今日の迷言・余言・禁言

玉木宏には「帰る家」があった⁉

私はあまりTVドラマを見る方ではない。けれども、たまに見て“引き摺り込まれる”ことがある。金曜ドラマ「あなたには帰る家がある」がまさにそうだった。このドラマは要するに“W不倫”を扱った話だが、奇妙なほどのおかしさとリアリティがある。メインとして登場する俳優は4人。玉木宏、木村多江、ユースケ・サンタマリア、中谷美紀―というメンバーなのだが、そのメインである玉木宏氏が昨日、6月26日に同じく俳優の木南晴夏氏と“結婚”というニュースが飛び込んできた。それで、これを書く気になったのだ。つまり、玉木氏には「帰る家」があったということを知ったからだ。ところで、このドラマの何が私を“惹きつけた”のかと言えば、“不倫妻”を演じる木村多江氏の演技に惚れ込んだからである。まあ、常識的に見ればストーカー的な「とんでもない女性」なのだが、それをまるで本人ではないかと錯覚させるほどの名演技で表現している。夫を演じるユースケ・サンタマリア氏の演技も素晴らしい。この人、どうして“こういう名前”なのか分からないのだが、こういう“癖のある人物”をやらせたら最高に良い。そして、玉木宏氏の“模範的”ともいうべき“気弱なサラリーマン”も最高に良い。それをリードしている“強い妻”役の中谷美紀氏も素晴らしい。要するに四人共、見事に“嵌まっている”のだ。だから偶然の出逢いが多すぎても、それほど“違和感”を抱かない。最初は、すぐに終わってしまいそうな展開だったが、意外なほど長く引っ張って、飽きさせない。本当は、もっともっと引っ張って木村多江氏の“名演技”を見続けたいのだが、今週で終わってしまうらしい。ぜひ、この“続編”でも良いし、全然別物でも良いがユースケ氏&多江氏を組み合わせた“妖しいドラマ”をもっと見たい。


最近の記事はこちら

ただ働きで借金⁉「連邦職員はつらいよ」

昨年末からアメリカの政府機関が閉鎖したままになっている。当然のことながら、そこで働く人たちに給与は出ていない。その数約80万人である。政府機関の中には仕事そのものも休止した状態で閉鎖されたままの部署も…続きを読む

「もう一つの学校」が必要な時代

中学校などの教育現場で今、深刻な状態を引き起こしているのが「隠れ不登校」の問題だ。病気とかイジメとか精神的な問題から「不登校」が生じてしまうことはしばしば耳にする。学校側が定義する「不登校児」というの…続きを読む

「天使のはしご」で空を飛ぶ

ときどき神様はイタズラをする。神様というのはイタズラ好きなのだ。「天使のはしご」も、その一つなのに違いない。昨日、朝、東京上空には「天使のはしご」が降りた。私はその名称を知らなかった。重く垂れこめた雲…続きを読む

「深くて暗い川がある」商法の限界

このところ“嫌な告発事件”が続いている。「NGT48山口真帆」「純烈・友井雄亮」「YouTuberヒカル」こういった“時代の寵児”と、その周辺で巻き起こった出来事が“告発”という形で次々と表に出て来て…続きを読む

ジョンベネ事件とドンファン事件の結末

愛くるしい笑顔で“美少女コンテスト”の動画が何度も流されたジョンベネ・ラムジーちゃんが殺害されて22年が経った。アメリカ有数の大富豪の美少女がクリスマスに殺害されたということで世界中の注目を集めた。外…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.