今日の迷言・余言・禁言

神は「身代わり」を用意したのだが…

“北朝鮮拉致家族”の象徴ともいうべき横田滋氏が老衰のため逝去された。拉致された横田めぐみさんの消息は未だ不明のままである。北朝鮮側は1986年に結婚をし、翌年にキム・ヘギョン氏を産んだが、1994年4月に自殺したと伝えている。一部の拉致被害者たちが戻って後、横田めぐみさんの娘であるキム・ヘギョン氏と祖父母にあたる横田夫妻のTV中継による“対話”が実現したことがある。ヘギョンさんは祖父母に逢いたいと言い、北朝鮮に迎えに来てほしいと言ったが、横田夫妻はそれに応ずることはなかった。日本のマスコミも世論も、ヘギョンさんを日本に連れて来ることには大反対で、逢って来ること自体にも大反対で、それらに押し切られるような形で「孫」との関係はぎくしゃくしたままで流れた。だが、当時、私は思っていた。その当時のヘギョンさんは丁度めぐみさんが失踪した年齢にほぼ符合している。もちろん、孫だから顔貌も似ている。もし、横田夫妻が気持ちを切り替えれば、ヘギョンさんを引き取って育てることは可能だったはずなのだ。もちろん、これには、さまざまな“異論”があることは知っている。けれども、私には、これが「神」が用意することが出来た“唯一の身代わり”であると思うのだ。もちろん、“身代わり”は“本物”には成れない。けれども、ホンモノのように愛することは出来る。孫は、娘のように応じたことだろう。私は、それで良いと思うのだ。世の中には「白黒」をつけなければ気の済まない人がいる。「本物」でなければ絶対に受け入れない人がいる。けれども「運命」という観点から考えると、必ずしも白黒をつけたから“幸せになれる”というものではない。必ずしも本物でなければ“幸せを得られない”というものでもない。せっかく「神」が用意してくれた“幸せ”を拒否するのが正しいとは言い切れないのだ。或る意味では“世論”がそうさせたともいえる“身代わり拒否”だが、運命の神は「それ以外はどうすることも出来ません」と哀し気に微笑むのみであった。


最近の記事はこちら

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

「苦労」や「お騒がせ」の活かし方

人には比較的穏やかと言うか、平坦というか、特別大きな出来事もなく、表面上では“つつましく”人生を歩んでいる人もいる。その一方で、誰が見ても“波乱万丈”にしか思えないような人生を歩んでいる人もいる。その…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.