今日の迷言・余言・禁言

縮まらない「日・韓」の距離

日本在住の韓国人記者が書いたレポートを読んだ。最近、訪日韓国人に対して露骨な“嫌がらせ”や“差別”が頻繁に起こっているという。例えば、すし店でわざとわさびを多くして、その辛さに涙を流しながら食べる韓国人を見て、すし職人が笑っているとか、観光バスのチケットに「チョン」という差別用語が印字されてあったりするのだという。それにも関わらず、日本を訪れる韓国人は年々増えていて、2012年には204万人、2013年には245万人、2014年には275万人、2015年には400万人、今年は500万人に達する可能性すらあるらしい。それに対して、韓国を訪れる日本人は年々減っていて、2012年には351万人、2013年には274万人、2014年には228万人、2015年には183万人と激減している。彼に言わせると、このように韓国人は日本に沢山来て、日本を理解しようとし、日本経済に寄与しているのに、嫌がらせをするとか、明らかな差別行為をするのはどうしてなのか。韓国人は、過去に日本が犯した誤りを認めて謝罪してほしいだけなのに、それがどうしてできないのだろう…と嘆いていた。う~ん、何かが違う。彼は「半日」と「嫌韓」とを天秤にのせて語っているのだが、そこには根本的な違いがある。まず「半日」というのは“歴史認識と価値観の教育”から来ていて、既に“政治決着のついた問題”を蒸し返して“世界の倫理”に訴えるキャンペーンを行っているもので、誤った政治政策であり、歴史教育なのだ。確かに、日本人が犯した“過去の過ち”はあるが、それを70年以上も引き摺って子孫たちに対して「謝れ」「謝れ」を繰り返している。ヨーロッパの歴史を見れば解かるが、彼らはずっと争い続けた歴史を持ってはいるが、憎しみや恨みを国民として引き摺ってはいない。昔、戦った者同士が、隣国の仲間として認め合って現在のEUを形成している。大統領自ら、日本の首相の握手に応じない画像を見せつけられた日本人に、自分達には“嫌がらせをするな”というのは、少し虫が良すぎるのではないだろうか。世界に「慰安婦像」を増やしていこうとする暴挙も、日本人に対する“嫌がらせ”以外の何物でもない。そういう国に「遊びに来てください」と言われても、行きにくいよ。もちろん、訪日韓国人に対して“嫌がらせ”や“差別”を行う行為は絶対にいけないが…。


最近の記事はこちら

「入れ墨」か「タトゥー」か

時々、どちらの言い分が正しいのか、判別が難しい対決がある。大阪地裁で争われている“医師法違反”もその一つで、医師免許がないのに“入れ墨”の施術をしたとして医師法違反に問われた“彫師の男性”が「タトゥー…続きを読む

“占い界”における藤井聡太はどこに?

最近、プロスポーツの世界では次代を担う“若き天才”たちが続々と誕生している。ここで取り上げる将棋世界の藤井聡太君など、その典型だ。まだ14歳の中学生だが、既に昨年10月からプロ棋士四段に昇格した。そし…続きを読む

「EU」が揺れている

11人が立候補したフランスの大統領選で、予想されていた通り過半数を得たものがなく、改めて5月7日に「国民戦線」のルペン氏と、「前進!」のマクロン氏との間で“決選投票”が行われることが決まった。ルペン氏…続きを読む

北朝鮮にも“隠れキリシタン”がいた!

“隠れキリシタン”と言えば、江戸時代の長崎を思い浮かべる。現在でも、その子孫の方々が存在していて“隠れキリシタンの信仰”が維持されている。もう、日本では堂々と“キリスト教徒”を名乗って良いのに、子孫の…続きを読む

“究極の美”は、“マゾ体質”の証明

確かに、その人は美しい。とても50歳には見えない。「美のカリスマ」と呼ばれる。本人も「肌の美しい人を見ると、つい傍に行って話しかけてしまう」とおっしゃる。確かに“美”へのこだわりが強いようだ。君島十和…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.