今日の迷言・余言・禁言

“縛られない”生き方と「現代アート」

「ジャンミシェル・バスキア」という画家をご存じだろうか? 多分、知っている人は少ないだろう。ニューヨークのインディーズバンドから出た画家だが27歳にして麻薬ヘロインの吸引過剰で亡くなっている。その間、遺した絵画は900点以上とも言われるが、現代アートなので一般に知られるような絵画ではない。「ブラック・ピカソ」とも呼ばれる雰囲気の作品群だ。その彼の作品「無題」を、オークションで63億円の価格で落札した日本人がいる。「現代芸術振興財団」の会長・前沢友作氏だ。このように書いてもピンとくる人は少ないと思うので、ダルビッシュの前妻・紗栄子さんの“現恋人”で通販「ゾゾタウン」創業者と言った方が理解していただけそうな気がする。ただ彼は確かに“大金持ちの企業家”だが、元々自らも高校生の時にインディーズバンドを結成し、ニューヨークに音楽留学をし、その「出発点」ではバスキアと共通するものがある。つまり彼は本当に「ブラック・ピカソ」を理解して落札している。金持ちの道楽なのではない。事実、彼は多数の現代アートを所有し、近く建設予定の美術館でそれらを公開予定でもある。日本の若手現代画家たちの支援も行っている。通常、企業家で大資産家というと“金にモノを言わせて”と考えがちだが、彼の場合は明らかに意図が異なる。おそらく紗栄子さんとの恋愛も、趣味や価値観の一致から入っているような気がする。二人とも多分「世間の眼」など気にならないタイプなのだ。こういう本当の意味での“縛られない”生き方を実践している人物が支援する「アート」は“未来のピカソ”を生み出すに違いない。


最近の記事はこちら

「カジノ」で“勝つ”か“負ける”かの選挙戦

北海道と大阪府の知事選で“勝つ”か“負ける”かの「鍵」を握っていそうなのが「カジノ」である。カジノというのは文字通り“勝ち・負け”を競うところだが、そのカジノ誘致が経済活性化の起爆剤と「噂」されている…続きを読む

不可思議なもの「親の血を引く兄弟」

昔、北島三郎氏は「♪親の血を引く兄弟よりも…」と歌った。実際、世の中には“実の兄弟”よりもはるかに“兄弟的な関係”となる友人・仲間・同僚を持つ人達もいる。特に20代から50代くらいまでの間、血縁者たち…続きを読む

「未来」には“さまざまな選択肢”がある

人は思いつめると「もう、これしかない」という結論に陥りがちなものである。さまざまな事件とか、犯行とかは、そういう時に起こる。世の中には、最初から“犯罪者的素質”を持って生まれている人もいることはいるが…続きを読む

「怖い女たち」を彩ったトプカプの至宝

今日3月20日から六本木の「国立新美術館」でオスマン帝国の栄華を誇った時代の「トルコ至宝展」が開かれている。15世紀から18世紀の時代に使われていたトプカプ宮殿秘蔵の品々が展示されているのだ。どうして…続きを読む

「ネット民」は“敵”か“味方”か⁉

現代は「世間の声」としてのインターネット上の“書き込み”を無視できない時代となっている。時として、それが“幸運をもたらす”場合もあれば、“不幸を引き連れて来る”場合もある。昨日、モデルでタレントの梅宮…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.