今日の迷言・余言・禁言

窮地に立つ「ススキノ」と「鈴木知事」

日本の中でも「北海道」は、比較的早く“新型コロナ”に襲われた地域だった。「札幌雪まつり」で外人観光客などからの感染者が出てしまったからだ。そこで、北海道の鈴木直道知事はどこよりも早く2月に「緊急事態宣言」を出した。その成果があったのか、北海道の感染者は急速に減って、4月~9月くらいまで、ずっと十数名とか二十数名とかに留まっていた。そういう意味では数も少なく、安定していて「もう大丈夫かな」と誰もが思い始めていた。ところが、GoToキャンペーンなどで本州から一気に来道者が増え、徐々に感染者が増え始めた。11月に入ってからは特にそうで、5日が119人、6日が115人、そして7日が187人、もはや限界ということで“警戒ステージ”は「3」に引き上げられた。実は北海道の場合、地域的に広く、その全部を一律に規制するのは問題が多い。2月に「緊急事態宣言」を出した時にも、事実上、多くの地域には一人も感染者がいなかった。札幌とその周辺だけが問題だったのだ。そして、現在も、3日続けて100人以上の感染者が出ているが、実質的には札幌がほとんどで、しかも「ススキノ」地域からの感染が圧倒的に多い。そこで、どうしても“夜の街”「ススキノ」地域に自粛を求めることになる。もちろん、それ自体は致し方がない。ただ2月の「緊急事態宣言」以降、ススキノは閑古鳥が鳴いたままなのだ。札幌の最初のクラスターがたまたま“ススキノのライブハウス”であったことも手伝って、ススキノには“客足”が戻っていない。それでなくても、ススキノの接客系の店には“外国人”と“本州からの来道客”が多くなっていた。その“二つの勢力”がバッタリと姿を消している。2月に「緊急事態宣言」を出したのに、現在はなぜか鈴木知事は「緊急事態宣言」は出さない。出さないのではなく「出せない」のだ。今出せばススキノが死んでしまうからだ。これから、ボーナス、忘年会、クリスマス、新年会の時期が来る。これらは“夜の商売”の人達にとっては“かき入れ時”に当たる。完全封鎖は出来ないのだ。仮にこのままだとしても“警戒ステージ”「3」への引き上げは、大打撃なはずで、来年の「雪祭り」も中止となって道内経済への影響は大きい。実は、鈴木直道氏の四柱命式はかなり特殊で、年・月・日とも「辛」が並ぶ。自立心が強く、リーダー型の人物といえる。但し、頑固で協調性には乏しく孤立しやすい。来年は、その「辛」の年なのだ。今後の状態によっては、いっそう孤立が強まってしまう危うさを彼は持っている。但し、もし、窮地を脱すれば、北海道のリーダーから、日本国のリーダーへと歩み出すチャンスともいえるのだが…。


最近の記事はこちら

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

「苦労」や「お騒がせ」の活かし方

人には比較的穏やかと言うか、平坦というか、特別大きな出来事もなく、表面上では“つつましく”人生を歩んでいる人もいる。その一方で、誰が見ても“波乱万丈”にしか思えないような人生を歩んでいる人もいる。その…続きを読む

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.