今日の迷言・余言・禁言

“生まれ変わる旅”となるのか⁉

皇太子殿下の愛子さまが英国のイートン校へ半月ほどの予定で短期留学に旅立たれた。一時期、極端に痩せて心配されたが、今回の映像では元の“ふっくらした容姿”に変わっている。心身とも良好な印象を受ける。眞子さまの“婚約問題”等で、マスコミの注意がそれたことで精神的に解放された部分があるのかもしれない。現代は昔と異なり、皇室関係も少しづつオープンに変わりつつある。世界的な傾向でもあるので、日本だけ厳重警備でガードを固くしすぎるのも良くない。かといってマスコミが芸能人のごとくに“追い掛け回す”ことも問題が多い。どこまでなら許されるのかは“マスコミ協定”のようなものを作って配慮すべきと思う。芸能人、スポーツ選手、政治家などでもそうなのだが、マスコミは“弱いもの”には容赦なく飛びつくが、ガードの堅い所は“遠巻きに覗く”だけである。眞子さまの“婚約者”である小室圭氏は、マスコミから逃れる目的もあってかニューヨークへ飛んだ。眞子さまもブラジル訪問で、日本とは異なる“歓迎”を受けることだろう。宮内庁は「婚約者」の“表記”を大学側の記述から外させたが、お二人ともマスコミの“目が届かない海外”で、密かに愛を交換するに違いない。小室氏が将来、“国際弁護士”に転身できれば、一緒に海外で暮らすという方法もある。別に「納采の儀」など行わなくても、成人している二人なら海外挙式はできる。そういう“強硬手段”も胸に秘めながら、ブラジルの人達からの“熱狂的歓迎”を受けて、生まれ変わろうと思うに違いない。問題は“海の王子”の方で、海外で勉強するうちに、可愛い子から言い寄られて、そっちの方に“浮気心”が芽生えないかだ.もはや国内では“安らぎの場”を持たない皇室の人達は海外で心身を癒して、生まれ変わったように帰ってくるのが最良のような気がする。


最近の記事はこちら

全盲でも「太平洋」をヨットで渡れる

今から6年前、冒険旅行に旅立ったはずのキャスター辛坊治郎氏は太平洋上でヨットが動かなくなって漂流し、自衛隊に救助されて終るという“お粗末な出来事”があった。私はニュース映像で何となく見ただけで、事件の…続きを読む

神の館で「心の衣裳」は剥ぎ取られていく

近代に入って世界的にじわじわと勢力を拡大しつつあるのが「イスラム教」という宗教である。一日5回の厳格な礼拝義務を課すこの宗教が、ITが普及した現代でも受け入れられているのは奇妙な気もするが、一つだけ“…続きを読む

「くじ」で決まった“落選”が覆される⁉

人には“運不運”というものが有る。その象徴ともいえるものが「くじ運」だ。もし「くじ」で“その職業”を失ったとしたら、あなたは黙っているだろうか。松浦千鶴子氏は黙っていなかった。昨日、選挙管理委員会に対…続きを読む

「悪い予感」が的中した話

書こうか書くまいか、私には珍しく迷った。けれども、もう20年も前のことなので“懺悔”的な意味も含めて書くことにした。先日、パリのノートルダム寺院が焼けたが、あの映像を見ていて、私には何故か20年前の“…続きを読む

“最悪三人組”が経営する「怖~い病院」

「類は友を呼ぶ」という言葉があるが、確かにそういう傾向はある。昨日、福岡県警に摘発された医師達などは正にその典型と言える。どういう仲間だったのかというと、まず一人目は院長で井上勉(61歳)。この人物は…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.