今日の迷言・余言・禁言

社会問題化した「アシュラ」という漫画

年配の方なら憶えているかもしれない。それがジョージ秋山氏の描いた「アシュラ」「銭ゲバ」「現訳聖書」といった一連の“強烈な漫画世界”である。今日ではジョージ秋山氏と言えば「浮浪雲」という漫画の方で知られている。この作品は実に44年間もの間続いたからだ。けれども、私にとってのジョージ秋山氏は「アシュラ」の作者としての印象が強く、頭から離れない。そのジョージ秋山氏が今年5月に亡くなっていたことが明らかになった。私が少年だったころ、マンガと言えば「正義の使者」が登場するヒーローものに話が決まっていた。今のようにさまざまなジャンルは存在していなかった。だから私は「月光仮面」に憧れ「まぼろし探偵」に憧れた。マフラーをなびかせ、バイクにまたがって現れるのが“正義の味方”の姿であった。そういうオーソドックスな漫画を読んで育った。だから「銭ゲバ」とか「アシュラ」とかいう社会問題化した“ドロドロとした世界”が漫画に登場してくるなんて思いもしなかった。「銭ゲバ」は“金の亡者”の話だし「アシュラ」は飢えから自分の子供を食べてしまおうとする母親が出てくる。漫画のタッチも「浮浪雲」などとは違って、おどろおどろしい描写の画風だった。因みに「アシュラ」とは仏教用語の「阿修羅」から来ている。とにかく内容があまりにも“強烈すぎる”ということで、子供達に読ませるような内容ではないと、抗議が殺到したのだ。けれども、私はなぜか作者のジョージ秋山氏そのものに興味を持った。こういう“禁断の世界”を描く人物に興味を持った。もっと描いてほしいと思ったが、不買運動まで起こったためか、早々に消えてしまった。私は記憶力が悪いので、詳しい内容までは思い出せないが、とにかく“良い”か“悪いか”は解からないが、こういう強烈な作品がある方が、子供達が無意識に「生きる」ということを考え「人間」を見つめなおし「運命」や「神仏」を意識し始めるようになるだけでも、価値ある作品のように思った。もちろん漫画には「健全な夢」を描く作品が主流であってほしい。けれども、それだけでは片手落ちのような気がするのだ。特に、今年のような「予期せぬ自然災害」「防ぎようのない自然災害」が襲ってくるような時代には、改めて「アシュラ」のような“強烈な世界”を描く作品も、漫画世界に加えた方が役立つのではないだろうか。


最近の記事はこちら

元気があれば「脱獄トンネル」も掘れる⁉

人間には簡単に世をはかなんで自殺してしまう人もいるが、たとえ“死刑囚”になっても、せっせと「脱獄トンネル」を掘り続ける人もいる。しかも、彼の場合には、それが“初めて”ではなかった。2017年にも一度ト…続きを読む

「もう良いのでは…」と言いたい“極細ウエスト”

世の中、いろいろな分野で「世界一」を目指す人はいる。アメリカのジョージア州に住む1児の母サミー・ウィルソン氏(26歳)は2年前まで、お世辞にも“美しいプロポーション”とは言えなかった。体重が89㌔もあ…続きを読む

「健康・余裕」の百歳なら良いのだが…

なんとなく北海道のニュースを眺めていて「敬老の日」に北海道だけで100歳以上のお年寄りが3867人もいると知って、その数の多さに驚いてしまった。昔は“百歳以上”というのは本当に稀で、文字通り「長寿」だ…続きを読む

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.