用な一面も見せている。秋には初主演映画「恋のしずく」が公開され、来年はNHKの大河ドラマへの出演も決まっている。おそらく一般の方は“あの事件”が起こるまで「川栄李奈」という名を知らなかった。それが今や「新CMの女王」という呼び声さえ出ている。もし、あの事件がなかったなら、彼女はこんなに活躍することは出来なかっただろう。今となっては、私自身、何を見て「人気運を得て活躍するようになる」と断言したのか、よく思い出せない。ただ人生にはさまざまな出来事が起こるが、一見、“悪いこと”“哀しいこと”“不運なこと”“ショッキングな出来事”がきっかけとなって「幸運をつかんでいく」人生は多い。だから、人生は不可思議であり、運命は面白いのだ。


最近の記事はこちら

ただ働きで借金⁉「連邦職員はつらいよ」

昨年末からアメリカの政府機関が閉鎖したままになっている。当然のことながら、そこで働く人たちに給与は出ていない。その数約80万人である。政府機関の中には仕事そのものも休止した状態で閉鎖されたままの部署も…続きを読む

「もう一つの学校」が必要な時代

中学校などの教育現場で今、深刻な状態を引き起こしているのが「隠れ不登校」の問題だ。病気とかイジメとか精神的な問題から「不登校」が生じてしまうことはしばしば耳にする。学校側が定義する「不登校児」というの…続きを読む

「天使のはしご」で空を飛ぶ

ときどき神様はイタズラをする。神様というのはイタズラ好きなのだ。「天使のはしご」も、その一つなのに違いない。昨日、朝、東京上空には「天使のはしご」が降りた。私はその名称を知らなかった。重く垂れこめた雲…続きを読む

「深くて暗い川がある」商法の限界

このところ“嫌な告発事件”が続いている。「NGT48山口真帆」「純烈・友井雄亮」「YouTuberヒカル」こういった“時代の寵児”と、その周辺で巻き起こった出来事が“告発”という形で次々と表に出て来て…続きを読む

ジョンベネ事件とドンファン事件の結末

愛くるしい笑顔で“美少女コンテスト”の動画が何度も流されたジョンベネ・ラムジーちゃんが殺害されて22年が経った。アメリカ有数の大富豪の美少女がクリスマスに殺害されたということで世界中の注目を集めた。外…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.