今日の迷言・余言・禁言

現存する世界最古(⁉)「金箔天文図」公開

何となく「金箔天文図」などと言うと“妖しく”聴こえて良い。実際に金箔を貼り付けた天文図なのだから「金箔天文図」であるのは間違いがない。そして、現存する天文図としては一応“世界最古”であることも事実だ。それは、そうなのだが、どうもスッキリとはしない。10月17日から一般公開されることが決まった「キトラ古墳」の石室天井石に描かれた天文図のことである。一つには、これが純粋に日本人が観測した成果としての天文図ではなく、おそらく中国の長安で西暦前60年頃か、或いは西暦300年頃か、そのどちらかの時に観測された天空上を基にした天文図であることである。つまり輸入品なのだ。しかも、実際の天文星座に比べると、あまり上出来とは言い難いのだ。もちろん、その時代に天井石に350個以上の金箔を貼り付けて作製したのだから、その価値は高く評価されるべきだし、多少違ってるとはいえ、70個以上の星座を特定していたことは素晴らしい努力の結晶だ。先頃「日本天文遺産」に選定されたのも、頷けないことはない。ところが、見栄えで言うと、この天文図は「もう一つの天文図」である「高松塚古墳」に比べると見劣りする。二つの古墳が、ほぼ同時代に作られたことに関しては多くの研究者の意見が一致している。ところが、それぞれの古墳に誰が葬られていたかについては大いに意見が分かれている。中国からの使者だという説もあれば、日本の天皇だという説もある。つまり、ふたりの重要な人物が次々亡くなったと考えられるが、似たような作りながら、その描かれている壁画は大きく違っている。特に「天文図」が異なるのだ。キトラ古墳の方は“実際の天空”を模したものであり、高松塚古墳の方は“呪術上の星座”とでもいうか、密教系で用いる“28宿星座”が整然と並べられている。つまり、実際の天空星座とは切り離した“呪術”或いは“占術”上の星座が用いられているのだ。そうして、高松塚古墳の方は壁画全般が断然に美しい。報道面でも、こちらの方が使われがちなのは画像として見栄えがするからだ。とにかく、現存する世界最古であることには違いない「金箔天文図」なのだ。


最近の記事はこちら

ピカピカの40年前に戻る「勇気」

女優の宮崎美子氏が自らの芸能生活“40周年”を記念して「カレンダー&フォトブックセット」を発売した。そして40年ぶりにカメラの前で“ビキニ姿”を公開している。ほぼ同時に「週刊現代」でも11ページにわた…続きを読む

「70代女性」の元気と「30代女性」の体力低下

日本には「スポーツ庁」と呼ばれるものがあって、そこが各世代別の体力や運動能力に関する調査報告を出した。それによると「東京オリンピック」が行われた1964年当時に比べて、令和の60代後半~70代の女性は…続きを読む

麻薬首領「ゴッドファーザー」は「前国防相」だった

あなたは「ゴッドファーザー」という名曲、或いは映画を知っているだろうか。知っているなら若くはない。とにかく私の大好きな映画音楽だった。もちろん、大ヒットした映画も「マフィア」を描いているのだが、それで…続きを読む

預金1000万が「宝の持ち腐れ」になる⁉

世の中に「心配性」の人は多い。心配性の人は、どんなに周りが「大丈夫」といったところで訊く耳を持たない。大体が“長期的未来”を考えすぎる。「未来」とか「将来」について考えることは悪いことではないが、せい…続きを読む

趣味を「仕事」にする魔法の方法

私が、もう40年以上も続けている習慣がある。いや50年近いのか。とにかく長続きしている習慣だ。それは朝に髪を洗うことで、俗にいう「朝シャン」である。考えてみると本当に長続きしている。何のことはない朝に…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.