今日の迷言・余言・禁言

素晴らしいアパホテルCEO本谷氏の見解

中国のネットで日本のアパホテル客室内に置かれた本の内容が問題視され、SNSに投稿された動画の再生回数が二日間で7700万回に達したらしい。その本とは、アパホテルのCEOである本谷外志雄氏が著述した『理論近現代史学Ⅱ』という本で、彼自身が客観的に検証する形で“南京大虐殺を否定する”記述が述べられているらしい。正直、私は「アパホテル」に泊まったことがないので、そういう本が置かれていることも、そういう内容の本であることも、その本の著者がCEOであったことも、すべては初耳であり「良い」「悪い」を言う以前の感想として、意外な印象を持った。何度かテレビで見掛けた本谷氏は、どちらかと言えば“奥様の陰に隠れた存在”のように映っていたからである。それだけに彼が“近現代史の本”を書かれるほど学究型の人物であったこと、その自著を全客室内に置き、或る種“啓蒙運動”をされていたことも驚きなのである。けれども、海外のホテルでは『聖書』などがホテル客室内に置かれていることは珍しくない。それと同じような感覚で“歴史の本”を置いたとすれば、別に何の問題もない。『聖書』を置いているホテルの経営者が、客に対して“キリスト教を強要している”とは誰も思わないだろう。まあ、暇つぶしに“読むのも良いかな”と思う程度のことである。したがって、同じような感覚で自著を置いていたとすれば、それを非難するのは“的外れ”でしかない。しかも、自分の政治思想を押し付けるような書籍ではなく、客観的な資料に基づいた“近現代史”であれば、批判する理由がない。これを投稿したのはアメリカ女性と中国男性のカップルらしいが、簡単にいうと「こういうホテルには泊まるな」的な意図を持っての投稿であろう。それは、もしかしたら“事実を知ってしまう”ことによって、それまでの思想や価値観が崩れてしまう可能性を恐れているのかもしれない。多分、それほど客観的に記述されている、ということであろう。私が「素晴らしい」と思ったのは、その動画炎上を知っての本谷氏の対応である。極めて冷静に、本来の趣旨や現在の状況を公開し、少しも感情的になっていないことである。研究者としてだけでなく、ホテル経営者としても、第一級の人物であることを見せつけている。


最近の記事はこちら

“車離れ”は「本当の先進国」になった証拠

“若者の車離れ”に歯止めが掛からない。それを何んとか防ごうと、19日、トヨタは新しく「GR」シリーズを発売すると発表した。スポーツカーブランドを一新することで、低迷が続く国内の自動車販売をテコ入れした…続きを読む

「生前継承」された7代目の“宗教”

先日、テレビで今も継承され続ける「カクレキリシタン」に関するドキュメンタリーが放映されていた。その中で印象的だったのは、現在の指導者が口にした“普通のキリスト教やカトリックとは違う”という発言だった。…続きを読む

甲冑姿の「サムライ」が刀を向ける

近年の歴史・時代物ブームで“古戦場跡”観光というものが盛り上がっている。それ自体は良いことなのだが、その“古戦場跡”の一つ「関ケ原」で全身甲冑姿の「サムライ」が、山頂に続く階段を登りきったところで待ち…続きを読む

「時代について行く」選択は正しいのか

毎日、そこかしこに情報があふれている。無意識にわれわれは、その情報の多くを吸収しながら生きている。それが「時代について行く」という“生き方”である。けれども、本当に、それが“幸福な生き方”なのかどうか…続きを読む

「ノーベル賞の卵」が“非正規雇用”で働く

山中伸弥氏と言えば、謂わずと知れた“ノーベール賞科学者”である。現在は京都大学の細胞研究所所長を務めている。そのHP上に「ご支援のお願い」が掲載された。彼によると、研究所で働く教職員の9割が“非正規雇…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.