今日の迷言・余言・禁言

結婚生活が危惧される病気

このところ“お世話がせ弁護士”になってしまった感のある大渕愛子さんが「ヘバーデン結節」という病気の可能性を医師から指摘されたらしい。40代以降の女性に多く発症する謎の病気で、手指の第一関節の背側付近にコブが出来るとか歪みが出るのが特徴で、“関節リウマチ”に似た症状となるのが特徴だ。彼女の場合は、たまたま飼い猫に噛まれたので万一を考え病院に行ったようだが、それよりも気になる箇所として右手薬指の「ヘバーデン結節」を指摘されたという。ところで医師でもない私が、なぜこの部分に着目するかというと、薬指や小指は女性の場合、結婚生活に深く関わっていて、これらの指を怪我するとか病気で歪みだすとかするのは“要注意の相”であるからだ。実際、私は過去に薬指がゆがみだしてから結婚生活に支障が出てきた女性を何人も知っている。元々手相では“配偶者”或いは“親戚”の指とされるのが薬指で、この指に何らかの支障が出て来る場合、結婚生活にも問題が生じて来る場合が多い。実は、薬指と小指は“神経系”と深く関係し、手指の神経障害やリウマチでもこの二本に顕著に出て来る。掌を差し出した時、中指と薬指との間に“大きな溝”が出来るのは、親戚関係で何らかのトラブルを抱えているか、配偶者との間に問題が生じているか、大体がどちらかなのだ。或る女性は、薬指の関節が痛みを伴い歪みだして以降、夫が重病に陥り、夫の親族との間で誤解が生まれ、自分自身も上手く手指が使えなくなってしまった。そうして夫は間もなく亡くなったが、財産の全ては親兄弟に奪われてしまった。薬指と小指が極端に曲がっていた女性は、婦人科系の疾患から子宮を全摘出し、その後、夫との間に溝が産れ、結局子供も手放すことになってしまった。そういう風に、薬指や小指の異常や変形は“結婚生活”に支障が生じやすいのだ。今のところ、大渕弁護士の処は何とか保っているが、今後、結婚生活そのものが崩れて来るようなことにならないよう願っている。


最近の記事はこちら

90代女性が300人働いている企業

私など“80代”でもすごいと思うのだが、その80代では2600人が働いているという。そして“90代”で300人が働く。しかも全員が女性達である。神谷知子執行役員によれば、その80代から90代の“仕事人…続きを読む

81歳「心中」“見せかけ殺人”なのか?

昨日まで入院していた81歳の女性が、退院と同時に“元夫の殺人容疑”で逮捕された。馬場妙子容疑者だった。けれども彼女は「心中しようとしたのだ」と言って殺人を否定している。今月16日午前4時ごろ、博多港か…続きを読む

「慰安婦はアイドル」の訪日韓国人たち

韓国にも良識のある人はいる。その一人は世宗大教授の朴裕河(パク・ユハ)氏だ。彼は『帝国の慰安婦』を出版、その内容が慰安婦の方々の名誉を傷つけるとして起訴されたが、今年1月無罪となった。その朴氏だが、こ…続きを読む

「大富豪」と「ホームレス」だけ居住する街になる

世界で一番“お金持ち”が沢山暮らしている街はどこだろう? そう、ニューヨークだ。もちろん、東京ではない。それでは世界で一番“ホームレス”が多い街はどこだろう? 実は、これもニューヨークなのだ。つまり、…続きを読む

「病は気から」は本当だったが…

北大の村上教授を中心とする免疫学チームが「病は気から」のことわざを実証するデータを15日オンライン科学誌上で発表した。つまり、マウス実験により睡眠不足などの慢性的なストレスを与えて、それに神経細胞を攻…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.