今日の迷言・余言・禁言

相原勇に寄り切られ、曙フォール?

どうも昔から“格闘家”は女性に弱い。リングに上がれば無敵なのだが、女性にはころりと敗れる。そういう格闘家が多い。元横綱で格闘家の曙もそういう一人だ。なぜ、今頃になってなのかは知らないが、二週間ほど前にタレント相原勇さんとの“TV対決”の番組があった。二人は90年代後半、恋人宣言をしていたが、やがて破局した。その後二人とも結婚しているので、今更蒸し返すこともなさそうなものであるが、TV番組の中で20年ぶりの再会と互いの主張をぶつけ合った。かなりキワドイ対決で、互いの言い分が交錯し、途中で曙が席をけってしまう場面もあった。最期はスタッフの説得で何とか“一応の決着”を付けた格好だが、見ている側には“納得していない二人”の印象が残った。それにしても、女性の執念は恐ろしい。客観的に見ると、曙氏は“もう蒸し返さない”という約束を取り付けたくて、仕方なく応じた番組のように思えた。実際、この形を取ったことで、曙は“自由になれた”筈であった。ところが、どうも、そうではなかったようだ。妙なしこりが曙の方には残っていたようだ。4月11日の試合後、体調を崩し緊急入院となったが、それは試合そのものとはあまり関係がない。私には“相原勇さんとの対決”による後遺症が尾を引いているような気がする。実は同じようなことが過去にもある。曙氏は2012年8月に大仁田厚氏との電流爆破デスマッチを行っている。この時、彼は試合には勝利したのだが、その五日後、後遺症ともいうべき急性肺炎で入院しているのだ。つまり、後から影響が出やすいタイプなのだ。今回も、実際には相原勇さんとの対決で“心が深く傷つき”ダウン寸前だったに違いない。そういう中で体力を酷使したので、気が緩んだ途端、脆くも崩れたのだ。確かに真正面から直接“別れを宣言”していれば、今更こんなことにはならなかったに違いない。それにしても、どうして格闘家たちは総じて女性に弱いのだろう。


最近の記事はこちら

まじめな“親子”は一緒に“穴掘り”

周辺の人達や仕事関係者たちから一様に「まじめで親切」と評価されていた“親子”が殺人遺棄をした。おそらく息子が妻を殺して母親に打ち明け、母親がそれを隠そうとして自宅の庭に、二人で“死体を入れるための穴”…続きを読む

「カジノ」を“悪魔”という前に…

日本人の中には「カジノ」を“悪魔”呼ばわりする人たちがいる。ところが、そういう人たちでも「宝くじ」には何故か寛容で“夢を買う”などと言って、購入したりする。そこで、こういう話はどうだろう。中国では、基…続きを読む

共感できても支持できない表現

近年はすぐ誰がどう発言したかが拡散する。特に芸能人、政治家、文化人などの場合がそうである。ある意味で、それは“有名度”を測るバロメーター的な部分もある。そういう意味で影響力の強いホリエモンこと堀江貴文…続きを読む

「国産ウナギ」が“輸入物”に負ける?

今年は“暑い”らしい。他人事のようなことを言うのは、北海道に暮らしているからだが、それでもやっぱり真夏は暑い。そこで多くの食卓には「うなぎ」が登場する。今週7月20日は「土用の丑の日」。ところが、実際…続きを読む

「歴史」は創るものではなく、出来上がるもの

「貿易戦争」という言葉が一般化してきた。昨日、中国では“世界フォーラム”が開かれたが、その中で楊潔氏は「中国は貿易戦争を望まないが、恐れもしない」という表現で、アメリカとの対決姿勢を前面に打ち出した。…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.