今日の迷言・余言・禁言

玉木宏には「帰る家」があった⁉

私はあまりTVドラマを見る方ではない。けれども、たまに見て“引き摺り込まれる”ことがある。金曜ドラマ「あなたには帰る家がある」がまさにそうだった。このドラマは要するに“W不倫”を扱った話だが、奇妙なほどのおかしさとリアリティがある。メインとして登場する俳優は4人。玉木宏、木村多江、ユースケ・サンタマリア、中谷美紀―というメンバーなのだが、そのメインである玉木宏氏が昨日、6月26日に同じく俳優の木南晴夏氏と“結婚”というニュースが飛び込んできた。それで、これを書く気になったのだ。つまり、玉木氏には「帰る家」があったということを知ったからだ。ところで、このドラマの何が私を“惹きつけた”のかと言えば、“不倫妻”を演じる木村多江氏の演技に惚れ込んだからである。まあ、常識的に見ればストーカー的な「とんでもない女性」なのだが、それをまるで本人ではないかと錯覚させるほどの名演技で表現している。夫を演じるユースケ・サンタマリア氏の演技も素晴らしい。この人、どうして“こういう名前”なのか分からないのだが、こういう“癖のある人物”をやらせたら最高に良い。そして、玉木宏氏の“模範的”ともいうべき“気弱なサラリーマン”も最高に良い。それをリードしている“強い妻”役の中谷美紀氏も素晴らしい。要するに四人共、見事に“嵌まっている”のだ。だから偶然の出逢いが多すぎても、それほど“違和感”を抱かない。最初は、すぐに終わってしまいそうな展開だったが、意外なほど長く引っ張って、飽きさせない。本当は、もっともっと引っ張って木村多江氏の“名演技”を見続けたいのだが、今週で終わってしまうらしい。ぜひ、この“続編”でも良いし、全然別物でも良いがユースケ氏&多江氏を組み合わせた“妖しいドラマ”をもっと見たい。


最近の記事はこちら

インディオが怖れる「黒い雨」が降る

太古そのままに密林を伴って南米を流れているのがアマゾン川だ。南米の“母なる川”と言っていい。そのアマゾン川で“異変”が起こっている。森林火災が異常発生しているのだ。今年に入ってブラジルで発生した“森林…続きを読む

やがて「香港」は“廃墟”と化すのか⁉

私が最初に《飲み込まれていく「香港」》というタイトルで、その“危うさ”を書いたのは数年前だ。それから2018年1月15日には《台湾やマカオまで「一つの中国」と言われても…》と不吉な予兆について書いた。…続きを読む

“7度目”と“4度目”の「愛の終着駅」

日本人は他の人種に比べて「執念」というものが、それほど強くない。「和食」で“こってり”とか“とことん”とかいう表現はほとんど出て来ない。どちらかと言えば“あっさり”や“さっぱり”を好むのが日本人なのだ…続きを読む

「令和」が感じられない“即位記念切手”

意外に気付かないでいた10月からの“切手代値上げ”だが、それを気付かせる意味もあってのことなのかどうか知らないが、10月18日から「天皇陛下即位記念」の新たな切手が発行されることが公表された。昨日、そ…続きを読む

「風水家相」で大切なのは“基礎的な事実”

吉本興業の“闇営業問題”で謹慎処分になっていた芸人たちの多くが8月19日に「東京吉本」の舞台に立った。その中にはスリムクラブの内間政成氏の姿もあった。彼は妙な形で多くの同情を集めている。何度か5年前に…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.