今日の迷言・余言・禁言

相原勇に寄り切られ、曙フォール?

どうも昔から“格闘家”は女性に弱い。リングに上がれば無敵なのだが、女性にはころりと敗れる。そういう格闘家が多い。元横綱で格闘家の曙もそういう一人だ。なぜ、今頃になってなのかは知らないが、二週間ほど前にタレント相原勇さんとの“TV対決”の番組があった。二人は90年代後半、恋人宣言をしていたが、やがて破局した。その後二人とも結婚しているので、今更蒸し返すこともなさそうなものであるが、TV番組の中で20年ぶりの再会と互いの主張をぶつけ合った。かなりキワドイ対決で、互いの言い分が交錯し、途中で曙が席をけってしまう場面もあった。最期はスタッフの説得で何とか“一応の決着”を付けた格好だが、見ている側には“納得していない二人”の印象が残った。それにしても、女性の執念は恐ろしい。客観的に見ると、曙氏は“もう蒸し返さない”という約束を取り付けたくて、仕方なく応じた番組のように思えた。実際、この形を取ったことで、曙は“自由になれた”筈であった。ところが、どうも、そうではなかったようだ。妙なしこりが曙の方には残っていたようだ。4月11日の試合後、体調を崩し緊急入院となったが、それは試合そのものとはあまり関係がない。私には“相原勇さんとの対決”による後遺症が尾を引いているような気がする。実は同じようなことが過去にもある。曙氏は2012年8月に大仁田厚氏との電流爆破デスマッチを行っている。この時、彼は試合には勝利したのだが、その五日後、後遺症ともいうべき急性肺炎で入院しているのだ。つまり、後から影響が出やすいタイプなのだ。今回も、実際には相原勇さんとの対決で“心が深く傷つき”ダウン寸前だったに違いない。そういう中で体力を酷使したので、気が緩んだ途端、脆くも崩れたのだ。確かに真正面から直接“別れを宣言”していれば、今更こんなことにはならなかったに違いない。それにしても、どうして格闘家たちは総じて女性に弱いのだろう。


最近の記事はこちら

お遊びの「宝探し」を“神”は許さない

「宝探し」という言葉から、あなたは何を思い出すだろうか。海に沈んだ“財宝”、山奥に隠された“金塊”、埋葬された遺体と“黄金”、密林の向こうの“黄金遺跡”…いくつかのパターンやシーンが頭に浮かぶ。そうい…続きを読む

「ご要望がある限り…」という“名言”

「グラビアアイドル」という名称は、いったい誰が付けたのだろう。誰なのかはわからないが、よくよく考えると“奇妙な名称”である。だが、何となくは理解できる。そして実際に、そういう形で多くの女性達が“仕事”…続きを読む

「聖なる殺人もする」思想教育の恐ろしさ

最近、日本ではあまり「IS(イスラム国)」のことがニュースで取り上げられなくなった。けれども、刻々と情勢は変化し、5月28日早朝のロシア爆撃機スホイ34、戦闘機スホイ35の空襲で「IS(イスラム国)」…続きを読む

「神様」と「運命」

時々「神様」や「運命」は平等だろうか…と考える。正直、どちらも平等だとは思わない。私は大昔、ラジオの深夜放送をよく聴いていて、時々その番組のパーソナリティー宛に、ちょっとした詩やエッセイや物語の混ぜこ…続きを読む

「地球は生きてるんだ!」と、噴火は続く

今年4月、またまた「西之島」が再噴火した。2013年11月に噴火を始めて、2015年11月にいったん沈静化、これで収まるのかと思いきや、2017年4月に再噴火、現在も噴火継続中であり、島は少しづつ大き…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.