今日の迷言・余言・禁言

終わりの始まり? “タイトルの変更”

テレビ朝日が4月から放送予定だったドラマ「サヨナラ、きりたんぽ」が、“きりたんぽ”の地元などからの猛烈な抗議を受け、ドラマ開始直前に“タイトル未定”に変更された。確かに、地元民が怒るのも理解はできる。このドラマが、かつて実際に起こった「“局部切り取り”の阿部定事件」をモチーフにしているからだ。そうだとすれば「きりたんぽ」は「切りチンポ」を連想させる。怒るというより“あきれる”のが当然なのだ。もう少し“表現のしよう”があったと思う。その発想者は何んとAKB48を率いる秋元康氏である。彼は元々作詞家だ。言葉には人一倍“敏感”なはずである。もしかすると彼は、あえて「きりたんぽ」と表現したのかもしれない。そうやって世間の関心を集めて、視聴率を上げたかったのかもしれない。そして主役を演じるAKB48・渡辺麻友の“女優としての変身”を後押ししたかったのかもしれない。確かに、AKB出身者たちの“その後”は今一つパッとしていない。歌手としても、女優としても、AKBとしてではなく“個人”としては今一つ不発なのだ。この辺で“大人の女優”を育てて、もう一度AKB全体に世間の関心を呼び戻したい。そう考えたとしても不思議ではない。それならばインパクトのある“平成の阿部定事件”を描いて、世間の注意を惹きつけよう。タイトルは誰もが“連想しやすいように”「サヨナラ、きりたんぽ」が良い。秋元氏の意図は、半分、当った。確かに世間は注目してくれた。ドラマが始まる前の段階で注目されたのだ。しかも、“イメージ作戦”は成功し、誰もが「きりたんぽ」と「切りチンポ」を重ね合わせてくれた。ところが、秋元氏は地元がどれだけ名産品としての「きりたんぽ」を大切に扱ってきているか、神聖なものとして売り出しているか、知らなかった。さらに“イメージの問題”としても、二つのイメージが重ね合わされた後、食欲をそそる名産品となりうるか…見逃していたのだ。時代は、栄華を誇って来た秋元氏にもAKBにも“冷ややかな風”が吹き始めている。


最近の記事はこちら

日本が「告発社会」に変わっていく“怖さ”

昨日から今日にかけて、二つの“小さな出来事”がニュースとなった。その両方を読みながら、最近の日本が徐々に北朝鮮と同じような「告発社会」に変わりつつあるような気がして怖くなった。小さな出来事の一つは29…続きを読む

誰でも“身の丈に合った生活”が心地好い

大昔のアイドルで現在は女優の大場久美子氏が18日にブログを更新し、現在のサラリーマンの夫との“質素な生活”が「とても心地よくリラックスできる」と綴っている。もう少しで“還暦”を迎える今になって気付いた…続きを読む

「宗教」が世界の「平和」を奪っていく

サウジアラビアの記者がトルコの大使館内で殺害された事件は記憶に新しいが、政権批判はどの時代や地域においても“暗殺”の対象となる。特に、それが“宗教批判”とも密接に関わっている場合、その危険性がより高く…続きを読む

「過去は幻」なぜ「今」を信じなかった⁉

誰にでも「過去」はある。時には“触れてはならない過去”もある。日本でも年末になると、普段は「宝くじ」を購入しない人が、不意に思いついて“宝くじ売り場”に並んだりする。この人も、そういう人の一人だった。…続きを読む

「貿易戦争」が「仮想通貨」を上昇させる⁉

アメリカから第4弾の“制裁関税”が通告された14日から、中国の外務省はそれまでの「貿易摩擦」という表現をやめ「貿易戦争」という表現に切り替えた。このタイミングに合わせるかのように一気に暴騰したものがあ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.