今日の迷言・余言・禁言

肝心な部分が不明の「ワンクリック離婚」

誰でも面倒のない方法が良いとは思う。「結婚」でも「離婚」でも、そうだ。昔に比べると「冠婚葬祭」はいずれも簡素化されつつある。そこでイギリスのデイリーメール紙が推奨しているのが通称「ワンクリック離婚」。ペーパーレスの離婚手続きらしい。英国で今年の1月から採用された政府の公式ウエブサイト上で記入事項を埋めていくだけの離婚手続きである。比較的簡単な記入方式で、二人の離婚を証明する“公式文書”がアップロードされる仕組みだ。実際、この方式を採用したことで、これまでミスが発生して一度で済まなかった離婚手続きが極端に減ったという。但し、このウエブシステムは意外に高くて、利用料が日本円にして8万円もかかる。それでも手間が煩わされないと、好評なのだそうだ。英国の新聞では全く問題がなさそうに書かれているが、日本人的な観点からすると、このシステムの一番の問題は“二人の意思”が反映されるようになっているのかどうかだ。ウエブ上で二人の“サイン記入”が可能ということなのだろうか。それならわからないでもない。そうでないと“なりすまし”とか片方だけの“勝手な提出”が横行しそうな気がする。しかも、すぐにウエブ上で“公式文書”としてアップロードされてしまうと、そう簡単には取り返しが効かない。その部分については、残念ながら記載がない。日本では、昨年、21万組が“離婚”している。結婚したのが“60万組”なので、単純計算で言えば、結婚してもその三分の一は離婚するということだ。よく「相性」が良ければ離婚しないかのよう勘違いしている方がいるが、相性が良くても離婚は起こる。但し、相性が良いと、当然のことながら、その結婚生活上の多くは良好である。ただ、どんなに仲の良い夫婦でもたまには喧嘩するとか意見が合わないこともある。元々「結婚運の良くない人」は、その時期を乗り越えられない。些細なことから離婚に発展してしまうケースも多い。そういう意味で、自分が“どういう結婚運”を持ち、どうすれば危険な時でも“クリアできる”か、知っておくことは占い好きな人にのみ与えられた「賢い知恵」なのだ。


最近の記事はこちら

「教祖」で「歌手」で「会長」と呼ばれた男

13000人の出資者から総額460億円を“だまし取った容疑”で逮捕された「田中正人」こと「銅子正人」41歳。一応「テキシアジャパン」という投資コンサルティング会社の会長とされる人物である。だが、この人…続きを読む

「田んぼ」は「銀座」となり、また「田んぼ」に還る⁉

三重県津市に通称「レオパレス銀座」と呼ばれる地域がある。不動産会社レオパレス21が建築した“同じような形状のアパート”が乱立している。およそ1キロ四方の区域内に40棟ものレオパレス物件が並んでいる。け…続きを読む

同一の年齢と病気、同一アスペクトからの復活

昨年の「アジア大会」で6冠を達成した“競泳界のホープ”池江璃花子氏が白血病で緊急入院となった。私は以前、ブログの中で彼女の姓名について「池」も「江」も共に“水中”を表わす文字で「璃」は元々“青い宝石”…続きを読む

日本の“奥深さ”を表わす「日向」

私もつい最近知ったばかりだった「欅坂46」と「けやき坂46」の違い。それまで私は“同じグループ”だとばかり思っていた。ただ、それにしてはなぜ「欅坂46」と漢字表記したり「けやき坂46」とひらがな表記し…続きを読む

世界は沈黙で「日本へのミサイル」を許す⁉

2月27日にベトナムのダナンで第2回目の「米朝会談」が開かれることが決定的となった。日本国内においては、今回の会談を重要視する人は少ない。ほとんどの人が「なんでまたやるの?」「同じことの繰り返しでしょ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.