今日の迷言・余言・禁言

狙われたミンダナオ島

6月17日、フィリピンの南部ミンダナオ島に「戒厳令」が出された。過激派組織「イスラム国」に忠誠を誓うフィリピンの武装組織「マウテグループ」と治安部隊との間で戦闘が激化しているからだ。報道によると、マラウイ市の一部が武装組織側に占拠され、市民が人質として拘束されているらしい。フィリピンのドゥテルテ大統領は現地に乗り込んで“戒厳令を発令”、武装組織に対しては令状なしに捕まえられる特権を与えた。ただ強面で知られるドゥテルテ大統領だが“イスラム系過激派組織”には警戒心を強めていて、現地にシリアやインドネシアやマレーシアからイスラム過激派たちが続々集結しているので簡単には制圧できないとの認識を示した。実は、現在、本拠地では劣勢が伝えられるイスラム国だが、壊滅の方向に向かっているわけではなく、世界各地へ拠点を分散しようとしている形跡も窺われる。中でも、アジア最大の拠点にしようともくろんでいる可能性が強いのがミンダナオ島なのだ。なぜかというと、フィリピンは基本“キリスト教国”でありながら治安が良くない。彼らは明らかな“キリスト教国”に狙いを定めている。だから、イギリスやフランスが何回も狙われるのだ。次に、その周辺に“イスラム教国”が存在していること、これが重要なのだ。フィリピンの場合、インドネシアとか、マレーシアとか、イスラム教国と言っていい国が近隣にある。だから“新たな拠点”として使いやすいのだ。インドネシアやマレーシアは、本来は過激なイスラム教ではない。けれどもイスラム教国なので、過激派が紛れて生活していても目立たない。或る意味、知らず知らずのうちに“過激派集団”をかくまっている可能性すらもある。フィリピンを拠点にすれば、やがてはアジア全域に“イスラム原理主義”を普及させることが出来るかもしれない。それこそ、彼らの究極の目的なのだ。そういう意味では近年、経済的な発展が著しいマレーシアやインドネシアから多数の観光客が日本に訪れているが、その中に“過激派組織の人間”が紛れ込んでいる可能性もないとは言えない。罪もない市民を巻き込む“悪い奴ら”を、やすやすと日本に上陸させてはならない。


最近の記事はこちら

「500年の寺院」と一体化したホテルが誕生

どのホテルに泊まるかによって、旅の想い出は大きく変わってくる。せっかく京都に泊まるなら、“京都らしいホテル”が良いに決まっている。そこで、おススメなのが9月28日から開業する三井ガーデンホテルだ。一見…続きを読む

占星学による「死」の予兆

人間にはさまざまな“生き方”がある。それらを批判することは簡単だが、それらから“学ぶ”ことの方が人生には役立つ。昨日、タレントの岸部四郎氏(71歳)が今年8月28日に心不全で亡くなっていたことが公表さ…続きを読む

現存する世界最古(⁉)「金箔天文図」公開

何となく「金箔天文図」などと言うと“妖しく”聴こえて良い。実際に金箔を貼り付けた天文図なのだから「金箔天文図」であるのは間違いがない。そして、現存する天文図としては一応“世界最古”であることも事実だ。…続きを読む

「ノーベル平和賞」って“何”だろう

「世の中」には、“わからないこと”というのがいろいろとある。「ノーベル平和賞」という「賞」もその一つだ。まず、科学的な「賞」と違って、その根拠というのが今一つ解かりにくい。例えば今年度の「ノーベル平和…続きを読む

「波木星龍インタビュー記事」は誰に役立つ⁉

時々よく解からない取材や問い合わせが来る。私に対する“インタビュー取材”も、そういう“わからないこと”の一つだ。過日も別々の電話占いの会社から“取材”を受け、それが記事としてまとめられた。その一つは「…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.