今日の迷言・余言・禁言

終わりの始まり? “タイトルの変更”

テレビ朝日が4月から放送予定だったドラマ「サヨナラ、きりたんぽ」が、“きりたんぽ”の地元などからの猛烈な抗議を受け、ドラマ開始直前に“タイトル未定”に変更された。確かに、地元民が怒るのも理解はできる。このドラマが、かつて実際に起こった「“局部切り取り”の阿部定事件」をモチーフにしているからだ。そうだとすれば「きりたんぽ」は「切りチンポ」を連想させる。怒るというより“あきれる”のが当然なのだ。もう少し“表現のしよう”があったと思う。その発想者は何んとAKB48を率いる秋元康氏である。彼は元々作詞家だ。言葉には人一倍“敏感”なはずである。もしかすると彼は、あえて「きりたんぽ」と表現したのかもしれない。そうやって世間の関心を集めて、視聴率を上げたかったのかもしれない。そして主役を演じるAKB48・渡辺麻友の“女優としての変身”を後押ししたかったのかもしれない。確かに、AKB出身者たちの“その後”は今一つパッとしていない。歌手としても、女優としても、AKBとしてではなく“個人”としては今一つ不発なのだ。この辺で“大人の女優”を育てて、もう一度AKB全体に世間の関心を呼び戻したい。そう考えたとしても不思議ではない。それならばインパクトのある“平成の阿部定事件”を描いて、世間の注意を惹きつけよう。タイトルは誰もが“連想しやすいように”「サヨナラ、きりたんぽ」が良い。秋元氏の意図は、半分、当った。確かに世間は注目してくれた。ドラマが始まる前の段階で注目されたのだ。しかも、“イメージ作戦”は成功し、誰もが「きりたんぽ」と「切りチンポ」を重ね合わせてくれた。ところが、秋元氏は地元がどれだけ名産品としての「きりたんぽ」を大切に扱ってきているか、神聖なものとして売り出しているか、知らなかった。さらに“イメージの問題”としても、二つのイメージが重ね合わされた後、食欲をそそる名産品となりうるか…見逃していたのだ。時代は、栄華を誇って来た秋元氏にもAKBにも“冷ややかな風”が吹き始めている。


最近の記事はこちら

「歴史」は創るものではなく、出来上がるもの

「貿易戦争」という言葉が一般化してきた。昨日、中国では“世界フォーラム”が開かれたが、その中で楊潔氏は「中国は貿易戦争を望まないが、恐れもしない」という表現で、アメリカとの対決姿勢を前面に打ち出した。…続きを読む

セブン&ローソン「居酒屋」を兼ねる⁉

7月17日から「セブン―イレブン」では店頭で“生ビール”を発売するそうだ。レジ横にビアサーバーが設置され、Sサイズ100円、Mサイズ190円也の“生ビール”を販売するらしい。もちろん、会社帰りのサラリ…続きを読む

「命のロウソク」は売っていないのに…

東京江戸川区の住宅で13日の夜、練炭による“集団自殺”の可能性が高い5人の死体が発見された。おそらく、この家の持ち主が“自殺志願者”たちを道連れにして集団自殺を図ったと思われる。今のところ、男性一人、…続きを読む

美穂は「黄金期」を再来できるか

丁度、80年代から90年代にかけて日本の“バブル期”と重なっていたのがフジテレビの“黄金期”だった。そのフジテレビが“復活”を目指すべく“白羽の矢”をたてたのが女優・中山美穂氏である。確かに、89年「…続きを読む

「死後」も“お騒がせ”しております⁉

よく“生前”いろいろとトラブルを起こしていた人物が亡くなった時「これでようやく穏やかな日常が過ごせるね」等と親戚たちが話しているのを耳にする。ところが、世の中には“死んでから”もトラブルを起こし続ける…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.