今日の迷言・余言・禁言

秋篠宮家の「姉・妹」は立て続けに結婚する⁉

私がここで前天皇ご夫妻が、やがてアメリカに居住するようになる秋篠宮眞子&小室圭ご夫妻の子供に逢いに行くようになる…ということを書いたのはいつだっただろう。もちろん、まだ前天皇ご夫妻が“天皇ご夫妻”だったころの話だ。もちろん、まだ正式に秋篠宮眞子さまと小室圭氏との結婚は成立していないし、“宙に浮いた”形のままである。けれども、あれだけのバッシングを受けながらも、2人は破局しなかった。私が最初から予見していたように、この二人は相性が良い。ただ小室氏は「天皇家」にすんなり受け入れられる四柱命式もホロスコープも持ってはいない。ここが問題なのだ。したがって、彼が眞子さまと結婚するには「天皇家」と距離を置くしかなく、アメリカ生活が相応しいということになる。したがって、眞子さまと結婚するには最初からアメリカに新居を持てば良い。実際、そうとしか思えないような状態で今日まで来ている。眞子さまのホロスコープは太陽と月とが180度で対冲している。これは公的な生活を重視すれば私生活が犠牲となり、逆に私生活を重視すれば公的生活が犠牲となる惑星配置だ。“両方を上手く”というのは事実上、不可能に近い。私は以前、眞子さまの結婚時期として2021年6月上旬か2022年3月が良いと記した。また、彼女の妹である佳子さまには2021年10月の結婚が良いと記した。これらは、あくまでも占星学的な“佳き日”であって、宮中行事や職業的な憶測とは何の関係もない。つまり、偶然の選択なのだが、もしも、これらがそのまま実現する形となれば、どちらが先かはともかく「姉・妹」は半年もたたずに相次いで結婚していく形となる。世間やマスコミがそれらをすんなり許すかどうかは微妙だが、“暗い話題”が先行する「令和」の時代に“結婚ブーム”を巻き起こすくらいのインパクトを与えられれば、秋篠宮家にとっても“晴れがましい年”へと切り替えることが出来るのではないだろうか。


最近の記事はこちら

「苦労」や「お騒がせ」の活かし方

人には比較的穏やかと言うか、平坦というか、特別大きな出来事もなく、表面上では“つつましく”人生を歩んでいる人もいる。その一方で、誰が見ても“波乱万丈”にしか思えないような人生を歩んでいる人もいる。その…続きを読む

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”…続きを読む

2021年「恋愛運アップ」“顔相占い”を公開

私は本来あまり自分の“占い公開”予告は好きではないが、今回「ココロニ」サイト側から依頼され執筆・公開したのは、なかなか“ユニークな占いの形”なので、一応、宣伝しておきたい。一言で言えば「2021年の恋…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.