今日の迷言・余言・禁言

肝心な部分が不明の「ワンクリック離婚」

誰でも面倒のない方法が良いとは思う。「結婚」でも「離婚」でも、そうだ。昔に比べると「冠婚葬祭」はいずれも簡素化されつつある。そこでイギリスのデイリーメール紙が推奨しているのが通称「ワンクリック離婚」。ペーパーレスの離婚手続きらしい。英国で今年の1月から採用された政府の公式ウエブサイト上で記入事項を埋めていくだけの離婚手続きである。比較的簡単な記入方式で、二人の離婚を証明する“公式文書”がアップロードされる仕組みだ。実際、この方式を採用したことで、これまでミスが発生して一度で済まなかった離婚手続きが極端に減ったという。但し、このウエブシステムは意外に高くて、利用料が日本円にして8万円もかかる。それでも手間が煩わされないと、好評なのだそうだ。英国の新聞では全く問題がなさそうに書かれているが、日本人的な観点からすると、このシステムの一番の問題は“二人の意思”が反映されるようになっているのかどうかだ。ウエブ上で二人の“サイン記入”が可能ということなのだろうか。それならわからないでもない。そうでないと“なりすまし”とか片方だけの“勝手な提出”が横行しそうな気がする。しかも、すぐにウエブ上で“公式文書”としてアップロードされてしまうと、そう簡単には取り返しが効かない。その部分については、残念ながら記載がない。日本では、昨年、21万組が“離婚”している。結婚したのが“60万組”なので、単純計算で言えば、結婚してもその三分の一は離婚するということだ。よく「相性」が良ければ離婚しないかのよう勘違いしている方がいるが、相性が良くても離婚は起こる。但し、相性が良いと、当然のことながら、その結婚生活上の多くは良好である。ただ、どんなに仲の良い夫婦でもたまには喧嘩するとか意見が合わないこともある。元々「結婚運の良くない人」は、その時期を乗り越えられない。些細なことから離婚に発展してしまうケースも多い。そういう意味で、自分が“どういう結婚運”を持ち、どうすれば危険な時でも“クリアできる”か、知っておくことは占い好きな人にのみ与えられた「賢い知恵」なのだ。


最近の記事はこちら

子供を働かせる「アイドル商法」

週刊文春で今年3月21日に首を吊って自殺した愛媛の“農業アイドル”「愛の葉」主力メンバー大本萌景(おおもとほのか・享年16)さんの母親が、娘が自殺に至った経緯を詳細に語っている。それを読むと、これは明…続きを読む

キラウエア山だけではない爆発的噴火!

われわれ日本人にとってのハワイは“オアフ島”の方が馴染み深いが「キラウエア火山」で有名な“ハワイ島”も忘れてはならない。そのハワイ島のキラウエア火山で今月3日に始まった噴火は徐々に勢いを増し、17日に…続きを読む

「健康」も「愛情」も買うことが出来ない

昨日、歌手・西城秀樹氏が亡くなられた。二度の脳梗塞で身体が不自由になり、言葉も思うように話せなくなって、“網膜症”等で両眼の手術も受けていたらしい。昔「新御三家」と呼ばれた郷ひろみ氏&野口五郎氏&西城…続きを読む

「松居一代騒動」の意味するもの

それはミステリードラマの始まりのようだった。「私は殺されるかもしれない」とユーチューブに登場し、マスコミはこぞってそれに飛び乗った。やがて、それは「松居一代劇場」と呼ばれるようになり、徐々に視聴者は興…続きを読む

しっくりくる「天文暦」や「干支暦」がない

時代に逆らうわけではないが、私は占いの鑑定をするとき、手書きのホロスコープや四柱命式を使って行っている。今から二十数年前、占いソフトの会社から依頼されて西洋占星術などのソフトを共同制作した。その時、一…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.