今日の迷言・余言・禁言

画数ではない「姓名」の不思議

以前から述べているように「姓名」の吉・凶は、多くの占い師が血眼になる“画数”にあるのではない。ただ“画数”はともかくとして、姓名が“個々の運命”に対して不可思議な作用を持っていることは事実で、その典型のようなケースが26日に公表された。それは三菱UFJファイナンシャル・グループの交代人事で、来年4月1日から現・社長が会長へと退き、新たに現・三菱UFJ銀行頭取である「三毛兼承(みけ・かねつぐ)」氏が、新たな社長として就くことになったからである。この人、なかなか“珍しい名前”をしている。パッと見だと、どこまでが“姓”で、どこからが“名”なのか判別しにくい。また読み方も「みけ・かねつぐ」とすんなり読みにくい。こういう名前は、だから最初は困惑するが、いったん憶えると忘れない。そこで本題なのだが「三毛」とは文字通り“三本の毛”であろう。もう少し言えば“三毛猫などのように異なった三色の毛”という原意となる。だが実際には、人間は毛の色が異なることはないので“三つの血統を引く”という解釈の方が真実に近いだろう。つまりは元々そういう家系なのに違いない。そして名の方は「かねつぐ」である。これは当て嵌める漢字を換えれば「金継」となって“金銭を扱う後継者”の意となる。彼は初代の社長ではなく、現社長から引き継ぎの社長である。現頭取という役職も、初代ではなく引き継いだ形で就任している。三菱UFJファイナンシャル・グループという企業は、当然グループ会社で元々は“東京三菱銀行”&“日本信託銀行”&“UFJホールディングス”という別々の銀行が一体化して出来上がった企業である。つまり“三つの血統”を引き継いで誕生した企業なのだ。もちろん、三毛氏は“三つの血統”を引き継ぐ企業に就職したわけではない。彼が役職に就くような時代になって変貌したのだ。そして、今回も、元々彼は社長と頭取を“兼務”していたわけではない。結果的になぜか来年4月からは“兼務する”形となった。そして名は「兼承(かねつぐ)」である。兼務することが義務付けられている名前だ。そして「承」には“継承”の意がある。つまり、彼は自らの後任に対しても、そういう形(兼務する形)を受け継がせることだろう。こうして“三つの血統”を引き継いで誕生した会社を、それも「金銭(かね)」を扱う会社を次期社長として“受け継ぎ”、さらに“頭取”と“社長”の二刀流を後任にも“受け継がせていく”役割として、まるで前世から備わっていたかのような形で、彼は誕生し、命名されたのだ。


最近の記事はこちら

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

「500年の寺院」と一体化したホテルが誕生

どのホテルに泊まるかによって、旅の想い出は大きく変わってくる。せっかく京都に泊まるなら、“京都らしいホテル”が良いに決まっている。そこで、おススメなのが9月28日から開業する三井ガーデンホテルだ。一見…続きを読む

占星学による「死」の予兆

人間にはさまざまな“生き方”がある。それらを批判することは簡単だが、それらから“学ぶ”ことの方が人生には役立つ。昨日、タレントの岸部四郎氏(71歳)が今年8月28日に心不全で亡くなっていたことが公表さ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.