今日の迷言・余言・禁言

現代と変わらぬ「4400年前」の生活

「月」に行って生活するとか「火星」に移住して生活するとか、SF的な要素の強い“未来物語”のために労力や財産を使っている人たちがいる。その一方で、古代の探索に能力や財力をつぎ込んでいる人たちもいる。先日、エジプト考古省から新たなる遺跡の発見が公表された。近年、地味ではあるが、エジプトでは次々と新しい遺跡が発掘されている。あまり大きなニュースにならないのは「新たな王墓」ではないからだ。今回も、王墓ではないが王の側近として仕えた「高位聖職者の墓」であることは確実だった。古代エジプトの第5王朝第3代ネフェリルカラー王(4400年以上前)に仕えた聖職者である。これまでに発掘された墓と違うのは、大変に保存状態が良く、24体の彫像も傷ついたり、ひび割れたりしていないことだ。内部のレリーフも当時のまま彩色が遺されている。エジプトでは最近、発見が続いていて、11月にも6000年前の石棺が発見されたばかりだ。6000年前とか、4400年前とか言えば、日本ではまだ縄文式土器がつくられていた時代で、古代文明と言えるほどの生活様式にはなっていない。ところが古代エジプトでは、既に今日の日本とさして変わらないような生活が始まっていたのだ。例えば、王家の子供たちは学校で厳しく指導されて文字を覚え、ゲームに熱中した。王家の女性達はアイシャドウを塗り、耳にピアスを着け、指先には金のネイル、首にはネックレスを巻いた。透き通るドレスを纏い、舞台の歌や踊りを見ながら、ビールやワインを飲んだ。なんという“優雅な生活”であったことか。しかも、古代エジプトでは既に“同性愛が盛んだった”という衝撃的な報告もある。「今の若い者たちは…」という表現は、古代エジプトの次の時代、古代ギリシャの物語の中で登場している。結局、人というのは何千年前でも、おそらく何千年後でも、基本的には変わらないのだ。時代が進んだからといって“悩み”が無くなるわけではない。そういう点から言えば、古代エジプトは3000年間にわたって続いた驚異の王朝である。一時的には他国の王に支配された時期もあるが、その間もずっと“同じ文明様式”を維持した。太陽を主神とし、八百万の神々を祀る点でも日本とは共通性が多い。繁栄に満ちた長寿国を目指すなら、古代エジプト王国に学ぶのが一番なのだ。


最近の記事はこちら

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”…続きを読む

2021年「恋愛運アップ」“顔相占い”を公開

私は本来あまり自分の“占い公開”予告は好きではないが、今回「ココロニ」サイト側から依頼され執筆・公開したのは、なかなか“ユニークな占いの形”なので、一応、宣伝しておきたい。一言で言えば「2021年の恋…続きを読む

「仮想通貨」と「デジタル通貨」の境界線

最近、世界的に株価が上昇していて、その方にマスコミなどは注目しがちだが、もう一つ忘れてならないのは、かつて「仮想通貨」と呼ばれた「ビットコイン」が再び急上昇していることだ。ビットコインは一時的に急騰し…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.