今日の迷言・余言・禁言

神は「身代わり」を用意したのだが…

“北朝鮮拉致家族”の象徴ともいうべき横田滋氏が老衰のため逝去された。拉致された横田めぐみさんの消息は未だ不明のままである。北朝鮮側は1986年に結婚をし、翌年にキム・ヘギョン氏を産んだが、1994年4月に自殺したと伝えている。一部の拉致被害者たちが戻って後、横田めぐみさんの娘であるキム・ヘギョン氏と祖父母にあたる横田夫妻のTV中継による“対話”が実現したことがある。ヘギョンさんは祖父母に逢いたいと言い、北朝鮮に迎えに来てほしいと言ったが、横田夫妻はそれに応ずることはなかった。日本のマスコミも世論も、ヘギョンさんを日本に連れて来ることには大反対で、逢って来ること自体にも大反対で、それらに押し切られるような形で「孫」との関係はぎくしゃくしたままで流れた。だが、当時、私は思っていた。その当時のヘギョンさんは丁度めぐみさんが失踪した年齢にほぼ符合している。もちろん、孫だから顔貌も似ている。もし、横田夫妻が気持ちを切り替えれば、ヘギョンさんを引き取って育てることは可能だったはずなのだ。もちろん、これには、さまざまな“異論”があることは知っている。けれども、私には、これが「神」が用意することが出来た“唯一の身代わり”であると思うのだ。もちろん、“身代わり”は“本物”には成れない。けれども、ホンモノのように愛することは出来る。孫は、娘のように応じたことだろう。私は、それで良いと思うのだ。世の中には「白黒」をつけなければ気の済まない人がいる。「本物」でなければ絶対に受け入れない人がいる。けれども「運命」という観点から考えると、必ずしも白黒をつけたから“幸せになれる”というものではない。必ずしも本物でなければ“幸せを得られない”というものでもない。せっかく「神」が用意してくれた“幸せ”を拒否するのが正しいとは言い切れないのだ。或る意味では“世論”がそうさせたともいえる“身代わり拒否”だが、運命の神は「それ以外はどうすることも出来ません」と哀し気に微笑むのみであった。


最近の記事はこちら

「健康・余裕」の百歳なら良いのだが…

なんとなく北海道のニュースを眺めていて「敬老の日」に北海道だけで100歳以上のお年寄りが3867人もいると知って、その数の多さに驚いてしまった。昔は“百歳以上”というのは本当に稀で、文字通り「長寿」だ…続きを読む

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.