今日の迷言・余言・禁言

目的が変わった⁉「ドゥテルテの銃口」

今日11月24日、横浜で来日中のフィリピンのソル・ダウレ弁護士が講演する。その内容はかなり深刻だ。現フィリピン大統領であるドゥテルテ氏の「麻薬戦争」がおかしな方向へと進み始めていて、政府にとって都合の悪い農民たちが「理由なく殺され始めている」というものだ。そして、そのフィリピン政府の軍隊に資金援助している日本に、考え直してほしいという訴えなのだ。確かに、最近のドゥテルテ大統領は少し変だ。つい最近も“公共の場”において「電子タバコ」を喫煙した者は“現行犯逮捕する”という制度を、大統領令によって急きょ制定した。電子タバコのどこがいけないのか知らないが、そこは豪腕で強行していく。それよりも怖いのは「麻薬戦争」の名のもとに、麻薬の製造者も、密売人も、所有者も、その関係者も、有無を言わせず“殺害する”という手法だ。ソル・ダウレ弁護士によると「反論の機会さえ与えられず殺される」「無実であっても“怪しければ”殺される」という徹底ぶりのようだ。しかも、それは「農民が圧倒的に多い」という事実がある。どうして、農民が多いのかというと、農民の多くが“政府”に対して不満を持っているからだ。フィリピンは大昔スペインの植民地だった。その当時に施行された制度の一つ「大土地所有制」というのがあって、それがいまだに尾を引いている。多くの農民は5割以上の“年貢”を納めなければならない。歴代の大統領が、この制度を改善すると約束して当選するのだが、なしくずしに続いているらしい。実は、今回の来日も、本当はサトウキビ労働者の組合を率いるロザンデ事務局長と一緒に来るはずだったのだが、彼は直前に逮捕されてしまった。武器不法所持による逮捕のやり方は、最初に軍関係者が来て本人を調査し、その後警察が着て家宅捜索する、そうすると室内から銃が出てくる。本当かどうか知らないが、軍関係者が来た時、室内に“銃”を隠していくという。手品のような手法を用いるのだ。したがって、歯向かってきた人物は誰でも逮捕できる。ドゥテルテ大統領が就任した時、フィリピンの国民の多くは「麻薬撲滅」のスローガンに賛同した。けれども、いつの間にか、その銃口は“歯向かう者”に向けられるよう変わった。独裁者が国を支配する時、無実の「血」があちこちで飛び交うのだ。


最近の記事はこちら

「自営型」と「勤務型」の微妙な違い

人には元々「勤務する形での仕事形態」が合っている人と「独立自営する形での仕事形態」が合っている人とがいる。これは多分に“先天的なもの”で、もちろんどちらでも器用にこなせる人もいるが、大抵はどっちかの方…続きを読む

汚れ無き「日本人」&厚かましい「逃亡者」

今年は、いろいろな意味で「日本人」と「外国人」との“違い”を、さまざまなところから感じさせられた。その典型はカルロス・ゴーンという人物である。日産の元会長であり、ルノーの元会長でもあった人物だ。彼は現…続きを読む

習近平主席とトランプ大統領にも「冷却期間30日」を⁉

昨日、中国の全国人民代表大会において「民法典」が可決・成立した。その内容は、中国では夫婦間で「離婚届」を出そうとした場合、“30日間の冷却期間”を待たなければ受理されないよう法改正したもので、来年1月…続きを読む

「神秘思想」が“犯罪化”する時

大昔から変わっていないことの一つに、信仰とか、呪術とか、占いとか、心霊とか、特殊療法とか、精神世界とか、超能力とか……その人の“日常”とは切り離れたところに位置する「思想」は、徐々にカリスマ化され、い…続きを読む

「医療従事者」だけの“特別待遇”には疑問⁉

世間というのは、時として“一方向”を向きがちである。例えば「医療従事者」に対しての扱いだ。特に“新型コロナ関係”の医療従事者に対して、世間はここ数ヶ月“畏敬の念”を向けるようになった。そのこと自体は、…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.