今日の迷言・余言・禁言

生命線と「死」の選択

手相には「生命線」と呼ばれる線がある。そう呼ばれているだけで、本当にその線が「死」と直結しているのか、誰も知らない。ただ百歳以上の長寿の方々に、生命線がクッキリ長く大きく弧を描いている方が多いことは事実だ。けれども、その一方で生命線がっクッキリ描かれていても、30代や40代で亡くなってしまう方がいるのも事実だ。これを、どう考えれば良いのか、何故か手相家たちは沈黙する。私が興味深いのは、生命線を途中で障害線が強く横切っている場合、ほとんどの場合“死ぬような危険”を体験する。それは病気の場合もあれば、事故の場合もあれば、時に自殺とか殺害など特殊な場合もある。実際に、その時点で亡くなられてしまうこともあるが、運良く生き延びることもある。この“生き延びた”場合に、その後の生命線は、まるで“死ぬような時期”を忘れたかのように普通の生命線になる、ということである。つまり、決して、その後だから“ギリギリ生きていく”のではなく、多くの場合は“普通に健康体”として生きていく。それはまるで人間の物語の中で“生”と“死”というものが、そんなに特別なことではなくて、ごく“自然な通過点”にすぎないことを、教えようとしているかのようである。アメリカのカリフォルニア州では、昨年「終末選択肢法」と呼ぶ法律が可決された。不治の病を持つ方が、自分の意志で“死に至る薬物”を医師に請求できる権利だ。そして半年が経った。その結果、実際にその権利を利用した人が191人、そして自ら服用し、死に至った人が111人いたのだそうだ。ということは、残り80人は“いつでも死ねる”状態ではあるが、もう少しだけ“生きてみよう”としているに違いない。日本人はとかく“生命の尊厳”ということを切り札として、意図的な“死”を認めまいとする。ただ“いつでも死ねる”という想いが、生きることを楽にして、有意義な日々を過ごさせるかもしれないことに、気付くべきではないだろうか。


最近の記事はこちら

バブル期88年の「13連騰」に並んだが…

私は9月13日に「日本株反転の兆し」を予言し、9月28日に「日本株“長期上昇の形”は整った」と予言した。それらは不思議なほどに的中し、日経平均はバブル期真っただ中1998年2月の記録「13連騰」に並ん…続きを読む

聖心女子大卒同士の対決‼

世の中にはいろいろな対決がある。この二人は共に「夫の身代わり」である。そして共に「聖心女子大」という“お嬢様学校”を卒業している。そして「母親」でもある。そして一応「美人」に属する。そしてここからは私…続きを読む

「イスラム国」は滅んでも…

シリア民主軍が昨日、過激派組織IS(イスラム国)が「首都」と位置付けるシリア北部ラッカ全域の制圧に成功した。このところISには以前の勢いがなく、主要モスクも奪われ、首都も失ったことで、事実上の崩壊とな…続きを読む

セレブは“告発“より“パーティー”がお似合い

モデルで社長の鈴木亜子氏公式ブログに、笑顔でドレス姿の松居一代氏の姿が掲載された。NPO主催のパーティに出席した控室で鈴木氏とのツーショット写真だ。ちゃんと化粧して、ちゃんとドレスを着たタレントで投資…続きを読む

アメリカを襲う「ドクロ」の数々

米カリフォルニア州の山火事が強風にあおられ拡大している。既に40人以上が死亡し、200名以上が行方不明となっている。1万人以上の消防隊員が招集され、16か所から消火や鎮火の活動を行っているが、今のとこ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.