今日の迷言・余言・禁言

素晴らしいアパホテルCEO本谷氏の見解

中国のネットで日本のアパホテル客室内に置かれた本の内容が問題視され、SNSに投稿された動画の再生回数が二日間で7700万回に達したらしい。その本とは、アパホテルのCEOである本谷外志雄氏が著述した『理論近現代史学Ⅱ』という本で、彼自身が客観的に検証する形で“南京大虐殺を否定する”記述が述べられているらしい。正直、私は「アパホテル」に泊まったことがないので、そういう本が置かれていることも、そういう内容の本であることも、その本の著者がCEOであったことも、すべては初耳であり「良い」「悪い」を言う以前の感想として、意外な印象を持った。何度かテレビで見掛けた本谷氏は、どちらかと言えば“奥様の陰に隠れた存在”のように映っていたからである。それだけに彼が“近現代史の本”を書かれるほど学究型の人物であったこと、その自著を全客室内に置き、或る種“啓蒙運動”をされていたことも驚きなのである。けれども、海外のホテルでは『聖書』などがホテル客室内に置かれていることは珍しくない。それと同じような感覚で“歴史の本”を置いたとすれば、別に何の問題もない。『聖書』を置いているホテルの経営者が、客に対して“キリスト教を強要している”とは誰も思わないだろう。まあ、暇つぶしに“読むのも良いかな”と思う程度のことである。したがって、同じような感覚で自著を置いていたとすれば、それを非難するのは“的外れ”でしかない。しかも、自分の政治思想を押し付けるような書籍ではなく、客観的な資料に基づいた“近現代史”であれば、批判する理由がない。これを投稿したのはアメリカ女性と中国男性のカップルらしいが、簡単にいうと「こういうホテルには泊まるな」的な意図を持っての投稿であろう。それは、もしかしたら“事実を知ってしまう”ことによって、それまでの思想や価値観が崩れてしまう可能性を恐れているのかもしれない。多分、それほど客観的に記述されている、ということであろう。私が「素晴らしい」と思ったのは、その動画炎上を知っての本谷氏の対応である。極めて冷静に、本来の趣旨や現在の状況を公開し、少しも感情的になっていないことである。研究者としてだけでなく、ホテル経営者としても、第一級の人物であることを見せつけている。


最近の記事はこちら

「行方不明届け」は「殺しの暗号」か

BSのTV番組欄には“推理ドラマ”の再放送が多い。それだけ“推理ドラマ”は時代が多少ずれても楽しめるからだろうか。推理ドラマは楽しければそれで良いのだが、現実の“殺人事件”は決して楽しいものではない。…続きを読む

まじめな“親子”は一緒に“穴掘り”

周辺の人達や仕事関係者たちから一様に「まじめで親切」と評価されていた“親子”が殺人遺棄をした。おそらく息子が妻を殺して母親に打ち明け、母親がそれを隠そうとして自宅の庭に、二人で“死体を入れるための穴”…続きを読む

「カジノ」を“悪魔”という前に…

日本人の中には「カジノ」を“悪魔”呼ばわりする人たちがいる。ところが、そういう人たちでも「宝くじ」には何故か寛容で“夢を買う”などと言って、購入したりする。そこで、こういう話はどうだろう。中国では、基…続きを読む

共感できても支持できない表現

近年はすぐ誰がどう発言したかが拡散する。特に芸能人、政治家、文化人などの場合がそうである。ある意味で、それは“有名度”を測るバロメーター的な部分もある。そういう意味で影響力の強いホリエモンこと堀江貴文…続きを読む

「国産ウナギ」が“輸入物”に負ける?

今年は“暑い”らしい。他人事のようなことを言うのは、北海道に暮らしているからだが、それでもやっぱり真夏は暑い。そこで多くの食卓には「うなぎ」が登場する。今週7月20日は「土用の丑の日」。ところが、実際…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.