今日の迷言・余言・禁言

“現代のヒトラー”を支持するフィリピン

「フィリピン」という国家はアジアでは珍しく、そのほとんどがキリスト教徒である。ところが、そのキリスト教国で“強権政治”を発動しているのが「現代のヒトラー」を自認するドゥテルテ大統領だ。“麻薬撲滅運動”のためなら手段を択ばない。容疑者は“その場で殺して良い”という指示を与えているのだから、欧米の人権団体から問題視されるのも無理はない。ところが、ドゥテルテ氏自身もダバオ市長時代に“容疑者を毎日射殺した”とビジネスマン向けの公演で語り始めた。警官たちに対して「私に出来て君たちに出来ないはずがない」と大型バイクを乗り回し、犯罪多発地域の深夜のケンカを見つけては容疑者たちを容赦なく殺害したという。単に命令を下しただけでなく、自ら銃口を向けていたのだ。その市長時代の手法をそのまま用いているのが、現在の“麻薬撲滅作戦”なのだ。けれども“一つの市”を取り締まるのと“一つの国”を取り締まるのとでは訳が違う。現在、あまりにも取り締まりが強引に過ぎてフィリピンの刑務所はどこも超過密状態にある。司法手続きを踏まない殺害が暗黙の了解を得ている状態となっている。ところが、そういう状態を分かっているのに、国民の大多数がドゥテルテ大統領を支持しているのだ。キリスト教徒たちは何故か“現代のヒトラー”を支持しているのである。ここが解らない。現在、世界は「ポピュリズム(大衆迎合主義)」と呼ばれる指導者たちが支持を集めている。国民の“願望”や“不安”や“恐れ”を利用する政治手法の指導者たちだ。正にドゥテルテ氏のやり方はそれなのだが、それにしても「殺人者」が大統領というのは、やがて“恐れていた事態”が生じなければよいが…と思うばかりである。


最近の記事はこちら

習近平&トランプ「暴露本」で、勝つのはどっち⁉

アメリカと中国の貿易戦争が“休戦中”の今、にわかに注目され出したのが「習近平氏の暴露本が出る」という話題だ。もちろん、中国ではなくてアメリカで出る。元々は2015年に香港の銅羅湾書店というところから出…続きを読む

眼が“斜め型”女性の「危険なアルバイト」

一般的な日本人にとって「爬虫類」は“怖い生き物”、或いは“気味の悪い生き物”の印象が強い。私は爬虫類でなくても動物は苦手だが、そういう“生き物”を怖がらない人たちもいる。彼女の場合も、おそらくそうであ…続きを読む

男性社員たちの「奇妙な追悼」の違和感

ときどき私には「理解不能」としか言いようのない出来事が“芸能界”では起こる。例えば過日亡くなった芸能事務所社長・ジャニー喜多川氏に対して、その所属していたタレントたち、要するに男性社員たちなのだが、そ…続きを読む

「優秀な外人」と「粗悪な外人」に挟まれながら…

昨日、今後の日本を考える上で貴重なデータが公表された。十年連続で人口減となったが、その比率は徐々に拡大している。つまり「少子化問題」は待ったなしなのだ。そこでというわけでもないのだろうが、外国人の比率…続きを読む

「アイドル」で“失ったもの”は、もう戻らない

「或る朝、眼が覚めると、僕は有名になっていた」とは詩人バイロンの言葉だが、似たような雰囲気で日本のアイドル達も誕生していく。それは或る意味で、夢見る少女たちにとって“シンデレラ物語”のように魅惑的であ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.