今日の迷言・余言・禁言

理想と現実の接点

この時期、どの企業でもお店でも「新人さん」が目につく。多分、新卒で入社し、研修を終えて間もない「新しい顔」が、初めての現場で“新たな道”を歩み始めたのだ。その姿は、とても初々しい。彼ら、彼女らは、それぞれに“自分の扉”を探し当て、その扉を開いて、自らの足で“新たな道”を歩み始めたのだ。それがどのような仕事であれ、自分の“身の置き場”を得たことは、それだけで“学びを終えた姿”として評価できるものがある。そう、人は誰でも、まず学び、それから社会に出て“一人の大人として”働きだす。そういう過程を誰でも経ている。けれども、時として、その過程で躓くことがある。「学び」の最初“入学”段階で躓くこともあれば、その途中の“学習”段階で躓くこともあれば、最後の“卒業”段階で躓くこともある。次の「就職」段階で躓くこともあれば、実際の「仕事」段階で躓くこともある。一見、誰もが順調なスタートを切っているように見えても、実際には“もがき苦しんでいる人達”が多いのもこの時期なのだ。特に、学校や就職先の選択が迫っている人達にとっては「迷い」と「焦り」が出やすいのがこの時期かもしれない。ただ人生は長く、いくらでもやり直しがきく。この事実を“忘れてしまう”人たちが多い。「理想」と「現実」の間には“大きなへだたり”がある。みんなその“へだたり”の隙間の中で生きている。「理想」には手が届かなくて「現実」に這いつくばりながら、必死に生きているのがほとんどの人なのだ。


最近の記事はこちら

「慰安婦はアイドル」の訪日韓国人たち

韓国にも良識のある人はいる。その一人は世宗大教授の朴裕河(パク・ユハ)氏だ。彼は『帝国の慰安婦』を出版、その内容が慰安婦の方々の名誉を傷つけるとして起訴されたが、今年1月無罪となった。その朴氏だが、こ…続きを読む

「大富豪」と「ホームレス」だけ居住する街になる

世界で一番“お金持ち”が沢山暮らしている街はどこだろう? そう、ニューヨークだ。もちろん、東京ではない。それでは世界で一番“ホームレス”が多い街はどこだろう? 実は、これもニューヨークなのだ。つまり、…続きを読む

「病は気から」は本当だったが…

北大の村上教授を中心とする免疫学チームが「病は気から」のことわざを実証するデータを15日オンライン科学誌上で発表した。つまり、マウス実験により睡眠不足などの慢性的なストレスを与えて、それに神経細胞を攻…続きを読む

「心霊スポット」は避けたがるのが霊視者

人には“霊的存在”を見たり感じたりできる体質と、そうでない体質の人達がいる。そして実際には“そうでない体質”の人達が圧倒的に多い。したがって“見たり感じたりできる体質”を否定したり、逆に、羨ましがった…続きを読む

「三つの国」へのメッセージ

昨日、北朝鮮で拘束されていたカナダ人の牧師が解放された。なぜ解放されたのか、答えは簡単である。カナダが水面下で北朝鮮との交渉に応じて何かの交換条件を呑んだか、いくばくかの金銭を支払ったか、いずれかであ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.