今日の迷言・余言・禁言

縮まらない「日・韓」の距離

日本在住の韓国人記者が書いたレポートを読んだ。最近、訪日韓国人に対して露骨な“嫌がらせ”や“差別”が頻繁に起こっているという。例えば、すし店でわざとわさびを多くして、その辛さに涙を流しながら食べる韓国人を見て、すし職人が笑っているとか、観光バスのチケットに「チョン」という差別用語が印字されてあったりするのだという。それにも関わらず、日本を訪れる韓国人は年々増えていて、2012年には204万人、2013年には245万人、2014年には275万人、2015年には400万人、今年は500万人に達する可能性すらあるらしい。それに対して、韓国を訪れる日本人は年々減っていて、2012年には351万人、2013年には274万人、2014年には228万人、2015年には183万人と激減している。彼に言わせると、このように韓国人は日本に沢山来て、日本を理解しようとし、日本経済に寄与しているのに、嫌がらせをするとか、明らかな差別行為をするのはどうしてなのか。韓国人は、過去に日本が犯した誤りを認めて謝罪してほしいだけなのに、それがどうしてできないのだろう…と嘆いていた。う~ん、何かが違う。彼は「半日」と「嫌韓」とを天秤にのせて語っているのだが、そこには根本的な違いがある。まず「半日」というのは“歴史認識と価値観の教育”から来ていて、既に“政治決着のついた問題”を蒸し返して“世界の倫理”に訴えるキャンペーンを行っているもので、誤った政治政策であり、歴史教育なのだ。確かに、日本人が犯した“過去の過ち”はあるが、それを70年以上も引き摺って子孫たちに対して「謝れ」「謝れ」を繰り返している。ヨーロッパの歴史を見れば解かるが、彼らはずっと争い続けた歴史を持ってはいるが、憎しみや恨みを国民として引き摺ってはいない。昔、戦った者同士が、隣国の仲間として認め合って現在のEUを形成している。大統領自ら、日本の首相の握手に応じない画像を見せつけられた日本人に、自分達には“嫌がらせをするな”というのは、少し虫が良すぎるのではないだろうか。世界に「慰安婦像」を増やしていこうとする暴挙も、日本人に対する“嫌がらせ”以外の何物でもない。そういう国に「遊びに来てください」と言われても、行きにくいよ。もちろん、訪日韓国人に対して“嫌がらせ”や“差別”を行う行為は絶対にいけないが…。


最近の記事はこちら

「竜宮の遣い」出現は“幸運”?“災い”?

「リュウグウノツカイ(竜宮の遣い)」と呼ばれる“深海魚”をご存じだろうか。深海魚であるから、滅多なことでは姿を現さない。体長が3m以上ある太刀魚に似た体形の奇妙な魚類である。昨日、舞鶴市の沖合でこのリ…続きを読む

「正義」に固執しすぎる時代

最近のニュースには「正義」というものに固執し過ぎているものが多い。特に「絶対正義」だ。その時、正義でも時代が変わることで、正義でなくなってしまうことは少なくない。例えば太平洋戦争の時代、お国のために“…続きを読む

ただ働きで借金⁉「連邦職員はつらいよ」

昨年末からアメリカの政府機関が閉鎖したままになっている。当然のことながら、そこで働く人たちに給与は出ていない。その数約80万人である。政府機関の中には仕事そのものも休止した状態で閉鎖されたままの部署も…続きを読む

「もう一つの学校」が必要な時代

中学校などの教育現場で今、深刻な状態を引き起こしているのが「隠れ不登校」の問題だ。病気とかイジメとか精神的な問題から「不登校」が生じてしまうことはしばしば耳にする。学校側が定義する「不登校児」というの…続きを読む

「天使のはしご」で空を飛ぶ

ときどき神様はイタズラをする。神様というのはイタズラ好きなのだ。「天使のはしご」も、その一つなのに違いない。昨日、朝、東京上空には「天使のはしご」が降りた。私はその名称を知らなかった。重く垂れこめた雲…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.