今日の迷言・余言・禁言

生まれ変わっていた冥王星を証明?

太陽系の誕生初期に“冥王星が生まれ変わっていた”ことを東大などの研究チームが実験とシミュレーションから証明、このほど科学雑誌で公表した。それによると、冥王星の赤道付近にある“クジラ模様”は、太陽系が誕生して間もない頃に原始惑星同士が衝突した結果として生じたということを解明したのだそうだ。つまり、冥王星の大きな衛星カロンは、その衝突時に産れた子供星として存在していることになる。実は“そういう仮説”は前からあった。今回は、それを科学実験的に証明したということだ。そして、それは占星学にとっては中々有意義な証明なのだ。というのも、占星学においては冥王星は「生まれ変わりの星」ということになっていて“復活・再生”を意味する惑星とされてきた。天文学上では“準惑星”に降格されたが、占星学上では、その後も“復活・再生”の役割を演じ続けてきている貴重な星なのだ。占星術師の中には、準惑星に降格された冥王星に“もう用はない”と冷たくあしらっている方もいるが、とんでもない。実際に数多くのホロスコープを実占的に手掛けていれば、この惑星を外して“運命を読む”などということは無謀以外の何物でもない。それくらい“その現象が判然としている惑星”なのだ。われわれの生活の中でも、リサイクル事業は今や欠かせない。“再婚”や“再就職”や“再生医療”も欠かせない。それらを左右しているのが、この惑星なのだ。それにしても、どうして占星学では、最初から“生まれ変わりの星”と認識できたのだろう。よく占星学の教科書などでは、発見当時の“世の中の事象”を当て嵌めている…などと説明されるが、私には信じがたい。天王星は横倒しになって動いている“反逆者”だし、海王星は霧に包まれた“不透明な星”で、それら実際の天文学事象がそのまま“意味合い”として使用されていたと見る方が自然だからだ。神話世界など“偶然?”に一致していただけかもしれない。


最近の記事はこちら

「アップルウォッチ」が“殺人”を暴くか⁉

トルコ政府に近い地元紙「サババ」は13日、イスタンブールのサウジアラビア総領事館を10月2日に訪問して後、行方不明となっているサウジ人の新聞記者カショギ氏が、サウジアラビアから来た“暗殺集団”に激しく…続きを読む

なぜか『ムー』だけが残った

10月12日から都内で秘かに開催されているのが「創刊40周年・ムー展」である。1979年10月の創刊から正確に言うと来年で40周年になる。まあ1年前倒しでの“40周年記念イベント”らしい。創刊当時から…続きを読む

「中高生アイドル」の問題点

今年3月に自殺した松山市を拠点とする“農業アイドル”「愛の葉ガールズ」の大本萌景(ほのか)さん・享年16歳のご遺族が、娘が自殺したのは所属事務所社長のパワハラが原因として9200万円の訴訟を起こした。…続きを読む

「別件」が気になる「ミイラ取り捜査官」

時々、ニュースそのものよりも、その“関連事項”の方に惹きつけられることがある。札幌駅付近で10月10日に逮捕された成田順容疑者の「覚せい剤事件」もそうだ。実は彼は2008年4月から、ずっと“薬物捜査”…続きを読む

「福」をもたらすドロドロ鬼神

10月8日9日に沖縄の宮古島に行くと、あなたにもきっと「福」が授けられる。但し、少々汚くなるし、泥臭くもなるけど、その辺は我慢しなければならない。この島では毎年、国の重要無形民俗文化財にもなっている「…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.