今日の迷言・余言・禁言

秘蔵されてきた「埋蔵金(銭)」は11000枚以上

昔から「埋蔵金」の話は耳にするのだが、実際に眼にすることはほとんどない。よく「埋蔵金を発掘する」などというTV番組もあるが、実際には何も出てこないで“お終い”となるケースが多い。私の占いのお客さんにも“埋蔵金発掘”に情熱を傾けている方がいて、そういう人達の“真面目な活動(?)”を来るたび話してくれていたものだ。そういうことよりも、温泉を掘り当てるとか、石油を掘り当てるとか、宝石鉱山を掘り当てるとか、そういうことの方が労力に見合っていそうな気が私にはする。さて、昨日、青森県の西北部に位置する町の大和田地区に暮らす戸沼君江氏から、同町教委に対して「資料として役立ててほしい」と秘蔵していた埋蔵金(銭)11000枚以上の寄贈があった。早速、町教委では歴史資料館である「光信公の館」において7月3日から常設展示することを決定した。これが“金貨”なら大注目を浴びるところなのだが、残念ながら小さな“数珠つなぎの銅貨”ばかりで、正直に言うと見栄えはそれほど良くない。けれども、江戸時代に埋められた「埋蔵金(銭)」であることは間違いがなく、昭和の半ばに既に亡くなっている夫の戸沼武治氏が砂の中から発見し、磨きながら大切に秘蔵してきたものである。寄贈されなければ、やがては所在不明となってしまう。実際、23000枚以上あったはずの「十三鉄砲大埋蔵金(銭)」は、現在どこに消えたのかわからない。預かるべきところに預かってもらわないと、こういう“お宝”は“ゴミくず”扱いされ、失われてしまうケースが多い。まさか金の「大判・小判」まで“ゴミくず”として捨てる人はいないとは思うが、昔の物置の片隅とか、床下とか、天井裏とか、そういうところで隠されたままになってしまうと、その子孫には“ガラクタの山”にしか見えないかもしれない。私なども、江戸時代の古書を何万円も出して購入することがある。まさにボロボロの“和綴じ本”が多いが、表面上ボロボロであっても、その中身にはキラリと光る秘伝が述べられていたりする。ただ八割方は、ただのボロボロ本で中身までボロボロのものだ。それでも、その書名に惹かれて購入することもある。だから、書名というのは重要なのだ。


最近の記事はこちら

「苦労」や「お騒がせ」の活かし方

人には比較的穏やかと言うか、平坦というか、特別大きな出来事もなく、表面上では“つつましく”人生を歩んでいる人もいる。その一方で、誰が見ても“波乱万丈”にしか思えないような人生を歩んでいる人もいる。その…続きを読む

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”…続きを読む

2021年「恋愛運アップ」“顔相占い”を公開

私は本来あまり自分の“占い公開”予告は好きではないが、今回「ココロニ」サイト側から依頼され執筆・公開したのは、なかなか“ユニークな占いの形”なので、一応、宣伝しておきたい。一言で言えば「2021年の恋…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.