今日の迷言・余言・禁言

確かに「茶番」という指摘は正しい

私は基本的にあまり“好き嫌い”の強い方ではない。ただ時々その言動に“拒絶反応”してしまう人物というのがいる。この人に関しては、最初“強い拒絶反応”から入った。何に対しての発言だったか忘れてしまったが「どうしてこんなことが言えるのか?」と驚いてしまった。あまりにも配慮を欠いた発言だったからだ。それがコメンテーターとしてTV番組に出ていた社会学者・古市憲寿氏への第一印象だった。彼が多くの人達から、その発言が問題視され、炎上しがちであることを後から知った。最初、私はどうしてこんな配慮を欠く人物をコメンテーターになどするのだろう…と不思議だった。けれども、その後、いろいろな番組で彼を見聞きする内に、ナルホドと思うことも時々言っていることに気付いた。「10」の内「7」くらいは拒絶反応を持つが「3」くらいは共感できる。そして「3」くらいは共感は出来ないが、発想として“面白い”とは思うようになった。その古市氏が「ナカイの窓」という番組内で、NHKの「紅白歌合戦」の“勝ち負け”に対して「あんな茶番ないじゃないですか」と中居正広氏に向かって発言したらしい。その他にも中居氏に対して、配慮を欠いた「SMAP」という言葉も使った。だが、これらの発言は、確かに“配慮”は欠いているのだが、誰もが感じている“真実”を突いていた。特に「紅白」に関しては、どうして“男女混合グループ”まで「紅」「白」に分け、しかも何を基準としているのか全く分からない「勝ち」「負け」を付けさせるのか。しかも勝ったからといって“賞金”を渡すわけでもなく、勝者側も敗者側も誰ひとりその“勝敗を気にする風でもない。”正に「茶番」以外の何物でもないことを延々と継続している。しかも、専門外のタレント審査員まで借り出して行う。どこかで上沼恵美子氏の“審査”に関しての発言が問題となったが、そういう意味で言えば、この“審査基準”など“好き嫌い”以外の何があるのだろう。みんな一流のプロだから出場できる“歌合戦”なのだ。審査をすること自体がおかしい。審査をしたいなら、NHKの“素人のど自慢”で好成績を残した人物たちを集めて、一般投票も含めて審査し、プロデビューをさせる場として“別枠”を組み込めば良い。大体、公平を謳うNHKなら、絶対に“男・女分け”をするこの番組は、性的少数者たちに対して公平ではない。性的少数者たちが増えていく昨今「紅」と「白」の中間色である「桃」を加えるのが、今日的な「紅・桃・白の歌合戦」のはずなのだ。

 


最近の記事はこちら

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

「500年の寺院」と一体化したホテルが誕生

どのホテルに泊まるかによって、旅の想い出は大きく変わってくる。せっかく京都に泊まるなら、“京都らしいホテル”が良いに決まっている。そこで、おススメなのが9月28日から開業する三井ガーデンホテルだ。一見…続きを読む

占星学による「死」の予兆

人間にはさまざまな“生き方”がある。それらを批判することは簡単だが、それらから“学ぶ”ことの方が人生には役立つ。昨日、タレントの岸部四郎氏(71歳)が今年8月28日に心不全で亡くなっていたことが公表さ…続きを読む

現存する世界最古(⁉)「金箔天文図」公開

何となく「金箔天文図」などと言うと“妖しく”聴こえて良い。実際に金箔を貼り付けた天文図なのだから「金箔天文図」であるのは間違いがない。そして、現存する天文図としては一応“世界最古”であることも事実だ。…続きを読む

「ノーベル平和賞」って“何”だろう

「世の中」には、“わからないこと”というのがいろいろとある。「ノーベル平和賞」という「賞」もその一つだ。まず、科学的な「賞」と違って、その根拠というのが今一つ解かりにくい。例えば今年度の「ノーベル平和…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.