今日の迷言・余言・禁言

狙われたミンダナオ島

6月17日、フィリピンの南部ミンダナオ島に「戒厳令」が出された。過激派組織「イスラム国」に忠誠を誓うフィリピンの武装組織「マウテグループ」と治安部隊との間で戦闘が激化しているからだ。報道によると、マラウイ市の一部が武装組織側に占拠され、市民が人質として拘束されているらしい。フィリピンのドゥテルテ大統領は現地に乗り込んで“戒厳令を発令”、武装組織に対しては令状なしに捕まえられる特権を与えた。ただ強面で知られるドゥテルテ大統領だが“イスラム系過激派組織”には警戒心を強めていて、現地にシリアやインドネシアやマレーシアからイスラム過激派たちが続々集結しているので簡単には制圧できないとの認識を示した。実は、現在、本拠地では劣勢が伝えられるイスラム国だが、壊滅の方向に向かっているわけではなく、世界各地へ拠点を分散しようとしている形跡も窺われる。中でも、アジア最大の拠点にしようともくろんでいる可能性が強いのがミンダナオ島なのだ。なぜかというと、フィリピンは基本“キリスト教国”でありながら治安が良くない。彼らは明らかな“キリスト教国”に狙いを定めている。だから、イギリスやフランスが何回も狙われるのだ。次に、その周辺に“イスラム教国”が存在していること、これが重要なのだ。フィリピンの場合、インドネシアとか、マレーシアとか、イスラム教国と言っていい国が近隣にある。だから“新たな拠点”として使いやすいのだ。インドネシアやマレーシアは、本来は過激なイスラム教ではない。けれどもイスラム教国なので、過激派が紛れて生活していても目立たない。或る意味、知らず知らずのうちに“過激派集団”をかくまっている可能性すらもある。フィリピンを拠点にすれば、やがてはアジア全域に“イスラム原理主義”を普及させることが出来るかもしれない。それこそ、彼らの究極の目的なのだ。そういう意味では近年、経済的な発展が著しいマレーシアやインドネシアから多数の観光客が日本に訪れているが、その中に“過激派組織の人間”が紛れ込んでいる可能性もないとは言えない。罪もない市民を巻き込む“悪い奴ら”を、やすやすと日本に上陸させてはならない。


最近の記事はこちら

「聖なる殺人もする」思想教育の恐ろしさ

最近、日本ではあまり「IS(イスラム国)」のことがニュースで取り上げられなくなった。けれども、刻々と情勢は変化し、5月28日早朝のロシア爆撃機スホイ34、戦闘機スホイ35の空襲で「IS(イスラム国)」…続きを読む

「神様」と「運命」

時々「神様」や「運命」は平等だろうか…と考える。正直、どちらも平等だとは思わない。私は大昔、ラジオの深夜放送をよく聴いていて、時々その番組のパーソナリティー宛に、ちょっとした詩やエッセイや物語の混ぜこ…続きを読む

「地球は生きてるんだ!」と、噴火は続く

今年4月、またまた「西之島」が再噴火した。2013年11月に噴火を始めて、2015年11月にいったん沈静化、これで収まるのかと思いきや、2017年4月に再噴火、現在も噴火継続中であり、島は少しづつ大き…続きを読む

「宝石」には“念”が宿っている

大昔、王侯貴族は好んで宝石を身に付けた。その典型がツタンカーメン像だ。彼らは、もちろん、宝石に光り輝く財宝としての価値を見出していたからだが、それだけで常に身に付けていたわけではない。古代において、宝…続きを読む

子供たちが“女性となった”「父」を祝福する?

世の中、最近、面倒になってきている。「父の日」は、性転換して女性となった父親にも“その権利?”があるらしい。海外の話題だが、性転換して女性となった父親が、二人の娘たちから「父の日」を祝福されている写真…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.