今日の迷言・余言・禁言

画数ではない「姓名」の不思議

以前から述べているように「姓名」の吉・凶は、多くの占い師が血眼になる“画数”にあるのではない。ただ“画数”はともかくとして、姓名が“個々の運命”に対して不可思議な作用を持っていることは事実で、その典型のようなケースが26日に公表された。それは三菱UFJファイナンシャル・グループの交代人事で、来年4月1日から現・社長が会長へと退き、新たに現・三菱UFJ銀行頭取である「三毛兼承(みけ・かねつぐ)」氏が、新たな社長として就くことになったからである。この人、なかなか“珍しい名前”をしている。パッと見だと、どこまでが“姓”で、どこからが“名”なのか判別しにくい。また読み方も「みけ・かねつぐ」とすんなり読みにくい。こういう名前は、だから最初は困惑するが、いったん憶えると忘れない。そこで本題なのだが「三毛」とは文字通り“三本の毛”であろう。もう少し言えば“三毛猫などのように異なった三色の毛”という原意となる。だが実際には、人間は毛の色が異なることはないので“三つの血統を引く”という解釈の方が真実に近いだろう。つまりは元々そういう家系なのに違いない。そして名の方は「かねつぐ」である。これは当て嵌める漢字を換えれば「金継」となって“金銭を扱う後継者”の意となる。彼は初代の社長ではなく、現社長から引き継ぎの社長である。現頭取という役職も、初代ではなく引き継いだ形で就任している。三菱UFJファイナンシャル・グループという企業は、当然グループ会社で元々は“東京三菱銀行”&“日本信託銀行”&“UFJホールディングス”という別々の銀行が一体化して出来上がった企業である。つまり“三つの血統”を引き継いで誕生した企業なのだ。もちろん、三毛氏は“三つの血統”を引き継ぐ企業に就職したわけではない。彼が役職に就くような時代になって変貌したのだ。そして、今回も、元々彼は社長と頭取を“兼務”していたわけではない。結果的になぜか来年4月からは“兼務する”形となった。そして名は「兼承(かねつぐ)」である。兼務することが義務付けられている名前だ。そして「承」には“継承”の意がある。つまり、彼は自らの後任に対しても、そういう形(兼務する形)を受け継がせることだろう。こうして“三つの血統”を引き継いで誕生した会社を、それも「金銭(かね)」を扱う会社を次期社長として“受け継ぎ”、さらに“頭取”と“社長”の二刀流を後任にも“受け継がせていく”役割として、まるで前世から備わっていたかのような形で、彼は誕生し、命名されたのだ。


最近の記事はこちら

神の館で「心の衣裳」は剥ぎ取られていく

近代に入って世界的にじわじわと勢力を拡大しつつあるのが「イスラム教」という宗教である。一日5回の厳格な礼拝義務を課すこの宗教が、ITが普及した現代でも受け入れられているのは奇妙な気もするが、一つだけ“…続きを読む

「くじ」で決まった“落選”が覆される⁉

人には“運不運”というものが有る。その象徴ともいえるものが「くじ運」だ。もし「くじ」で“その職業”を失ったとしたら、あなたは黙っているだろうか。松浦千鶴子氏は黙っていなかった。昨日、選挙管理委員会に対…続きを読む

「悪い予感」が的中した話

書こうか書くまいか、私には珍しく迷った。けれども、もう20年も前のことなので“懺悔”的な意味も含めて書くことにした。先日、パリのノートルダム寺院が焼けたが、あの映像を見ていて、私には何故か20年前の“…続きを読む

“最悪三人組”が経営する「怖~い病院」

「類は友を呼ぶ」という言葉があるが、確かにそういう傾向はある。昨日、福岡県警に摘発された医師達などは正にその典型と言える。どういう仲間だったのかというと、まず一人目は院長で井上勉(61歳)。この人物は…続きを読む

ジェドカラー「貴族の墓」は“大発見”の予兆か⁉

4月13日エジプトのサッカラで、今から4400年前のものとみられる「貴族の墓」が報道陣に公開された。古代エジプト王朝で言えば第5王朝の時代のもので、ギザの大ピラミッドで有名な「クフ王のピラミッド」から…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.