今日の迷言・余言・禁言

習近平主席とトランプ大統領にも「冷却期間30日」を⁉

昨日、中国の全国人民代表大会において「民法典」が可決・成立した。その内容は、中国では夫婦間で「離婚届」を出そうとした場合、“30日間の冷却期間”を待たなければ受理されないよう法改正したもので、来年1月1日より施行される。この法律の成立に対し中国版ツイッターでは「離婚の冷却期間に反対」という投稿の閲覧数が2500万回に達したらしい。どうして、このような法律を定めたのかというと、少しでも離婚を防ぎたいからだ。近年、中国では女性の社会的進出が著しく、夫をあてにしない女性が多くなって、その結果なのか離婚数が急増している。それに“歯止め”を掛けたいのだ。ただ、日本人の感覚として解からないのは、役所に「離婚届」を提出した後、すぐに受理されない場合、二人の生活をどうするのか、気になるところだ。例えば、その後の一か月間を“一緒に暮らせる”夫婦であれば、最初から離婚しないような気もするのだが…。確かに、中国人は日本人に比べて何事にも反応が早い。或る意味で“性急な民族”である。だから、そういう点では、他人事ながら、そうした方が良いような気がしないでもない。「すぐに反応する」という点で言うと、中国の習近平主席とアメリカのトランプ大統領も、反応が早い。この二人、夫婦ではないが“相性が悪い”のか、常に火花を散らしている。互いに一歩も譲らない。まあ“ライバル同士”というものは、どうしてもそうなりやすいものだが、この二人と何となく“仲良く(?)”出来ている金正恩氏は、或る意味すごい。まあ、習近平主席もトランプ大統領も、よその国に対して威圧的で“すぐ喧嘩する”から、性質的には似ていて「喧嘩するほど仲が良い」と観ることも出来そうな…やっぱり出来なそうな…。お互いに直ぐ反応してしまうのは間違いないので、やっぱり互いの発言に「30日の冷却期間」を定めてから、公にするような形に変えてしまった方が、ぶつかり合わなくて済むような気がする。


最近の記事はこちら

元気があれば「脱獄トンネル」も掘れる⁉

人間には簡単に世をはかなんで自殺してしまう人もいるが、たとえ“死刑囚”になっても、せっせと「脱獄トンネル」を掘り続ける人もいる。しかも、彼の場合には、それが“初めて”ではなかった。2017年にも一度ト…続きを読む

「もう良いのでは…」と言いたい“極細ウエスト”

世の中、いろいろな分野で「世界一」を目指す人はいる。アメリカのジョージア州に住む1児の母サミー・ウィルソン氏(26歳)は2年前まで、お世辞にも“美しいプロポーション”とは言えなかった。体重が89㌔もあ…続きを読む

「健康・余裕」の百歳なら良いのだが…

なんとなく北海道のニュースを眺めていて「敬老の日」に北海道だけで100歳以上のお年寄りが3867人もいると知って、その数の多さに驚いてしまった。昔は“百歳以上”というのは本当に稀で、文字通り「長寿」だ…続きを読む

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.