今日の迷言・余言・禁言

“狂気の傷害事件”は「新CM女王」を産んだ

人間の“運命”はちょっとした事件から大きく変貌していく。しかも、その事件には二人が関わっていたのだが、やがて一人だけが脚光を浴びるようになる。その事件とは「AKB48握手会傷害事件」と呼ばれるもので、2014年5月、岩手で行われたAKB48の握手会においてノコギリを持った男が乱入、偶然居合わせた川栄李奈さんと入山杏奈さんに襲い掛かったものである。その結果、マネージャー男性一人も含め三人が裂傷を負った。その当時、AKB48のメンバーの中で川栄さんと入山さんとは一般的には有名ではなく、それだけに一躍“個人名”がTVや新聞などを飾る結果となった。翌日、私は二人の生年月日だけから、今後の展開について、この事件は入山さんには“トラウマ”として残り、川栄李奈さんには“人気運”をもたらし、タレントとして活躍するきっかけを与えてくれるかもしれない、と記した。もちろん、私はそれまで二人の名前すら知らなかった。その後しばらく、私は彼女たちのことを忘れていたが、いつの間にか川栄さんの方は“卒業”し、タレントや女優として本格的に活躍し始めていた。NHKのドラマに出ている姿を見ても、最初、誰だか分からなかった。ところが徐々に彼女は人気を得ていって、今や8本のCMを抱えるまでになっていたらしい。楽天フリマアプリのCM会見では、自ら手作りしたというクラッチバックを持参、器用な一面も見せている。秋には初主演映画「恋のしずく」が公開され、来年はNHKの大河ドラマへの出演も決まっている。おそらく一般の方は“あの事件”が起こるまで「川栄李奈」という名を知らなかった。それが今や「新CMの女王」という呼び声さえ出ている。もし、あの事件がなかったなら、彼女はこんなに活躍することは出来なかっただろう。今となっては、私自身、何を見て「人気運を得て活躍するようになる」と断言したのか、よく思い出せない。ただ人生にはさまざまな出来事が起こるが、一見、“悪いこと”“哀しいこと”“不運なこと”“ショッキングな出来事”がきっかけとなって「幸運をつかんでいく」人生は多い。だから、人生は不可思議であり、運命は面白いのだ。


最近の記事はこちら

驚異のベストセラー⁉『反日種族主義』日本語訳の誕生

北朝鮮中央通信が9月13日、韓国で出版されている書籍に対して痛烈な批判を行った。北朝鮮のマスコミが海外の民間人が執筆した書籍に対して批評・論評することは滅多にない。どんな本に対して批判したのかというと…続きを読む

“高齢者”と“独身者”の「ハーフ婚」はいかが⁉

最近、どの調査を見ても「日本」がダントツに“1位”を獲得できるものはなくなってきている。そういう中で、唯一“ダントツ1位”をこれからも維持していけそうなのが、65歳以上の高齢者が占める人口比率であるら…続きを読む

「長命」でも「長寿」ではなかった夫婦

世の中には“何となく哀しい”と思えるような事件が時々ある。9月14日早朝、一人の老人が逮捕された。自ら110番をしてきて「家内を殺してしまった。自殺できなかった」と告白し、警察が110番した男の自宅に…続きを読む

「名月」&「雅楽」こそ“日本の美”

私はときどき、自分が日本人らしい生活の仕方をしているのか疑問に思う。少なくとも“平安時代”のような生活からは程遠い。けれども日本に産まれ、日本人の両親を持ち、日本の大地で育ってきたから、日本人特有の「…続きを読む

「ウルトラマン・ブッダ」が地球を救う⁉

タイが“仏教王国”であることは広く知られている。国民の94%が敬虔な仏教徒だ。けれども若い人たちは、必ずしも「仏陀(ブッダ)」だけが“人類を救う”とは思っていない。“正義の味方”であるウルトラマンだっ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.