素顔のひとり言

私の『人生指南』が占いランキングでトップに

世の中には時々奇跡が起こります。

ニフティーの6月集計によると、私が占いを担当している『人生指南』というタイトルの「オンライン占い」が、東洋の占いコンテンツの第1位にランキングされたそうです。6月にスタートした「あなたの人生のどん底と絶頂期」という新メニューが支持を得たようです。ダントツ1位だった、とのことです。

それにしても、細木かず子やマーク矢崎といった占いの世界では日本中に知られている方たちを抜いての第1位と言うのは本当に驚きです。多分、「どん底」の部分がリアリティーがあったのでしょう。人生、どんな経験が役立つか判らないものです。近いうちに私の新しいコンテンツがスタートする予定なのですが、それも広く支持していただけると良いのですが、奇跡というのはそう何度も起こらないことになっているので不安です。


最近の記事はこちら

波木星龍の公的な「予言の的中率」

占い師の評価というのは、必ずしも“的中率”にあるわけではないが、そうは言っても“どの程度的中しているのか”は、その評価の重要なポイントであるには違いない。よく“口コミ”と言われる“やらせっぽいサイト”…続きを読む

自らが創り出す「未来」

占星学や推命学の研究者の中には“先天的な運命”を動かしがたいものとして、本人の“意志”とか“選択”とか“努力”などを認めないような判断の仕方をされている方が多い。私自身も占星学や推命学の研究者であるか…続きを読む

あまりにもお粗末な「ツタンカーメン」番組

こういう番組をどう捉えれば良いのだろう。制作サイドは日本の視聴者をあまりにも軽んじすぎているのではないだろうか。7月18日のTBS古代エジプト世紀の大発見プロジェクト「ツタンカーメンと伝説の王妃330…続きを読む

日進月歩で「後退していく」占いの世界

世の中、日進月歩で進んでいくものが多い中で、まるで“後退りしている”ような世界が「占いの世界」だといってもよい。どうして後退りなのか、ここ20年ほど「新たな研究」「新たな学説」「新たな占い」「新進気鋭…続きを読む

人は“さまよいながら”生きていく

人間社会は「勘違い」で成り立っている。例えば、私は“書きもの”などでは何でも明確に“ズバズバ書く”ので、現実にもさぞかし「即断即決の人」「迷いのない人」「怖い人」であるかのよう誤解されがちだ。とんでも…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.