今日の迷言・余言・禁言

“瞬時の判断”が命を救うこともある

われわれは人生の中で何度か“瞬時の判断”をしなければならないことがある。その“瞬時の判断”で、一人の命が救われることもあるが、同時に“二人の命”が失われてしまうこともある。近くの子供が川に流されたと知った時、あなたは瞬時にその川へと飛び込み助けに向かうだろうか。もちろん、誰もが“助けてあげたい”と思う。けれども、川の状態によっては自分も溺れてしまうのだ。或いは追いつけないかもしれない。こういう時、迷ったなら飛び込まない方が良い。実際、こういう形で何人もの大人が犠牲になっている。だから、泳ぎに自信があって、生命力に自信がある人だけが、その勇気を持つべきだ。子供の日に、大分県の大野川では「どんこ釣り大会」というのが行われる。近くに住む医師の宇野克彦氏は「子供が流れている」という叫びを耳にして、迷うことなく、その方向へと飛び込んだ。そして100mほど泳いで少年に辿り着き、その子を抱えるようにして岸へと向かった。こうして少年は無事救助された。私は大昔、一度は室蘭のイタンキ浜の崖っぷちで滑り落ちるところを救助され、もう一度は登別の地獄谷でこれまた滑り落ちるところを救助された。いずれも若い男性で、無言のまま去っていった。この医師にしても瞬時の救助で、少しでも迷いがあれば、少年に追いつけなかったことだろう。彼自身、このまま自分も溺れてしまうのではないか、という恐怖が一瞬過ぎったという。それでも、一人の命を救いえたのは、日頃から“命を救う仕事”をしているからなのか、それとも、その勇気を神が認めたからなのか、誰にも解からない。


最近の記事はこちら

「反則タックル」はプロレスで活かせ!

最近、スポーツ関係での「パワハラ」問題、行政関係での「セクハラ」問題などが報道されることが多い。どのような分野でも“行き過ぎ”“やり過ぎ”は問題なのだが、過度に神経質になって、何でもかんでも「パワハラ…続きを読む

「グランドクロス」を生きる人々

「ピーター」と呼ばれていた池畑慎之介氏がちょっとだけ“休業”し、もう「ピーター」の名は使わないらしい。これを「休業宣言」と受け止めて良いかは疑問だが、とにかく「休み」が欲しくなったのだな…ということだ…続きを読む

「ZOZO」は“世界”へ飛翔できるか

ファッション通販のショッピングサイトとして絶大な人気を誇る「ZOZOTOWN」を運営している株式会社スタートトゥディが6月26日の株主総会で社名変更を決議する。社名も「ZOZO」に変更・統一するという…続きを読む

「二刀流・松坂」が始まる

私が開幕前から予告していたように、中日の松坂大輔投手が「二刀流」で2勝目を挙げた。20日の試合で、その第2打席、第3打席で二打席連続のヒットを放ったのだ。「松坂大輔」といえば、もう“過去の人”だった。…続きを読む

子供を働かせる「アイドル商法」

週刊文春で今年3月21日に首を吊って自殺した愛媛の“農業アイドル”「愛の葉」主力メンバー大本萌景(おおもとほのか・享年16)さんの母親が、娘が自殺に至った経緯を詳細に語っている。それを読むと、これは明…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.