今日の迷言・余言・禁言

生命体「地球」としての“亀裂”

地震予知の一つとして、昔から伝えられているものに「地震雲」の存在がある。今回の熊本地震でも14日に撮影されたと思われる「地震雲」が、何枚かネット上で投稿されている。通常の雲とは違って、上空一直線に“亀裂が走ってでもいるかのような”形状に出現するのが「地震雲」だ。したがって、これは明らかに“地震を予告する雲”なのだが、その地域の上空にしか出ないことと、大地震の直前(早ければ3日前、遅ければ数時間前)でなければ出ないこと、実際に上空を観察していないと見逃しやすいこと、必ず出るという保証もないところから、公式には採用されることなく現在に至っている。けれども、学術的な“地震予知の専門家たち”が束になっても、何億という国家予算を投じても、今のとこと科学的予知が不可能に近い現状を見ると「地震雲」の研究に国家予算を投じるべきと思うのは、私だけなのであろうか。私は若い頃、ホロスコープから“予知が出来ないものか”といろいろデータを集めたが、残念ながら確かな手ごたえを見いだせなかった。実は2003年以降、急速にM6以上の大地震が増えている。世界的に見ると年間25回以上もある。今年は特に多い。日本時間の時系列で並べると2016年4月10日午後7時にアフガニスタン北東部M6.6の地震、4月13日午後11時にミャンマー中部M6.9の地震、4月14日にインドネシアのバヌアツM6.5の地震、4月14日午後9時に日本の熊本M6.5の地震、続く15日にM6.4、16日にM7.3と続く。さらに4月17日午前8時に南米エクアドルM7.8の地震…これら一連の地震の連鎖は何を物語るのか。無言で消えていく「地震雲」は何を予告しているのか。


最近の記事はこちら

日本が「告発社会」に変わっていく“怖さ”

昨日から今日にかけて、二つの“小さな出来事”がニュースとなった。その両方を読みながら、最近の日本が徐々に北朝鮮と同じような「告発社会」に変わりつつあるような気がして怖くなった。小さな出来事の一つは29…続きを読む

誰でも“身の丈に合った生活”が心地好い

大昔のアイドルで現在は女優の大場久美子氏が18日にブログを更新し、現在のサラリーマンの夫との“質素な生活”が「とても心地よくリラックスできる」と綴っている。もう少しで“還暦”を迎える今になって気付いた…続きを読む

「宗教」が世界の「平和」を奪っていく

サウジアラビアの記者がトルコの大使館内で殺害された事件は記憶に新しいが、政権批判はどの時代や地域においても“暗殺”の対象となる。特に、それが“宗教批判”とも密接に関わっている場合、その危険性がより高く…続きを読む

「過去は幻」なぜ「今」を信じなかった⁉

誰にでも「過去」はある。時には“触れてはならない過去”もある。日本でも年末になると、普段は「宝くじ」を購入しない人が、不意に思いついて“宝くじ売り場”に並んだりする。この人も、そういう人の一人だった。…続きを読む

「貿易戦争」が「仮想通貨」を上昇させる⁉

アメリカから第4弾の“制裁関税”が通告された14日から、中国の外務省はそれまでの「貿易摩擦」という表現をやめ「貿易戦争」という表現に切り替えた。このタイミングに合わせるかのように一気に暴騰したものがあ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.