今日の迷言・余言・禁言

神は「希望」を与える

人はどんなに苦しい状況でも、その先に「希望」が見えていれば必死に生きていくことが出来ます。目の前から「希望」が失われてしまうと、その途端に「歩み」を止めてしまうような喪失感に襲われやすいものです。崖から突き落とされてしまった絶望感で真っ暗になるのです。苦悶する中で無意識に人が縋ろうとするのは「神仏」です。最終的に「神仏」しかなくなるのです。その「神仏」は本当に“救い”を与えてくれるでしょうか。実は「神仏」は、沈黙したままです。多くの人は誤解していますが「神仏」が直接“救い”を与えてくれることはありません。ただ「神仏」は“小さな希望”を灯してくれます。必ず「希望」だけは与えるのです。そして、人はその「希望」を頼りに“生きていく力”を取り戻すのです。前を向く情熱を蘇らせるのです。力強く踏み出していくエネルギーを授けられるのです。そうすると潜在的な能力や素質が引き出されて大いなる力を発揮していくのです。


最近の記事はこちら

「赤い球」ではなく「蒼白い球」

人間は齢を取って来ると“自分の死”というものを考えるようになる。どういう“死に方”をするのだろうか。“いつ”死ぬのだろうか。それまでに“何”をしておけば良いのだろうか。…ということで、アントニオ猪木氏…続きを読む

前大統領へ離党勧告を下す国民

私にはどうしても解からないことがある。韓国民の心情だ。前大統領であった朴槿恵被告に対し、旧与党である自由韓国党は事実上の“除名処分”である離党勧告を下す決定をしたという。かつて日本でも、収賄罪で田中角…続きを読む

バブル期88年の「13連騰」に並んだが…

私は9月13日に「日本株反転の兆し」を予言し、9月28日に「日本株“長期上昇の形”は整った」と予言した。それらは不思議なほどに的中し、日経平均はバブル期真っただ中1998年2月の記録「13連騰」に並ん…続きを読む

聖心女子大卒同士の対決‼

世の中にはいろいろな対決がある。この二人は共に「夫の身代わり」である。そして共に「聖心女子大」という“お嬢様学校”を卒業している。そして「母親」でもある。そして一応「美人」に属する。そしてここからは私…続きを読む

「イスラム国」は滅んでも…

シリア民主軍が昨日、過激派組織IS(イスラム国)が「首都」と位置付けるシリア北部ラッカ全域の制圧に成功した。このところISには以前の勢いがなく、主要モスクも奪われ、首都も失ったことで、事実上の崩壊とな…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.