今日の迷言・余言・禁言

破たん寸前(?)「スルガ銀行」の闇

私が「スルガ銀行」の問題を取り上げたのは、2月9日だった。その当時、まだ「スルガ銀行」は世間的に“問題視”されていなかった。そういう中で《「スルガ銀行」が“毒リンゴ”を勧めた⁉》というタイトルで、シェアハウス「かぼちゃの馬車」を運営していたSD社が経営危機に陥っている問題の本質は、土台が無理なローンを通したスルガ銀行側にあることを指摘しておいた。案の定、後になって“不正融資の手口”が明らかになった。投資者の銀行通帳コピーが改ざんされていた。本来よりも二けた多く預金額があるよう見せかけたコピーが使用されていたのだ。しかも、それを暗黙に指示したのは銀行側だった。だから普通の会社員が1億円の物件を手に出来たのだ。そのスルガ銀行だが、5月に公表していた2018年3月期決算が修正される見通しとなった。前期比50%減と公表されていたものが、さらに大幅に減額される見通しだ。“投資用シェアハウス融資”以外にも“中古アパートの一棟融資”でも、同じような手口が使われていたことが明らかとなって来たからだ。何しろ、スルガ銀行は一般の個人を相手のとしての融資で伸びてきた銀行であった。法人比率が少なすぎるのだ。その個人への融資のほとんどが“疑惑付き”だったとすれば、銀行機能が成り立たなくなるのではないかという観方が浮上してきている。既に「かぼちゃの馬車」問題では、自殺者や自己破産者まで出ている。結局、最終的には「お金もないのに投資した本人が悪い」ということになってしまう。SD社のパンフレットには「頭金なしで投資ができ30年間家賃収入を保証」と謳って有ったのにだ。因みに「スルガ銀行」の社屋の看板というか、ロゴというか、社名表示の方法はなかなかにユニークだ。普通の銀行のように“硬い印象”の表記ではない。もしかすると「銀行」のような業種においては、通常の“硬い印象”の表記の方が、安全なのかもしれない。


最近の記事はこちら

通った高校の校舎裏で出産(?)

6月18日の午後3時55分頃、一人の生徒が校舎裏側の砂丘で“生き物らしきもの”を発見した。驚愕した生徒は、慌てて学校内に戻って教師にそのことを報告、裏庭へと連れて来た。実際に戻ってみると、それはへその…続きを読む

「母親」は「息子」を道ずれにした

親戚が集まった時、表立っては言えないけど、誰もが暗黙に頷き合うような“死”というのがある。この場合も、きっとそうだったに違いない。親戚たちは二度集まり、棺は二つ並べられていたからだ。そして誰もが神妙だ…続きを読む

札幌―東京間「新幹線」4時間半は魅力だが…

JRは「北海道新幹線」の一番のネックと言われていた“時間の短縮”を本気で考え始めたようだ。現在のままだと東京―札幌間は5時間半くらいかかると言われ、それなら飛行機が良いかなと、誰でも思ってしまう。特に…続きを読む

「正しい生き方」は“正しくない”のだ⁉

世の中には何でも“正しく”なければ気の済まない人達がいる。そういう人たちは「あれもダメ」「これもダメ」と言って、世の中に“規制”や“罰則”を増やしていく。そして、そういう人たちは「私たちは世の中を良く…続きを読む

「スクールバス」がハンマーで襲われる

“人種の違い”というものを感じさせられる時がある。昨日、アメリカから入ったニュース映像は正にそんな感じだった。何しろ、高校生たちを乗せた「スクールバス」の車内で女子高生同士のけんかが始まったのだ。スマ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.