今日の迷言・余言・禁言

結婚生活が危惧される病気

このところ“お世話がせ弁護士”になってしまった感のある大渕愛子さんが「ヘバーデン結節」という病気の可能性を医師から指摘されたらしい。40代以降の女性に多く発症する謎の病気で、手指の第一関節の背側付近にコブが出来るとか歪みが出るのが特徴で、“関節リウマチ”に似た症状となるのが特徴だ。彼女の場合は、たまたま飼い猫に噛まれたので万一を考え病院に行ったようだが、それよりも気になる箇所として右手薬指の「ヘバーデン結節」を指摘されたという。ところで医師でもない私が、なぜこの部分に着目するかというと、薬指や小指は女性の場合、結婚生活に深く関わっていて、これらの指を怪我するとか病気で歪みだすとかするのは“要注意の相”であるからだ。実際、私は過去に薬指がゆがみだしてから結婚生活に支障が出てきた女性を何人も知っている。元々手相では“配偶者”或いは“親戚”の指とされるのが薬指で、この指に何らかの支障が出て来る場合、結婚生活にも問題が生じて来る場合が多い。実は、薬指と小指は“神経系”と深く関係し、手指の神経障害やリウマチでもこの二本に顕著に出て来る。掌を差し出した時、中指と薬指との間に“大きな溝”が出来るのは、親戚関係で何らかのトラブルを抱えているか、配偶者との間に問題が生じているか、大体がどちらかなのだ。或る女性は、薬指の関節が痛みを伴い歪みだして以降、夫が重病に陥り、夫の親族との間で誤解が生まれ、自分自身も上手く手指が使えなくなってしまった。そうして夫は間もなく亡くなったが、財産の全ては親兄弟に奪われてしまった。薬指と小指が極端に曲がっていた女性は、婦人科系の疾患から子宮を全摘出し、その後、夫との間に溝が産れ、結局子供も手放すことになってしまった。そういう風に、薬指や小指の異常や変形は“結婚生活”に支障が生じやすいのだ。今のところ、大渕弁護士の処は何とか保っているが、今後、結婚生活そのものが崩れて来るようなことにならないよう願っている。


最近の記事はこちら

同じ“不満”を感じさせないために…

最近は仕事では滅多に札幌から動かない。その私が珍しく動いた。あまりにも熱心に天童春樹先生や天晶礼乃先生から何年もの間、大阪で“占いの講習会”を開くよう勧められたからである。まあ、ハッキリ言うと断り切れ…続きを読む

子供たちは「わるもの」の正体を知っている

新日本プロレスのエース・棚橋弘至氏が主演する映画であることは知っていた。その内容も、棚橋選手が“悪役レスラー”として登場する映画だということも知っていた。ただ、その原作が人気絵本の『パパのしごとはわる…続きを読む

15人のうち「7人の癌(がん)」が消えた!

さまざまな分野で“奇跡の療法”と呼ばれるものが存在する。正式な“医学療法”もあれば“民間療法”もある。ただ、どちらの療法にしても人によって“合う・合わない”はあって、誰にでも“確実に効く”と言う療法は…続きを読む

「宥恕(ゆうじょ)」で“新しい人生”が始まる

永年、日本人をやっているが、時々、未だに“知らなかった言葉”に出くわして面食らうことがある。今回は「宥恕=ゆうじょ」だ。決して「遊女=ゆうじょ」ではないので、念のため。さて「宥恕」とは何だろう。辞書に…続きを読む

「日本の自由」は“素晴らしい国”の証

9月18日発売『新潮45』10月号の特集では、8月号で問題となった自民党・杉田水脈氏の論文《「LGBT」支援の度が過ぎる》に対して、擁護する趣旨の論文を掲載。《そんなにおかしいか「杉田水脈」論文》とし…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.