四柱推命の源流

「東洋占術の王道」とも言われる四柱推命ですが、その原初の姿から現在に至る種々な研究までを本当に正しく認識している占術家はほとんどおりません。 そこで、原初からの中国系占術が誕生し、変遷していく真実の姿を皆さんに公開しようとするものです。

王朝交替説として登場した五行理論

肉眼観察可能な「古代の七惑星」に対する星神思想がもたらした「陰陽」「五行」という概念は、けれどもすぐに現代のような陰陽・五行理論に発展したわけではありません。

私の主張するように「陰・陽」=「太陰(月光)・太陽(陽光)」として捉えた場合、当然、自然界のあらゆるものが陰と陽とに分けられることになります。たとえば男女を陰陽に分類する場合、当然、その性器が「陰唇」とも呼ばれて、日蔭(ひかげ)に隠れる女性は「陰」となり、その性器が「陽根」とも呼ばれて、日向(ひなた)にさらされる男性は「陽」となります。

陰陽理論で注目すべきは「陰極まれば陽となり、陽極まれば陰となる」という転換作用の理論です。これは、そのまま「冬至」の陽光(日照時間)最短から、「夏至」の陽光(日照時間)最長へと切り替わっていく現象・変化を、そのまま言い表したものと捉えることが出来ます。もちろん、1日の内でも、真夜中12時は「陰」の極点であり、真昼の12時は「陽」の極点となります。

その結果、

  • 「木」(木星=歳星=蒼龍)は東方位、四季は「春季(2月4日~4月17日)」、黄経315度~27度。
  • 「火」(火星=螢惑=朱雀)は南方位、四季は「夏季(5月6日~7月19日)」、黄経45度~117度。
  • 「土」(土星=填星=麒麟)は主として南西方位、四季は「土用期間(1月18日~2月3日・4月18日~5月5日・7月20日~8月7日・10月20日~11月7日)」、四立前18度間×4=72度間。
  • 「金」(金星=太白=白虎)は西方位、四季「秋季(8月8日~10月19日)」、黄経135度~207度。
  • 「水」(水星=辰星=玄武)は北方位、四季「冬季(11月8日~1月17日)」、黄経225度~297度。

と、定められたのです。

五行それぞれの性質は、

  • 春に位置している「木」は、その代表的な季節現象として「草木の茂り」があり、それゆえ「樹木」と「草花」が、その実態として与えられます。
  • 夏に位置している「火」は、その代表的な季節現象として「燃えるような日輪」があり、それゆえ「太陽」と「灯火」が、その実態として与えられます。
  • 四季の土用に位置している「土」は、その代表的な季節現象として「田園や山並みの景観変化」があり、それゆえ「山岳」と「田園」が、その実態として当てはめられます。
  • 秋に位置している「金」は、その代表的な季節現象として「農作物の収穫」があり、その「収穫に用いる刃物」から、「刀剣」と「金物」が、その実態として与えられます。
  • 冬に位置している「水」は、その代表的な季節現象として「冷たい氷雪」があり、それゆえ「河海」と「雨露」が、その実態として当てはめられます。

これらを図表としてまとめると【1図】のようになります。

陰陽・五行と七惑星(図解1)

次に、それぞれホームグラウンドを持つ五惑星を、より「五つの行(めぐ)り」として、法則化する手段として、中国における戦国時代(今から約2800年前~2300年前)末期に登場したのが「五行相勝の理論」です。この文字を見て、中国占術に精通されている方は「五行相生」の間違いではないかと思われるかもしれませんが、そうではありません。実は、五行理論には「五行生成理論」と「五行相生理論」と「五行相剋理論」があるのです。そして、その「相剋理論」の初期の名称が「相勝理論」なのです。なぜ、この名称に拘るのかというと、この「相勝理論」は、元々「王朝交替理論」として登場しているからです。

これについて理解するためには、古代中国における「天人相関説」を把握していなければなりません。天人相関説とは、「天上星神世界」=「地上人間世界」(天空上の神々の世界で起こるもろもろの出来事は、そのまま地上の人間世界としての中国王朝世界に反映される)…という考え方です。したがって戦乱の世において、次の王朝を打ち立てるにふさわしい者は、自然界における次の「五行の徳」を備えた王者でなければならない―という説が唱えられたのです。

現代の日本人にはなかなか理解し難い「徳」という存在が、すべてに勝って「王」としての資質を定め、勝者を導く、という考え方です。そのための理論として登場したのが「五行相勝の理論」なのです。

具体的には、中国最古の王朝である「夏(か)王朝」を「木の王朝」として捉え、続く「商(しょう)王朝」(一般的名称では「殷(いん)王朝」)を「金の王朝」として捉え、それに続く「周(しゅう)王朝」を「火の王朝」として捉えていました。そして、その火の王朝を打破する王者は「水の徳を備えていなければならない」という理論なのです。

ここで初めて実態を伴った自然界における「五行相勝理論」が展開されるのです。

つまり、

  • 刀剣である金」は「樹木である木」を根元から切り倒して勝ち、
  • 炎上する火」は、その熱により「刀剣である金」を溶かして勝ち、
  • 大河である水」は「炎上する火」に浴びせれば消失させるので勝ち、
  • 土塀となる土」は「大河である水」を堰き止められるので勝ち、
  • 樹木である木」は「地中である土」を根として突き進むので勝ち、

それぞれが、強さと、弱さの中で、相勝していくのが自然界だ、というのです。秦の始皇帝(肖像画)

事実上、「火の王朝」である周王朝がすでに崩壊していた戦国時代にあって、次に王朝を打ち立てる者が誰になるのかは、予断を許さない状況下にあったのです。そういう中で登場した「五行相勝理論」に基づく大胆な仮説は、大衆の支持を集める説得力を持っていたようです。実際に次の覇権を握った秦の始皇帝は、自らを「水の徳を備えた王者」として位置付けているからです。

「水の王朝」となった「秦(しん)王朝」では、新たに「せんぎょく暦=秦暦」を採用しています。この暦の特徴は、「水」の支配期間である「立冬」を歳首(としはじめ)とする10月から1年をスタートさせていることです。ちなみに、10月を歳首としているのは、中国の長い歴史の中でも秦の始皇帝の時代のみです。肖像画に描かれた秦の始皇帝は、常に黒の衣裳を身に付けています。それは「黒」が「水」の色として、自らを「水の徳のある王」として描かせようとした表れのようです。


最近の記事はこちら

推命学研究の異説について ―その2・蔵干―

「四柱(子平)推命」という占術は、元々“異説”が多いのですが、その中でも多くの異説にあふれているのが「蔵干」と呼ばれているものに関する異説です。「蔵干(ぞうかん)」に対しては、すでに“vol.9”の記…続きを読む

推命学研究の異説について ―その1・暦―

四柱(子平)推命を始めとして、東洋系の推命学占術の根底にあるのは「干支暦法」です。ところが、この干支暦という暦は、必ずしもすべての占い師が同一の暦区分を用いているわけではありません。しかも、占術の種類…続きを読む

鬼谷子算命学と四柱(子平)推命学との間

鬼谷子算命学(通称「算命学」)と呼ばれる「推命学」の一分派があります。「四柱推命」を主とする広義の推命学分野には種々の分派があるので、その内の一つが「鬼谷子算命学」であると見ることはできます。ただ日本…続きを読む

四柱推命と星平会海が共有している星たち

現代の四柱推命は、実に多くの流派(門派)・研究者によるさまざまな観方・判断の仕方に彩られています。けれども、そのどの流儀に属するにしろ、その源となっているのは中国の徐子平・萬民英・劉伯温など宋代~明代…続きを読む

「3日=1年」大運法と、 同じ発想だった「1日=1年」進運法

四柱(子平)推命について少しでも知識のある方であれば、「大運法」と呼ぶ10年間ごとの運気の流れを予知する「仮想進運法」が存在することを知っているでしょう。流派によっては「10年間ごと」に統一していない…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.