今日の迷言・余言・禁言

男性が“美容”に群がるのは良いこと?

時々わからなくなる。若い男性たちが“就活セミナー”で熱心に受講しているのは“脂取りシートマスク”の使い方だというのだ。なんかおかしい。それって“就活セミナー”で教えるものなのか。しかも、男性たちに…。そう思うということは、私がいかに“昔の考え”を引き摺っているかを証明したようなものだが、でも、やっぱり、それは…と思ってしまう。近年は、まつげエクステとか、脱毛エステとか、そういうものにも関心が高いようだ。確かに面接官に対して、良い印象を与えることは大切かもしれない。営業や接客などの仕事なら、見た目も重要であることを否定はしない。ただ若い男性たちの誰もが、化粧品選びに熱心になるのは、何となく違うような気がするのだ。髪型にしろ、ファッションにしろ、化粧にしろ、このところ男女の違いというのが、だんだんなくなってきているよう感じられてならない。実際、最近の20歳前後の俳優やタレントを見ると、どっちが男性でどっちが女性なのか判別が難しいケースさえ出て来ている。俗にいう「イケメン」が多くなったのは良いことなのかもしれないが、世の中全体が“見た目重視”で物事を捉えるようになっていく風潮は決して好ましいことではない。事実、最近の映画やドラマは“見た目に美しい若手俳優”が沢山出て来るが、後々まで印象に残らない。その俳優が入れ替わったとしても、違和感を感じず見続けてしまうような気がするのだ。つまり“見た目に心地よい”俳優やタレントは、同じように“見た目に心地よい”俳優やタレントなら、その人でなくても良いのだ。それはおかしい。人間としての“個性”“雰囲気”“体臭”のようなものが感じられないなら、極端な話“ロボット”でも良いのだ。見た目に心地よいロボットを添えて置けばよい。もっとも、若い男女が“化粧品”や“エステ”等に関心を持つのは、それだけ我が国が“平和”だからである。今現在、戦争・内戦中の国や地域では美容やファッションに興味を持つことなど出来ない。経済危機が迫りつつある国でも興味は持てない。思想弾圧とか言論制圧のある国でも関心は呼ばない。要するに、平和で自由で一応の経済が保たれているから、そういうものに関心が向かうのだ。そう考えると、少しでも長くこのような風潮が続くことを願った方が良いような気もする。


最近の記事はこちら

まじめな“親子”は一緒に“穴掘り”

周辺の人達や仕事関係者たちから一様に「まじめで親切」と評価されていた“親子”が殺人遺棄をした。おそらく息子が妻を殺して母親に打ち明け、母親がそれを隠そうとして自宅の庭に、二人で“死体を入れるための穴”…続きを読む

「カジノ」を“悪魔”という前に…

日本人の中には「カジノ」を“悪魔”呼ばわりする人たちがいる。ところが、そういう人たちでも「宝くじ」には何故か寛容で“夢を買う”などと言って、購入したりする。そこで、こういう話はどうだろう。中国では、基…続きを読む

共感できても支持できない表現

近年はすぐ誰がどう発言したかが拡散する。特に芸能人、政治家、文化人などの場合がそうである。ある意味で、それは“有名度”を測るバロメーター的な部分もある。そういう意味で影響力の強いホリエモンこと堀江貴文…続きを読む

「国産ウナギ」が“輸入物”に負ける?

今年は“暑い”らしい。他人事のようなことを言うのは、北海道に暮らしているからだが、それでもやっぱり真夏は暑い。そこで多くの食卓には「うなぎ」が登場する。今週7月20日は「土用の丑の日」。ところが、実際…続きを読む

「歴史」は創るものではなく、出来上がるもの

「貿易戦争」という言葉が一般化してきた。昨日、中国では“世界フォーラム”が開かれたが、その中で楊潔氏は「中国は貿易戦争を望まないが、恐れもしない」という表現で、アメリカとの対決姿勢を前面に打ち出した。…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.