今日の迷言・余言・禁言

肝心な部分が不明の「ワンクリック離婚」

誰でも面倒のない方法が良いとは思う。「結婚」でも「離婚」でも、そうだ。昔に比べると「冠婚葬祭」はいずれも簡素化されつつある。そこでイギリスのデイリーメール紙が推奨しているのが通称「ワンクリック離婚」。ペーパーレスの離婚手続きらしい。英国で今年の1月から採用された政府の公式ウエブサイト上で記入事項を埋めていくだけの離婚手続きである。比較的簡単な記入方式で、二人の離婚を証明する“公式文書”がアップロードされる仕組みだ。実際、この方式を採用したことで、これまでミスが発生して一度で済まなかった離婚手続きが極端に減ったという。但し、このウエブシステムは意外に高くて、利用料が日本円にして8万円もかかる。それでも手間が煩わされないと、好評なのだそうだ。英国の新聞では全く問題がなさそうに書かれているが、日本人的な観点からすると、このシステムの一番の問題は“二人の意思”が反映されるようになっているのかどうかだ。ウエブ上で二人の“サイン記入”が可能ということなのだろうか。それならわからないでもない。そうでないと“なりすまし”とか片方だけの“勝手な提出”が横行しそうな気がする。しかも、すぐにウエブ上で“公式文書”としてアップロードされてしまうと、そう簡単には取り返しが効かない。その部分については、残念ながら記載がない。日本では、昨年、21万組が“離婚”している。結婚したのが“60万組”なので、単純計算で言えば、結婚してもその三分の一は離婚するということだ。よく「相性」が良ければ離婚しないかのよう勘違いしている方がいるが、相性が良くても離婚は起こる。但し、相性が良いと、当然のことながら、その結婚生活上の多くは良好である。ただ、どんなに仲の良い夫婦でもたまには喧嘩するとか意見が合わないこともある。元々「結婚運の良くない人」は、その時期を乗り越えられない。些細なことから離婚に発展してしまうケースも多い。そういう意味で、自分が“どういう結婚運”を持ち、どうすれば危険な時でも“クリアできる”か、知っておくことは占い好きな人にのみ与えられた「賢い知恵」なのだ。


最近の記事はこちら

旧暦「七夕」は、やっぱり“手書き”

近年、中国は急速な勢いで“IT王国”に変わった。どこでもスマホ決済が当たり前になり、タクシーアプリを使うのが当然になりつつある。そんな中国で、意外に進んでいないのが“婚活事情”だ。もちろん、それは中国…続きを読む

心を癒すのは「ペットロボット」&「3Dキャラクター」

バーチャルシンガー「初音ミク」は一部で熱狂的人気を集める“2次元キャラクター”だが、その初音ミクと“結婚した”という30代の公務員が現れた。もちろん正式な「婚姻証明書」も所有している。IOTベンチャー…続きを読む

「聖職者」が「性食者」に変わる時

アメリカのペンシルバニア州の教会で70年間にわたり、カトリックの高位聖職者たちが、そこに通う子供たちに対して“性的虐待を行っていた”という驚くべき報告書が8月14日に公表された。この報告書は専門の調査…続きを読む

“富士子容疑者”は「殺人のプロ」なのか

昨日、今年5月に三重県鈴鹿市で起きた“夫殺人”の容疑者・横山富士子(46歳)が再逮捕された。同時に、これまで除外されていた富士子の実母・愛子(69歳)も“新たに逮捕”された。つまり、21歳年下の夫を不…続きを読む

新ジャンボ1等賞金20億円、6等賞金10万円⁉

総務省から昨日2017年度“宝くじ”の売上額が20年ぶりに8000億円を割り込んだことが報告された。近年の“宝くじ”は不振が続いていて、2005年度の1兆1047億円をピークに毎年減少している。昨年は…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.