今日の迷言・余言・禁言

秘蔵されてきた「埋蔵金(銭)」は11000枚以上

昔から「埋蔵金」の話は耳にするのだが、実際に眼にすることはほとんどない。よく「埋蔵金を発掘する」などというTV番組もあるが、実際には何も出てこないで“お終い”となるケースが多い。私の占いのお客さんにも“埋蔵金発掘”に情熱を傾けている方がいて、そういう人達の“真面目な活動(?)”を来るたび話してくれていたものだ。そういうことよりも、温泉を掘り当てるとか、石油を掘り当てるとか、宝石鉱山を掘り当てるとか、そういうことの方が労力に見合っていそうな気が私にはする。さて、昨日、青森県の西北部に位置する町の大和田地区に暮らす戸沼君江氏から、同町教委に対して「資料として役立ててほしい」と秘蔵していた埋蔵金(銭)11000枚以上の寄贈があった。早速、町教委では歴史資料館である「光信公の館」において7月3日から常設展示することを決定した。これが“金貨”なら大注目を浴びるところなのだが、残念ながら小さな“数珠つなぎの銅貨”ばかりで、正直に言うと見栄えはそれほど良くない。けれども、江戸時代に埋められた「埋蔵金(銭)」であることは間違いがなく、昭和の半ばに既に亡くなっている夫の戸沼武治氏が砂の中から発見し、磨きながら大切に秘蔵してきたものである。寄贈されなければ、やがては所在不明となってしまう。実際、23000枚以上あったはずの「十三鉄砲大埋蔵金(銭)」は、現在どこに消えたのかわからない。預かるべきところに預かってもらわないと、こういう“お宝”は“ゴミくず”扱いされ、失われてしまうケースが多い。まさか金の「大判・小判」まで“ゴミくず”として捨てる人はいないとは思うが、昔の物置の片隅とか、床下とか、天井裏とか、そういうところで隠されたままになってしまうと、その子孫には“ガラクタの山”にしか見えないかもしれない。私なども、江戸時代の古書を何万円も出して購入することがある。まさにボロボロの“和綴じ本”が多いが、表面上ボロボロであっても、その中身にはキラリと光る秘伝が述べられていたりする。ただ八割方は、ただのボロボロ本で中身までボロボロのものだ。それでも、その書名に惹かれて購入することもある。だから、書名というのは重要なのだ。


最近の記事はこちら

「西之島」は、やがて「日本のムー大陸」になる⁉

「西之島」と言われて、それがどの場所にあるのか即座に答えられる人はそんなにいない。まあ、太平洋の“小笠原諸島”の辺りと答えられれば大正解に近い。とにかく、その辺なのだが、2013年11月にその付近から…続きを読む

「手相の線」に“名前”が無くなったら…

何日か前、手相の方で名前を知られる「にしけい」こと西田桂一郎氏が、私の元を訪ねてきた。彼は手相の本を矢継ぎ早に何冊も出している“新進気鋭⁉”の手相家である。鑑定の方ではなく「占い教室」という形で私に対…続きを読む

「米」最多の雇用者数&「日」最悪の下落幅

世界で、経済の先行きが混とんとしている。アメリカでは昨日、6月の雇用者数が出て1939年に統計を開始して以来最多の480万人増を記録した。一方、日本では「日銀短観」が出て、6月の大企業製造業における下…続きを読む

「アリサ」&「リン」が、お・も・て・な・し

今年は完全に「お・も・て・な・し」が“肩透かし”を食らった格好だが、我が日本の原点は奈良県。そこで…というわけでもないのだろうが、何故か奈良市の「近鉄大和西大寺駅」のホームに登場したのが四か国語を話す…続きを読む

事務所退所は「世界に挑む」ゴーサイン⁉

最近、芸能事務所を退所する芸能人が増えている。柴咲コウ、米倉涼子、栗山千明、長谷川潤、原千晶、菊池桃子、手越祐也…といった面々だ。さらに、昨日、ローラ氏と神田うの氏が加わった。どうして、今年に入って、…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.