今日の迷言・余言・禁言

男は「ムチ打ち」、女は「断首刑」って…

世界で唯一女性の“自動車運転”を禁じていたサウジアラビアが、6月24日午前0時から正式にそれが解禁された。ここで多くの人は、サウジアラビアがこれまでずっと女性の自動車運転を禁じていたと考えがちだが、それは違う。実は1990年代までサウジアラビアでも女性で運転している人たちはいたのだ。その後になって“禁止法が制定”されたのである。歴史というのは面白いもので、時々こういう“時代逆行”のようなことが平然と行われる。自動車運転以外にも“おかしな法律”はたくさんあって、例えば親族男性以外とは口を利いてはならないとか、外出時は常にヒジャブで身体のラインを隠さなければならないとか、結婚して子供を持たないと“社会人”として認めないとか、もしも“婚外交渉”が発覚した場合は、男性は「ムチ打ち刑」でお終いなのに、女性は「断首刑(又は銃殺刑)」になるとか、もう滅茶苦茶なのだ。サルマン皇太子の“英断”だと女性達は悦んでいるが、実際にはまだまだ平等などではなく、自動車教習所の料金は“男性の5倍”もするそうだ。それでも「お金持ちの国」サウジアラビアでは今後600万人の女性達が免許を申請する予定だとのことである。さらに免許は与えたのだが、女性達の顔には「アバヤ」と呼ばれる“顔見せ禁止”の衣裳が被られたままである。もういい加減、こういう衣裳も止めた方が良いし、男女が“口を利けない制度”も廃止した方が良い。今回の法改正にしても、実は一部の法学者たちからは“強い反対”が出ていて、全ての人達が認めているわけでもない。この“頑固さ”をどう表現すれば良いのか。極めて稀に日本女性でアラブの国に嫁いでゆく女性たちがいる。果たして彼女たちは、がんじがらめのイスラム教の元で“わが祖国”の「ユルさ」を涙を流しながら懐かしむことはないのだろうか。


最近の記事はこちら

まじめな“親子”は一緒に“穴掘り”

周辺の人達や仕事関係者たちから一様に「まじめで親切」と評価されていた“親子”が殺人遺棄をした。おそらく息子が妻を殺して母親に打ち明け、母親がそれを隠そうとして自宅の庭に、二人で“死体を入れるための穴”…続きを読む

「カジノ」を“悪魔”という前に…

日本人の中には「カジノ」を“悪魔”呼ばわりする人たちがいる。ところが、そういう人たちでも「宝くじ」には何故か寛容で“夢を買う”などと言って、購入したりする。そこで、こういう話はどうだろう。中国では、基…続きを読む

共感できても支持できない表現

近年はすぐ誰がどう発言したかが拡散する。特に芸能人、政治家、文化人などの場合がそうである。ある意味で、それは“有名度”を測るバロメーター的な部分もある。そういう意味で影響力の強いホリエモンこと堀江貴文…続きを読む

「国産ウナギ」が“輸入物”に負ける?

今年は“暑い”らしい。他人事のようなことを言うのは、北海道に暮らしているからだが、それでもやっぱり真夏は暑い。そこで多くの食卓には「うなぎ」が登場する。今週7月20日は「土用の丑の日」。ところが、実際…続きを読む

「歴史」は創るものではなく、出来上がるもの

「貿易戦争」という言葉が一般化してきた。昨日、中国では“世界フォーラム”が開かれたが、その中で楊潔氏は「中国は貿易戦争を望まないが、恐れもしない」という表現で、アメリカとの対決姿勢を前面に打ち出した。…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.