今日の迷言・余言・禁言

神社殺人事件の真相

これは事件を推理小説化したものである。宮司の弟である富岡茂永容疑者は、神社本庁からの電話を“そそのかし”だとは気付いていなかった。生来、生真面目である茂永は、内縁の妻から「あなたのせいなんだから…」と強く迫られ、これはもう“最後の手段しかない”と勝手に思い込んでいた。その思い込みとは、実の姉である宮司を殺害して、自らも自決する、というシナリオだった。ただ内縁の妻は、そう思っていなかった。あくまで姉である宮司に、日本刀を突き付けて脅迫し、姉自らが“宮司の座”を、弟に譲り渡すよう誓わせる手段と思っていた。まさか、実際に殺して、そのあと自分をも殺害し、自らも自決してしまうなど夢にも思っていなかった。だからこそ、一緒に行動しようとしたのだ。いや、正確に言えば、自分が主導して“宮司を脅迫しに行こう”と内縁の夫を誘ったのだ。けれども今回の茂永は、いつもと違った。いつもなら、気弱に「筋を通すなら俺が宮司に成るべきだけど…」で留まる反応が「わかった…今度こそ決行するよ…それが神社のためなんだ」と訳の解からないことをつぶやいた。そして、日本刀とサバイバルナイフを用意してきた。嫌な予感がした。もしかして、本気で殺すつもりなのではないかな…と思ったからだ。だから「神殿の中で脅した方が良いよ」と言ったのだが、茂永は意に介せず「神殿の中はダメだよ、汚れてしまう、襲うなら車から出てきたところさ」と譲らなかった。いつものように、実姉である宮司・富岡長子氏は運転手付きの車で神社内に入ってきた。車が止まったのを見て二人が駆け寄った。いつものように運転手が先に出て来て、後ろのドアを開けようとした。どけよ、という声に振り返り「あれ、茂永さんじゃないか?」と訝った。間髪を入れず、茂永の日本刀が運転手を切りつけた。内縁の妻は素早く車内から逃げようとした姉を捕まえた。次の瞬間、振り向いた茂永の日本刀は姉をも突き刺した。あっけにとられる内縁の妻の目の前で容赦なく姉の首をはね、血がどっと噴き出てきた。「なんで殺すの?」茫然とする内縁の妻にも、茂永は日本刀を突き刺した。そして最後に、自分の腹にもサバイバルナイフを突き立てたのだった。辺りは凄惨な“血の海”となった。「神社本庁から離脱した神社はどうなるか、君なら判るだろう、神に変わって君自身が征伐したらどうだい」昨日、電話口から聞こえて来た神社本庁幹部の声が、意識が薄れていく茂永の耳に心地よく蘇った。


最近の記事はこちら

「自由&平等」は「責任」の元に与えられる

何かが違う。そんな“違和感”をおぼえるのは私だけなのだろうか。全国各地の“同性カップル”が2月14日に国を相手取り“損害賠償”を求めて一斉提訴するというのだ。つまり、同性婚を認めないのは憲法が保障する…続きを読む

長寿「113歳の顔」の特徴

男性としては「現存する世界最高齢」と昨年ギネスで認定されたばかりの足寄町の野中正造氏が亡くなった。1905年7月25日生まれなので享年113歳だった。前日までは元気にしていたらしい。これこそ“大往生”…続きを読む

本人よりも詳しい「オタク」がいる⁉

最近はどういう分野でも“熱烈ファン”や“追っかけ”や“マニアックなオタク”がいる。そして、それらの人は、その人物のあらゆることを知っている。時には、その本人よりも“詳しく知っている”こともある。驚くべ…続きを読む

ホロスコープは「真実」を告げるか

私は、或る程度、どういうところでは何か書くか、何となくだが決めている。そして、ここでは基本的に「占い」を真正面から扱うことはほとんどしないのだが、今日は“どうでも良いニュース”が多かったので、たまには…続きを読む

「竜宮の遣い」出現は“幸運”?“災い”?

「リュウグウノツカイ(竜宮の遣い)」と呼ばれる“深海魚”をご存じだろうか。深海魚であるから、滅多なことでは姿を現さない。体長が3m以上ある太刀魚に似た体形の奇妙な魚類である。昨日、舞鶴市の沖合でこのリ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.