今日の迷言・余言・禁言

“縛られない”生き方と「現代アート」

「ジャンミシェル・バスキア」という画家をご存じだろうか? 多分、知っている人は少ないだろう。ニューヨークのインディーズバンドから出た画家だが27歳にして麻薬ヘロインの吸引過剰で亡くなっている。その間、遺した絵画は900点以上とも言われるが、現代アートなので一般に知られるような絵画ではない。「ブラック・ピカソ」とも呼ばれる雰囲気の作品群だ。その彼の作品「無題」を、オークションで63億円の価格で落札した日本人がいる。「現代芸術振興財団」の会長・前沢友作氏だ。このように書いてもピンとくる人は少ないと思うので、ダルビッシュの前妻・紗栄子さんの“現恋人”で通販「ゾゾタウン」創業者と言った方が理解していただけそうな気がする。ただ彼は確かに“大金持ちの企業家”だが、元々自らも高校生の時にインディーズバンドを結成し、ニューヨークに音楽留学をし、その「出発点」ではバスキアと共通するものがある。つまり彼は本当に「ブラック・ピカソ」を理解して落札している。金持ちの道楽なのではない。事実、彼は多数の現代アートを所有し、近く建設予定の美術館でそれらを公開予定でもある。日本の若手現代画家たちの支援も行っている。通常、企業家で大資産家というと“金にモノを言わせて”と考えがちだが、彼の場合は明らかに意図が異なる。おそらく紗栄子さんとの恋愛も、趣味や価値観の一致から入っているような気がする。二人とも多分「世間の眼」など気にならないタイプなのだ。こういう本当の意味での“縛られない”生き方を実践している人物が支援する「アート」は“未来のピカソ”を生み出すに違いない。


最近の記事はこちら

「反則タックル」はプロレスで活かせ!

最近、スポーツ関係での「パワハラ」問題、行政関係での「セクハラ」問題などが報道されることが多い。どのような分野でも“行き過ぎ”“やり過ぎ”は問題なのだが、過度に神経質になって、何でもかんでも「パワハラ…続きを読む

「グランドクロス」を生きる人々

「ピーター」と呼ばれていた池畑慎之介氏がちょっとだけ“休業”し、もう「ピーター」の名は使わないらしい。これを「休業宣言」と受け止めて良いかは疑問だが、とにかく「休み」が欲しくなったのだな…ということだ…続きを読む

「ZOZO」は“世界”へ飛翔できるか

ファッション通販のショッピングサイトとして絶大な人気を誇る「ZOZOTOWN」を運営している株式会社スタートトゥディが6月26日の株主総会で社名変更を決議する。社名も「ZOZO」に変更・統一するという…続きを読む

「二刀流・松坂」が始まる

私が開幕前から予告していたように、中日の松坂大輔投手が「二刀流」で2勝目を挙げた。20日の試合で、その第2打席、第3打席で二打席連続のヒットを放ったのだ。「松坂大輔」といえば、もう“過去の人”だった。…続きを読む

子供を働かせる「アイドル商法」

週刊文春で今年3月21日に首を吊って自殺した愛媛の“農業アイドル”「愛の葉」主力メンバー大本萌景(おおもとほのか・享年16)さんの母親が、娘が自殺に至った経緯を詳細に語っている。それを読むと、これは明…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.