今日の迷言・余言・禁言

“米朝”より“中朝”の方が一発触発の危機

よくあるんだ。仲がよかった人どうしがケンカすることって。あのね。アメリカさんという人がいて、この人がけっこう気が短いの。それでね。あぶないから、中さんはね「やさしく頼むよ」って、いつも言ってたの。でもね。今のアメリカさん、気が短いからさあ。「おまえが何とかすれば見逃してやるよ」って、けっこう強気なんだ。だから、ホントは嫌なんだけどね。中さんは、仕方なく“カリアゲくん”に「静かにしてないと絶交だぞ」と言ってやったんだ。そしたら友達に言われたから“カリアゲくん”怒っちゃって「おまえに言われる筋合いはない」って強気なんだな。だいたい、最近、紙ヒコウキ花火がなかなかうまく飛ばなくてイライラしてたわけ。そんでもって中さんに八つ当たりもあって「うるさくすると、お前とケンカするぞ」って、方向てんかん。なにしろ“カリアゲくん”って、ガキ大将だからさ。紙ヒコウキ花火たくさん持ってるしね。もちろん、とばっちりの中さんも怒り出して「オレ、おまえのために苦労してんだぞ…へやんなか覗くって脅されてんだぞ…わかってんのか」って、必死なの。なんか今一つ、わかんないケンカだよね。でもね。ほんとうはアメリカさんと“カリアゲくん”だったんだけど、今じゃ本気で、中さんと“カリアゲくん”の“ののしり合い”になっちゃってるの。そんでもって、どっちも“引けない事情”ってもんが横たわっているわけ。だからね。これはね。アメリカさんのひとり勝ちだよ。だって、何もしていないのに、ほんとは“きらいな二人”がケンカしてくれるんだよ。しかも本気なんだ。最近、中さんも、いろんなとことケンカして、ちょっとお疲れ気味なの。強気の“カリアゲくん”にビビり始めているかもしれない。ただ“カリアゲくん”長期戦はダメだよ。だって、アブラが切れちゃうから。寒いし、暗いし、車動かないし…で万事休す。やるなら“速攻攻撃”これしかないよね。


最近の記事はこちら

人は「生まれて来る環境」を選べない

どんな両親から生まれたか、どんな環境のもとに生まれ育ったか、時々、人はそれを考える。一冊の興味深い自伝が出版されていた。死刑囚・麻原彰晃こと松本智津夫の三女として産まれた松本麗華さんの回想記『止まった…続きを読む

“7000体の遺体”の上に“医療センター”がある

昔『ミステリーゾーン』という雑誌があった。なかなかマニアックな雑誌で気に入っていたのだが、三年ほどで廃刊となった。後に、その編集者だった男性と出逢って、占いに関する執筆をいろいろと依頼された。あの雑誌…続きを読む

何が「チャンスの女神」か、誰にも解からない

世の中には簡単には“評価できない職業”というものがある。“俳優・タレント”という職業も評価が難しい。週三日・不動産会社の事務をして生計を立てている“女優・タレント”多岐川華子さんも、そういう一人だ。こ…続きを読む

本田&家長→同一生年月日の謎

日本人のプロサッカー選手で世界的に名を知られている選手の一人、それが本田圭佑氏だ。その本田選手が、在籍する“ACミラン”との契約終了に付き移籍することを自ら公表した。実は同じく今年、国内だが“大宮”か…続きを読む

本当に「心の狭い神」なのか

今、アメリカでは「スカーフをしていなかった」ことが論議をかもしている。ハッキリ言って、どうでも良いようなことだ。つまり、サウジアラビアを訪問中のトランプ大統領メラニア夫人がスカーフなしで公式の場に参列…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.