今日の迷言・余言・禁言

真夜中の“避難警報”が鳴る!

深夜12時頃、突如自宅マンションの“避難警報”が鳴りだし始めた。とにかく音が大きい。明らかに異常事態の音である。丁度、パトカーのサイレンと消防自動車のサイレンとを組み合わせたような“すさまじい音”が鳴るのだ。とても寝てなどいられない。慌てて飛び起き、私は瞬時に外出の用意をした。なんて素早い。私は昔から、日頃の動作はのろいが、緊急の時には素早く変わる不思議な体質を持っていた。妻の方を見ると、まだ下着姿でうろうろしている。しかも、どこかに電話までしている。こんなときに電話じゃないだろうと思うが、玄関のドアを開けて確かめると、何人かの声がしている。ただ、慌ただしいという雰囲気ではなかった。それで、妻の支度を待つ余裕が出来た。妻は「このマンションから出火しているって…」と教えてくれた。確認のため、消防署に電話したらしい。妻は病身でもあり、瞬時の身支度が難しい状態でもあるから、確認をとったのは正解かもしれない。何んとか身支度が出来たのでドアの外に出てみた。上の階の奥さんも出て来ていた。その奥さんによると火元は下の方の階らしい。エレベーターを待っていても来ないので、階段を歩いて降りることにする。これが大変。私のところは12階なので、階段だと時間が掛かるのだ。もし、火の回りが早かったなら、途中で降りれなくなってしまうのではないだろうか。問題の階の少し手前から“焼け焦げた臭い”が漂ってくる。確かに燃えているのだ。だが、その階まで下りた時、ドアの前に3人の消防士たちがいた。冷静である。思い切って訊いてみると「上の階の方たちは非難しなくて大丈夫です」と教えてくれた。ほっと一安心。それにしても“避難警報”のサイレンはけたたましい。


最近の記事はこちら

“車離れ”は「本当の先進国」になった証拠

“若者の車離れ”に歯止めが掛からない。それを何んとか防ごうと、19日、トヨタは新しく「GR」シリーズを発売すると発表した。スポーツカーブランドを一新することで、低迷が続く国内の自動車販売をテコ入れした…続きを読む

「生前継承」された7代目の“宗教”

先日、テレビで今も継承され続ける「カクレキリシタン」に関するドキュメンタリーが放映されていた。その中で印象的だったのは、現在の指導者が口にした“普通のキリスト教やカトリックとは違う”という発言だった。…続きを読む

甲冑姿の「サムライ」が刀を向ける

近年の歴史・時代物ブームで“古戦場跡”観光というものが盛り上がっている。それ自体は良いことなのだが、その“古戦場跡”の一つ「関ケ原」で全身甲冑姿の「サムライ」が、山頂に続く階段を登りきったところで待ち…続きを読む

「時代について行く」選択は正しいのか

毎日、そこかしこに情報があふれている。無意識にわれわれは、その情報の多くを吸収しながら生きている。それが「時代について行く」という“生き方”である。けれども、本当に、それが“幸福な生き方”なのかどうか…続きを読む

「ノーベル賞の卵」が“非正規雇用”で働く

山中伸弥氏と言えば、謂わずと知れた“ノーベール賞科学者”である。現在は京都大学の細胞研究所所長を務めている。そのHP上に「ご支援のお願い」が掲載された。彼によると、研究所で働く教職員の9割が“非正規雇…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.