今日の迷言・余言・禁言

盛り上がらないこと必至「リモート五輪」開催⁉

最近「飲み会」とかを“リモートで行う”等という人達が増えてきた。「画面を見て乾杯」なんて、なんか寂しい気もするが、案外「そうではない」と主張する人たちもいる。普段なら、或いは一人でなら、なかなか足を踏み入れにくい場所へでも、リモートなら平気だからというのだ。確かに、飲食店などで、ふだん一人でだと、なかなか足を踏み込みにくい店はある。「会員制の店」などだと、誰かの紹介とかがないとは入れない。まあ、そうまでして入りたい店も、私の場合にはないが…。けれども、ふだん味わったことのない雰囲気を“覗き見たい”という心理はだれにだってある。そう考えると「リモート飲み会」というのも、一応“新しい形”とは言えそうだ。実は昨日、IOCの有力委員の一人であるピエールオリビア氏が“2020年夏”に延期された「東京五輪」について、実際に開催するかどうかの最終判断は「来年春になるだろう」と述べたらしい。来年夏に決まったものと思っていた私は、それを知って初めて「決まったわけではなかった」という事実を知った。もし、来年の夏が無理であった場合には「東京五輪」は無くなってしまう…と、それだけは決まっているらしい。そこでだ。どうせ、いろいろ用意はしたのだし、この際「リモート五輪」というのはどうだろう…と私は思うのだ。各国ごと、ささやかに開催して、東京から世界各国を中継で繋いで“時差”や“季節の違い”や“競技場の違い”など、それぞれを楽しみながら行う。元々オリンピック精神というものは、そういうものではなかったのか。「参加することに意義がある」と言っていたのは誰だ。今やオリンピックは完全に商業化され、何千個も“メダル”が用意され、参加することに“意義がある”のか疑問になっている。あまりにも競技数が多くなりすぎていて、“素朴な世界一”を争う大会ではなくなっている。誰もが「速い」と思う選手。誰もが「強い」と思う選手。誰もが「すごい」と思う能力。そういうもので十分ではないのか。0.01秒を争うなんて、ほんとうの速さや強さではない。ぶっちぎり、誰が見ても群を抜いている選手。それであれば世界中の称賛に値する。もはや、オリンピックは古代ギリシャの精神を失ったのだ。


最近の記事はこちら

「健康・余裕」の百歳なら良いのだが…

なんとなく北海道のニュースを眺めていて「敬老の日」に北海道だけで100歳以上のお年寄りが3867人もいると知って、その数の多さに驚いてしまった。昔は“百歳以上”というのは本当に稀で、文字通り「長寿」だ…続きを読む

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.