今日の迷言・余言・禁言

“縛られない”生き方と「現代アート」

「ジャンミシェル・バスキア」という画家をご存じだろうか? 多分、知っている人は少ないだろう。ニューヨークのインディーズバンドから出た画家だが27歳にして麻薬ヘロインの吸引過剰で亡くなっている。その間、遺した絵画は900点以上とも言われるが、現代アートなので一般に知られるような絵画ではない。「ブラック・ピカソ」とも呼ばれる雰囲気の作品群だ。その彼の作品「無題」を、オークションで63億円の価格で落札した日本人がいる。「現代芸術振興財団」の会長・前沢友作氏だ。このように書いてもピンとくる人は少ないと思うので、ダルビッシュの前妻・紗栄子さんの“現恋人”で通販「ゾゾタウン」創業者と言った方が理解していただけそうな気がする。ただ彼は確かに“大金持ちの企業家”だが、元々自らも高校生の時にインディーズバンドを結成し、ニューヨークに音楽留学をし、その「出発点」ではバスキアと共通するものがある。つまり彼は本当に「ブラック・ピカソ」を理解して落札している。金持ちの道楽なのではない。事実、彼は多数の現代アートを所有し、近く建設予定の美術館でそれらを公開予定でもある。日本の若手現代画家たちの支援も行っている。通常、企業家で大資産家というと“金にモノを言わせて”と考えがちだが、彼の場合は明らかに意図が異なる。おそらく紗栄子さんとの恋愛も、趣味や価値観の一致から入っているような気がする。二人とも多分「世間の眼」など気にならないタイプなのだ。こういう本当の意味での“縛られない”生き方を実践している人物が支援する「アート」は“未来のピカソ”を生み出すに違いない。


最近の記事はこちら

同じ“不満”を感じさせないために…

最近は仕事では滅多に札幌から動かない。その私が珍しく動いた。あまりにも熱心に天童春樹先生や天晶礼乃先生から何年もの間、大阪で“占いの講習会”を開くよう勧められたからである。まあ、ハッキリ言うと断り切れ…続きを読む

子供たちは「わるもの」の正体を知っている

新日本プロレスのエース・棚橋弘至氏が主演する映画であることは知っていた。その内容も、棚橋選手が“悪役レスラー”として登場する映画だということも知っていた。ただ、その原作が人気絵本の『パパのしごとはわる…続きを読む

15人のうち「7人の癌(がん)」が消えた!

さまざまな分野で“奇跡の療法”と呼ばれるものが存在する。正式な“医学療法”もあれば“民間療法”もある。ただ、どちらの療法にしても人によって“合う・合わない”はあって、誰にでも“確実に効く”と言う療法は…続きを読む

「宥恕(ゆうじょ)」で“新しい人生”が始まる

永年、日本人をやっているが、時々、未だに“知らなかった言葉”に出くわして面食らうことがある。今回は「宥恕=ゆうじょ」だ。決して「遊女=ゆうじょ」ではないので、念のため。さて「宥恕」とは何だろう。辞書に…続きを読む

「日本の自由」は“素晴らしい国”の証

9月18日発売『新潮45』10月号の特集では、8月号で問題となった自民党・杉田水脈氏の論文《「LGBT」支援の度が過ぎる》に対して、擁護する趣旨の論文を掲載。《そんなにおかしいか「杉田水脈」論文》とし…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.