今日の迷言・余言・禁言

“生まれ変わる旅”となるのか⁉

皇太子殿下の愛子さまが英国のイートン校へ半月ほどの予定で短期留学に旅立たれた。一時期、極端に痩せて心配されたが、今回の映像では元の“ふっくらした容姿”に変わっている。心身とも良好な印象を受ける。眞子さまの“婚約問題”等で、マスコミの注意がそれたことで精神的に解放された部分があるのかもしれない。現代は昔と異なり、皇室関係も少しづつオープンに変わりつつある。世界的な傾向でもあるので、日本だけ厳重警備でガードを固くしすぎるのも良くない。かといってマスコミが芸能人のごとくに“追い掛け回す”ことも問題が多い。どこまでなら許されるのかは“マスコミ協定”のようなものを作って配慮すべきと思う。芸能人、スポーツ選手、政治家などでもそうなのだが、マスコミは“弱いもの”には容赦なく飛びつくが、ガードの堅い所は“遠巻きに覗く”だけである。眞子さまの“婚約者”である小室圭氏は、マスコミから逃れる目的もあってかニューヨークへ飛んだ。眞子さまもブラジル訪問で、日本とは異なる“歓迎”を受けることだろう。宮内庁は「婚約者」の“表記”を大学側の記述から外させたが、お二人ともマスコミの“目が届かない海外”で、密かに愛を交換するに違いない。小室氏が将来、“国際弁護士”に転身できれば、一緒に海外で暮らすという方法もある。別に「納采の儀」など行わなくても、成人している二人なら海外挙式はできる。そういう“強硬手段”も胸に秘めながら、ブラジルの人達からの“熱狂的歓迎”を受けて、生まれ変わろうと思うに違いない。問題は“海の王子”の方で、海外で勉強するうちに、可愛い子から言い寄られて、そっちの方に“浮気心”が芽生えないかだ.もはや国内では“安らぎの場”を持たない皇室の人達は海外で心身を癒して、生まれ変わったように帰ってくるのが最良のような気がする。


最近の記事はこちら

「自由&平等」は「責任」の元に与えられる

何かが違う。そんな“違和感”をおぼえるのは私だけなのだろうか。全国各地の“同性カップル”が2月14日に国を相手取り“損害賠償”を求めて一斉提訴するというのだ。つまり、同性婚を認めないのは憲法が保障する…続きを読む

長寿「113歳の顔」の特徴

男性としては「現存する世界最高齢」と昨年ギネスで認定されたばかりの足寄町の野中正造氏が亡くなった。1905年7月25日生まれなので享年113歳だった。前日までは元気にしていたらしい。これこそ“大往生”…続きを読む

本人よりも詳しい「オタク」がいる⁉

最近はどういう分野でも“熱烈ファン”や“追っかけ”や“マニアックなオタク”がいる。そして、それらの人は、その人物のあらゆることを知っている。時には、その本人よりも“詳しく知っている”こともある。驚くべ…続きを読む

ホロスコープは「真実」を告げるか

私は、或る程度、どういうところでは何か書くか、何となくだが決めている。そして、ここでは基本的に「占い」を真正面から扱うことはほとんどしないのだが、今日は“どうでも良いニュース”が多かったので、たまには…続きを読む

「竜宮の遣い」出現は“幸運”?“災い”?

「リュウグウノツカイ(竜宮の遣い)」と呼ばれる“深海魚”をご存じだろうか。深海魚であるから、滅多なことでは姿を現さない。体長が3m以上ある太刀魚に似た体形の奇妙な魚類である。昨日、舞鶴市の沖合でこのリ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.