今日の迷言・余言・禁言

耳の「内郭」は何を物語るか

昨日、大麻所持容疑で伊勢谷友介が逮捕されたが、その画像を見ていて、同じく“大麻”で世間を騒がせた沢尻エリカ氏と同じ部位に“眼”が止まった。耳の「内郭」である。沢尻氏も伊勢谷氏も耳の内郭が、耳の外輪よりも極端に突き出ているのだ。沢尻氏の場合は「くの字」に突き出ているし、伊勢谷氏の方は「半円形」に突き出ている。この「内郭」部分というのは、俗に“世間”とか“社会”とか呼ばれる「枠組み」に対して、自分自身が“どう向き合っていくか”を物語る重要なサインとして注目すべき部分なのだ。そういえば、時代はかなり戻るが、かつて薬物事件を起こした押尾学氏も耳の「内郭」が突き出ていて特徴があった。“世間”や“社会”の「枠組み」から外れようとしたがる人は、耳の内郭が突き出た象形となる。実は、大昔の観相書では、ここをその人が「長男」であるかどうか、或いは「家業」を継承するかどうか、その判断の“要”と見ていた。つまり、ここが飛び出している人は、代々続いてきた「家系」「家業」を継承できず“飛び出していく”人の相と観立てたのだ。昔は、長男が“家業を継ぐ”とされていたから、ここが飛び出していれば「長男・長女ではない」と観た。けれども、今は“家業”と言っても、それを継承する人は少なく、よほどの“名家”でもない限り、その種の義務はない。したがって、古典的な相書の観方は役立たなくなったが、“世間”や“家庭”の「枠組み」を嫌うという部分は生きている。そして、ほとんどの場合には、家業も継承しないし、実家から十代後半になれば“飛び出して”行く。そういう意味では「内郭」としての根本的な意味は生きている。その根本には、この「内郭」は“自己”そのものでもあって、特に、その“思想的な生き方”においては、頑固なほどに自己を主張したがる。実は、薬物とは関係なくても、芸能人には耳の「内郭」が“突き出ている”人は多い。そうして、そういう人のほとんどが、特に“生き方”に関しては周囲からの干渉を嫌う。「私は私として」その生き方を貫きたがる。おそらく、伊勢谷容疑者は昔から大麻を常用していたのだろう。そうして、その部分に関しては、周囲からの“助言”も受け入れなかったに違いない。自らの「思想を貫く」のが彼らの特徴であり、生きる流儀でもあるからだ。


最近の記事はこちら

「もう良いのでは…」と言いたい“極細ウエスト”

世の中、いろいろな分野で「世界一」を目指す人はいる。アメリカのジョージア州に住む1児の母サミー・ウィルソン氏(26歳)は2年前まで、お世辞にも“美しいプロポーション”とは言えなかった。体重が89㌔もあ…続きを読む

「健康・余裕」の百歳なら良いのだが…

なんとなく北海道のニュースを眺めていて「敬老の日」に北海道だけで100歳以上のお年寄りが3867人もいると知って、その数の多さに驚いてしまった。昔は“百歳以上”というのは本当に稀で、文字通り「長寿」だ…続きを読む

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.