今日の迷言・余言・禁言

“病んでいる”教師たち

私がまだ“生徒”だったころ、学校の先生というのは“尊敬すべき人達”だと思っていた。実際、そういう先生も何人かいた。ただ先生の中には極端に感情的になりやすいとか、えこひいきしてるなとか、すぐ暴力に訴えるとか、尊敬できない先生たちもいた。もう何十年も前のことだ。あれから月日が経って、今、学校の先生というのは試練に立たされているような気がする。よく“ブラック企業”が話題となるが、会社勤めではないので、そういう風に見なされていないだけで、実際には教師・教論の方達も、或る意味で過剰勤務を強いられていることは間違いがない。そういう中で、当然ストレスを抱えて問題を起こす教師も出て来る。昨日、大阪で自分の勤めていた幼稚園を“放火した”容疑で、その幼稚園の教師が逮捕された。防犯カメラの映像などから、段ボールなどに火をつけた直後、その教室に鍵をかけ帰宅する女教師の姿があった。彼女はたびたび幼稚園側から指導面での注意を受けていたらしい。一方、東京では、風俗店従業員に対して暴行し、所有していた現金入りバッグを奪った疑いで都立高校の教論が逮捕された。彼の不思議なところは、いったんその従業員に対して風俗料金の支払いを行い、女性側がバッグに仕舞いかけたところを見計らったように襲い掛かり、大怪我を負わせてバッグを奪い、現金26万円を奪ったという点である。とても高校教論のやる手口には思えない。はからずも、大阪と東京で男女の教師・教論が同日に逮捕された。一方は“放火未遂”であり、一方は“現金強奪”である。しかも、両方ともやり方としては稚拙で、指導する立場にある人達の犯罪としてはお粗末すぎる。明らかに現代の教師・教論は“病んでいる”のだ。実は逮捕には至っていないが、自ら務めていた小学校で、給食の食べ残しの“カビの生えたパン”や“古くなった牛乳”を無理やり食べさせていた女教師も報道された。う~ん、教師たちの何かが、何かが壊れ始めている。


最近の記事はこちら

「慰安婦はアイドル」の訪日韓国人たち

韓国にも良識のある人はいる。その一人は世宗大教授の朴裕河(パク・ユハ)氏だ。彼は『帝国の慰安婦』を出版、その内容が慰安婦の方々の名誉を傷つけるとして起訴されたが、今年1月無罪となった。その朴氏だが、こ…続きを読む

「大富豪」と「ホームレス」だけ居住する街になる

世界で一番“お金持ち”が沢山暮らしている街はどこだろう? そう、ニューヨークだ。もちろん、東京ではない。それでは世界で一番“ホームレス”が多い街はどこだろう? 実は、これもニューヨークなのだ。つまり、…続きを読む

「病は気から」は本当だったが…

北大の村上教授を中心とする免疫学チームが「病は気から」のことわざを実証するデータを15日オンライン科学誌上で発表した。つまり、マウス実験により睡眠不足などの慢性的なストレスを与えて、それに神経細胞を攻…続きを読む

「心霊スポット」は避けたがるのが霊視者

人には“霊的存在”を見たり感じたりできる体質と、そうでない体質の人達がいる。そして実際には“そうでない体質”の人達が圧倒的に多い。したがって“見たり感じたりできる体質”を否定したり、逆に、羨ましがった…続きを読む

「三つの国」へのメッセージ

昨日、北朝鮮で拘束されていたカナダ人の牧師が解放された。なぜ解放されたのか、答えは簡単である。カナダが水面下で北朝鮮との交渉に応じて何かの交換条件を呑んだか、いくばくかの金銭を支払ったか、いずれかであ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.