今日の迷言・余言・禁言

窓のマークが「謎」を解く鍵?

アメリカのカリフォルニア州で17歳の少女が警察に助けを求めて発覚した事件。自宅に13人の子供たちを“監禁・虐待した容疑”で、1月14日、その家の父親と母親とが逮捕された。自宅に2歳~29歳までの自分の子供たちを集め、暗い部屋のベッド付近に鎖などで固定して繋ぎ、食事を与えずに放置する。何もかもが理解不能で、その理由は判然としていない。ただニュース映像にはいくつかのヒントが眠っている。まず第一に、その家はかなり立派な建物で、大家族が暮らすに相応しい広さを持っているように見える。車も何台か所有しているようで、それなりの経済力と職業とを持っていたはずである。しかも、何年か前に撮影された写真には、家族全員が写っている。大家族の場合、家族全員が写る写真は珍しい。しかも、子供たちの服装が揃っている。女の子たちは民族衣装的な可愛らしい洋服姿、男の子たちは全員ブレザー姿、奇妙なほど“統一された姿”で映っている。服装などまちまちになりがちなアメリカ人にしては大変に珍しい。つまり、この夫婦は“統一させる”ことが好きな夫婦だと推測できる。もしかしたら“結婚式”か“結婚記念日”かの写真のようで、少なくともこの写真では子供たち全員が“健康体”に見え、痩せてもいない。大胆な推測をすれば、この時点までは全員が“普通”だったに違いない。おそらく真面目で、子供好きな夫婦であり、表面上は“仲良し家族”だったに違いない。但し、この時点で夫婦が既に“何らかの宗教”か、或いは“呪術思想”かを持っていたに違いない。服装を“統一させている”のは、ただ単に記念写真用だったからだけではないと私は見る。子供たちの数が多いのは、双方とも“子連れでの再婚”だったからではないだろうか。何らかの宗教思想、呪術思想を持っていただろうことは、窓に張られた“奇妙なマーク”により明らかだ。見たことのないマークである。おそらく特殊な宗教や呪術の“シンボルマーク”なのに違いない。夫婦はそれにのめりこんでいったのだ。そして、何らかの“教え”に従って生活をするように変わった。おそらく“妖しい儀式”を取り込んだ生活で、第三者的には“悪魔的な生活”である。或る種、憑りつかれたように心霊的な指示に従っていたのだろう。間一髪のところで、少女は警察に駆けこんだのだ。


最近の記事はこちら

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

「500年の寺院」と一体化したホテルが誕生

どのホテルに泊まるかによって、旅の想い出は大きく変わってくる。せっかく京都に泊まるなら、“京都らしいホテル”が良いに決まっている。そこで、おススメなのが9月28日から開業する三井ガーデンホテルだ。一見…続きを読む

占星学による「死」の予兆

人間にはさまざまな“生き方”がある。それらを批判することは簡単だが、それらから“学ぶ”ことの方が人生には役立つ。昨日、タレントの岸部四郎氏(71歳)が今年8月28日に心不全で亡くなっていたことが公表さ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.