今日の迷言・余言・禁言

神は「希望」を与える

人はどんなに苦しい状況でも、その先に「希望」が見えていれば必死に生きていくことが出来ます。目の前から「希望」が失われてしまうと、その途端に「歩み」を止めてしまうような喪失感に襲われやすいものです。崖から突き落とされてしまった絶望感で真っ暗になるのです。苦悶する中で無意識に人が縋ろうとするのは「神仏」です。最終的に「神仏」しかなくなるのです。その「神仏」は本当に“救い”を与えてくれるでしょうか。実は「神仏」は、沈黙したままです。多くの人は誤解していますが「神仏」が直接“救い”を与えてくれることはありません。ただ「神仏」は“小さな希望”を灯してくれます。必ず「希望」だけは与えるのです。そして、人はその「希望」を頼りに“生きていく力”を取り戻すのです。前を向く情熱を蘇らせるのです。力強く踏み出していくエネルギーを授けられるのです。そうすると潜在的な能力や素質が引き出されて大いなる力を発揮していくのです。


最近の記事はこちら

旧暦「七夕」は、やっぱり“手書き”

近年、中国は急速な勢いで“IT王国”に変わった。どこでもスマホ決済が当たり前になり、タクシーアプリを使うのが当然になりつつある。そんな中国で、意外に進んでいないのが“婚活事情”だ。もちろん、それは中国…続きを読む

心を癒すのは「ペットロボット」&「3Dキャラクター」

バーチャルシンガー「初音ミク」は一部で熱狂的人気を集める“2次元キャラクター”だが、その初音ミクと“結婚した”という30代の公務員が現れた。もちろん正式な「婚姻証明書」も所有している。IOTベンチャー…続きを読む

「聖職者」が「性食者」に変わる時

アメリカのペンシルバニア州の教会で70年間にわたり、カトリックの高位聖職者たちが、そこに通う子供たちに対して“性的虐待を行っていた”という驚くべき報告書が8月14日に公表された。この報告書は専門の調査…続きを読む

“富士子容疑者”は「殺人のプロ」なのか

昨日、今年5月に三重県鈴鹿市で起きた“夫殺人”の容疑者・横山富士子(46歳)が再逮捕された。同時に、これまで除外されていた富士子の実母・愛子(69歳)も“新たに逮捕”された。つまり、21歳年下の夫を不…続きを読む

新ジャンボ1等賞金20億円、6等賞金10万円⁉

総務省から昨日2017年度“宝くじ”の売上額が20年ぶりに8000億円を割り込んだことが報告された。近年の“宝くじ”は不振が続いていて、2005年度の1兆1047億円をピークに毎年減少している。昨年は…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.