今日の迷言・余言・禁言

目的が変わった⁉「ドゥテルテの銃口」

今日11月24日、横浜で来日中のフィリピンのソル・ダウレ弁護士が講演する。その内容はかなり深刻だ。現フィリピン大統領であるドゥテルテ氏の「麻薬戦争」がおかしな方向へと進み始めていて、政府にとって都合の悪い農民たちが「理由なく殺され始めている」というものだ。そして、そのフィリピン政府の軍隊に資金援助している日本に、考え直してほしいという訴えなのだ。確かに、最近のドゥテルテ大統領は少し変だ。つい最近も“公共の場”において「電子タバコ」を喫煙した者は“現行犯逮捕する”という制度を、大統領令によって急きょ制定した。電子タバコのどこがいけないのか知らないが、そこは豪腕で強行していく。それよりも怖いのは「麻薬戦争」の名のもとに、麻薬の製造者も、密売人も、所有者も、その関係者も、有無を言わせず“殺害する”という手法だ。ソル・ダウレ弁護士によると「反論の機会さえ与えられず殺される」「無実であっても“怪しければ”殺される」という徹底ぶりのようだ。しかも、それは「農民が圧倒的に多い」という事実がある。どうして、農民が多いのかというと、農民の多くが“政府”に対して不満を持っているからだ。フィリピンは大昔スペインの植民地だった。その当時に施行された制度の一つ「大土地所有制」というのがあって、それがいまだに尾を引いている。多くの農民は5割以上の“年貢”を納めなければならない。歴代の大統領が、この制度を改善すると約束して当選するのだが、なしくずしに続いているらしい。実は、今回の来日も、本当はサトウキビ労働者の組合を率いるロザンデ事務局長と一緒に来るはずだったのだが、彼は直前に逮捕されてしまった。武器不法所持による逮捕のやり方は、最初に軍関係者が来て本人を調査し、その後警察が着て家宅捜索する、そうすると室内から銃が出てくる。本当かどうか知らないが、軍関係者が来た時、室内に“銃”を隠していくという。手品のような手法を用いるのだ。したがって、歯向かってきた人物は誰でも逮捕できる。ドゥテルテ大統領が就任した時、フィリピンの国民の多くは「麻薬撲滅」のスローガンに賛同した。けれども、いつの間にか、その銃口は“歯向かう者”に向けられるよう変わった。独裁者が国を支配する時、無実の「血」があちこちで飛び交うのだ。


最近の記事はこちら

来るか「印鑑」が“不要”になる日

新政権になって河野太郎行革大臣が「ハンコ不要」に取り組みだしている。もちろん、これは役所の“行政手続き”に限ってのことで、一般社会にまで強制する“簡素化”ではない。ただ、これまで一番「ハンコ」にこだわ…続きを読む

元気があれば「脱獄トンネル」も掘れる⁉

人間には簡単に世をはかなんで自殺してしまう人もいるが、たとえ“死刑囚”になっても、せっせと「脱獄トンネル」を掘り続ける人もいる。しかも、彼の場合には、それが“初めて”ではなかった。2017年にも一度ト…続きを読む

「もう良いのでは…」と言いたい“極細ウエスト”

世の中、いろいろな分野で「世界一」を目指す人はいる。アメリカのジョージア州に住む1児の母サミー・ウィルソン氏(26歳)は2年前まで、お世辞にも“美しいプロポーション”とは言えなかった。体重が89㌔もあ…続きを読む

「健康・余裕」の百歳なら良いのだが…

なんとなく北海道のニュースを眺めていて「敬老の日」に北海道だけで100歳以上のお年寄りが3867人もいると知って、その数の多さに驚いてしまった。昔は“百歳以上”というのは本当に稀で、文字通り「長寿」だ…続きを読む

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.